阪神タイガース桑原謙太朗投手!年俸800万円の「中継ぎエース」のプロフィールを紹介!

プロ10年目となった今シーズン中継ぎエースとして大きな飛躍を果たした桑原謙太朗投手。年俸800万円の桑原謙太朗投手は、その年俸分をはるかに超える働きをしています。ストレートと真っスラという少ない球種を武器に力強くバッターを打ち取っていく投球スタイルで、チームに勢いをも与えてくれています。今回は阪神タイガース桑原謙太朗投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します。

阪神タイガース「中継ぎエース」桑原謙太朗投手!

(出典:いらすとや

プロ入り以降これまでパッとした成績を残すことが出来ずくすぶり続けた選手が、プロ入り10年目となった今シーズン大きな輝きを放っています。阪神タイガースの桑原謙太朗投手です!

横浜ベイスターズ、オリックスバファローズではほとんど結果を残すことが出来なかった投手は阪神タイガース移籍3年目で大きくその才能を開花させました。2017年の年俸は800万円となっていて、全く年俸とは釣り合わない大きな働きをしています!

今回は阪神タイガース桑原謙太朗投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します!

阪神タイガース桑原謙太朗投手のプロフィール

  • 名前   :桑原謙太朗(くわはら けんたろう)
  • 出身地  :三重県名張市
  • 経歴   :津田学園高等学校-奈良産業大学-横浜ベイスターズ-オリックス・バファローズ-阪神タイガース
  • 生年月日 :1985年10月29日
  • 身長   :184cm
  • 体重   :84kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :64

阪神タイガース桑原謙太朗投手の経歴

高校では甲子園に出場できず

桑原謙太朗投手は4年生の時に地元の少年野球チームに入り野球を始めました。高校に進学すると1年生の秋にはベンチに入り、3年生の春にはチームのエースとなりましたが春夏合わせて甲子園に出場することはありませんでした。

大学で大活躍しプロへ!

桑原謙太朗投手が大きく成長したのは奈良産業大学に進学してからで、近畿学生野球リーグでは4年生の時に完全試合を達成するなどの活躍でチームの3期連続優勝に大きく貢献しました!

大学通算では最優秀選手や投手部門のベストナインを3回受賞するなど圧倒的な活躍を見せていました。

そして2007年のドラフト会議において横浜ベイスターズから3巡目で指名され、契約金7000万円、年俸1200万円の条件でプロ入りを果たすことになります!

阪神タイガース桑原謙太朗投手の特徴

打者の手元で変化する「真っスラ」が最大の武器

桑原謙太朗投手が最大の武器にしているのは自身が「真っスラ」と呼んでいる、打者の手元で変化するスライダーです!

「真っスラ」は偶然生まれた産物で、桑原謙太朗投手が大学生の時に「糸を引くようなストレートを投げたい」といろんなことを試しているうちにたまたま投げられるようになったそうです。

桑原謙太朗投手の「真っスラ」はクセのあるボールとなっていて、綺麗な変化をするスライダーよりも打者からすると打ちにくい変化球となっています!フォームも変則と言うこともあり、打者からすると慣れないタイプの投手だと言えます。

以前は制球が悪くコントロール面での課題がありましたが、昨シーズンから今シーズンにかけて久保二軍投手コーチから投球フォームの改造指導を受けたことで請求面での課題をクリアし、今シーズンの活躍に繋がりました!

言葉少なで寡黙

桑原謙太朗投手はヒーローインタビューでの受け答えを見ていても言葉少なで寡黙な性格がうかがえます。普段から多くを語るタイプではないということで、インタビューでも言葉を選びながら話すことが多いみたいですね!

阪神タイガース桑原謙太朗投手の成績と年俸

横浜ベイスターズ

  • 2008年の成績と年俸

登板数30 投球回76.0 3勝 6敗 1ホールド 防御率4.74 年俸1200万円

  • 2009年の成績と年俸

登板数11 投球回30.2 0勝 0敗 0ホールド 防御率1.76 年俸1600万円

  • 2010年の成績と年俸

登板数18 投球回25.0 1勝 2敗 1ホールド 防御率6.12 年俸1400万円

オリックス・バファローズ

  • 2011年の成績と年俸

登板数10 投球回18.0 0勝 0敗 0ホールド 防御率3.50 年俸1400万円

  • 2012年の成績と年俸

登板数2 投球回2.0 0勝 0敗 0ホールド 防御率0.00 年俸1500万円

  • 2013年の成績と年俸

登板数6 投球回8.2 0勝 0敗 0ホールド 防御率6.23 年俸1250万円

  • 2014年の成績と年俸

登板数4 投球回5.1 0勝 0敗 0ホールド 防御率1.69 年俸1000万円

阪神タイガース

  • 2015年の成績と年俸

登板数6 投球回6.1 0勝 0敗 0ホールド 防御率8.53 年俸1000万円

  • 2017年の成績と年俸(10月2日現在)

登板数67 投球回65.2 4勝 2敗 39ホールド 防御率1.51 年俸800万円

ルーキーで完封を記録!

横浜ベイスターズに入団した桑原謙太朗投手は1年目の2008年シーズンの開幕直後から先発や中継ぎとして登板を任されます。

8月16日の対阪神タイガース戦では先発登板をし、150球を投げる熱投でプロ初完封を達成しました!

その後の2009年、2010年は登板機会も少なくなり2010年のオフには交換トレードでオリックス・バファローズに移籍することになります。

オリックス・バファローズでは一軍登板ほとんどなし

オリックス・バファローズに移籍した桑原謙太朗投手でしたが、制球難などの課題があったこともあり、一軍登板することはほとんどないまま、2014年オフにトレードで阪神タイガースに移籍することになりました。

阪神タイガース移籍3年目でブレイク!

阪神タイガースに移籍した桑原謙太朗投手は移籍1年目の2015年にプロに入って初めて開幕から一軍スタートを果たします。しかし結果を残すことが出来ず、目立った活躍ができないままシーズンを終えました。

2016年はプロ入り後初めてシーズン通して二軍での生活を送ることになり、一軍での登板機会は一度もなくシーズンを終えた桑原謙太朗投手。しかし阪神タイガース移籍3年目となった2017年に大きなチャンスを掴むことになります。

金本知憲監督は横浜ベイスターズ時代の桑原謙太朗投手を苦手にしていたこともあり、桑原謙太朗投手の能力を高く評価していました。桑原謙太朗投手がオープン戦で好投を続けたこともあり、開幕から一軍に帯同するチャンスを掴みます。

すると4月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦で阪神タイガース移籍後初勝利を挙げます。さらにこの試合から5月24日の対巨人戦まで16試合連続の無失点登板を記録し、チームの勝ちパターンの中継ぎ投手として完全に定着しました!

さらに5月27日の対横浜DeNAベイスターズ戦から7月18日の対広島東洋カープ戦までの間も19試合連続無失点の記録を残し、同じく阪神タイガースの勝ちパターンの中継ぎやクローザーを務めるマテオ投手やドリス投手以上の安定感を発揮しています!

10月2日現在までのシーズンでは、阪神タイガースの投手陣で最も多い67試合に登板していて、中継ぎ投手の中心的存在として大車輪の活躍をしています!

阪神タイガース桑原謙太朗投手を応援しよう!

今回は阪神タイガース桑原謙太朗投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました。プロ10年目でようやく花開いた桑原謙太朗投手は年俸800万円とは思えない大活躍を果たしています!

桑原謙太朗投手の活躍もあり阪神タイガースはセ・リーグ2位のポジションを確保。地元・甲子園でのクライマックスシリーズ開催権を獲得しました。

リーグ優勝は果たせなかったものの、まだ日本一の可能性は残されています。阪神タイガースの日本一達成を期待しつつ、桑原謙太朗投手のポストシーズンでの活躍も応援していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。