2017年日本シリーズ第4戦のハイライト!名場面やスーパープレイをまとめて紹介!

福岡ソフトバンクホークス対横浜DeNAベイスターズの2017年日本シリーズは第4戦を迎えました。ここまで福岡ソフトバンクホークスが3連勝していて日本一への王手をかけています。セ・リーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち抜いてきた横浜DeNAベイスターズもなんとか一矢報いたいところです。今回は2017年日本シリーズ第4戦のハイライトや名場面、スーパープレイなどを紹介していきます。

2017年日本シリーズ第4戦のハイライト!名場面やスーパープレイを紹介!

(出典:いらすとや

日本一へ王手をかけた福岡ソフトバンクホークスと、大逆転での日本一を目指す横浜DeNAベイスターズとの2017年日本シリーズは第4戦を迎えました。

パ・リーグ覇者として圧倒的な強さを誇る福岡ソフトバンクホークスの強さは日本シリーズでも健在。ここまで日本シリーズ3連勝を果たし日本一へ王手をかけて第4戦を戦います。

横浜DeNAベイスターズはセ・リーグ3位ながらも勢いに乗り、クライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズへ進出。ここまでは苦しい戦いが続いていますが巻き返しが期待されます。

今回は福岡ソフトバンクホークスが勝利すれば日本一達成となる2017年日本シリーズ第4戦のハイライトや名場面、スーパープレイを紹介します!

2017年日本シリーズ第4戦のハイライト:オーダー編

横浜DeNAベイスターズのオーダー

  • 先発(投)濵口 遥大
  • 1番(中)桑原 将志
  • 2番(二)柴田 竜拓
  • 3番(一)ロペス
  • 4番(左)筒香 嘉智
  • 5番(三)宮崎 敏郎
  • 6番(右)梶谷 隆幸
  • 7番(捕)高城 俊人
  • 8番(投)濵口 遥大
  • 9番(遊)倉本 寿彦

先発投手を任されたのは今シーズンのルーキー投手で二桁勝利を挙げた濵口遥大投手。女房役には2017年日本シリーズ初のスタメンマスクとなる高城俊人選手が起用されました。

第3戦は2番だった梶谷隆幸選手が6番。7番だった柴田竜拓選手が7番から2番に打順変更となっています。アレックス・ラミレス監督の思い切った起用が日本シリーズでも続いていますね!

福岡ソフトバンクホークスのオーダー

  • 先発(投)和田 毅
  • 1番(中)柳田 悠岐
  • 2番(遊)今宮 健太
  • 3番(左)デスパイネ
  • 4番(一)内川 聖一
  • 5番(右)中村 晃
  • 6番(三)松田 宣浩
  • 7番(二)川島 慶三
  • 8番(捕)高谷 裕亮
  • 9番(投)和田 毅

先発を任されたのは今シーズンのレギュラーシーズン8試合の登板に留まっているベテランの和田毅投手です。スタメンマスクは第3戦で大活躍した高谷裕亮選手がかぶります。

第3戦の二塁手スタメンだった明石健志選手に変わり、第2戦にスタメン出場を果たしていた川島慶三選手が二塁でのスタメンとなりました。

2017年日本シリーズ第4戦のハイライト:名場面編

初回から両先発が好投も、流れは福岡ソフトバンクホークスに傾く

日本シリーズ第4戦となった試合は、福岡ソフトバンクホークスのベテラン和田毅投手。横浜DeNAベイスターズのルーキー濵口遥大投手。年齢の大きく違う2人が初回から好投を見せあう我慢比べの展開となりました!

その中で横浜DeNAベイスターズはランナーを出しながらも、送りバント失敗や牽制死などがあり拙攻を続けてしまいました。福岡ソフトバンクホークス今宮健太選手の客席に飛び込むスーパーキャッチなどのプレーもあり、流れは徐々に福岡ソフトバンクホークスに傾いていきます。

5回裏、横浜DeNAベイスターズ宮崎敏郎選手のホームランで先制!

流れが福岡ソフトバンクホークスに傾いてきたと思われましたが、均衡を破る1点を奪ったのは横浜DeNAベイスターズでした!

5回裏、今シーズン首位打者を獲得した宮崎敏郎選手が和田毅投手からレフトへのソロホームランを放ち、横浜DeNAベイスターズが先制します!

さらに同じく5回裏に横浜DeNAベイスターズ倉本寿彦選手の犠牲フライで追加点!

5回裏、さらにランナーを貯めた横浜DeNAベイスターズは一死二塁、三塁から倉本寿彦選手のライトへの犠牲フライで追加点を挙げ、福岡ソフトバンクホークスに2点の差をつけました!

7回裏、高城俊人選手のソロホームランで追加点!

7回裏、2017年日本シリーズで初めてスタメンマスクをかぶった高城俊人選手選手がそろホームランを放ち追加点を挙げました。高城俊人選手は今シーズンのレギュラーシーズンで1本もホームランを打っていなかったので、まさに値千金の一打となりました!

8回裏、横浜DeNAベイスターズが福岡ソフトバンクホークスから3点を奪い試合を決定づける!

8回裏には一死三塁から宮崎敏郎選手のライトへのタイムリーヒット、一死二塁、三塁から高城俊人選手選手がレフトへの2点タイムリーを放ち試合を決定づけました!

横浜DeNAベイスターズ守護神、山崎康晃投手が試合を締めゲームセット!

この日の福岡ソフトバンクホークスは打線が沈黙し、最後は横浜DeNAベイスターズの守護神、山崎康晃投手が日本シリーズ初登板。福岡ソフトバンクホークス打線を3人で打ち取り、2017年日本シリーズでついに横浜DeNAベイスターズが1勝を挙げました!

2017年日本シリーズ第4戦のハイライト:スーパープレイ編

濵口遥大投手が8回一死までノーヒットノーラン!

2017年日本シリーズ第4戦で最も目立っていたのは濵口遥大投手でしょう!ルーキーながら初めて立つ日本シリーズのマウンドに委縮することなく堂々としたピッチングを披露していました!

この日の濵口遥大投手は8回までヒットを許すことなく福岡ソフトバンクホークス打線を抑え続け、ファンにノーヒットノーランの期待をも抱かせるナイスピッチングを見せてくれました!

8回表一死から福岡ソフトバンクホークスの代打鶴岡慎也選手に右中間へ二塁打を打たれて、残念ながらノーヒットノーランを逃しましたが、それでも8回二死まで無得点に抑える好投でチームの勝利に大きく貢献しました!

今宮健太選手が客席に飛び込んでのスーパーキャッチ!

2017年日本シリーズ第4戦で最も興奮したプレーは福岡ソフトバンクホークス今宮健太選手の客席に飛び込んでのスーパーキャッチでしょう!

4回裏、横浜DeNAベイスターズの攻撃。先頭打者の柴田竜拓選手の打球が三塁側ファールグラウンドに飛び、いわゆる砂かぶり席の中に入るかと思われました。

しかし遊撃手の今宮健太選手が砂かぶり席に飛び込み空中で回転しながらも打球をキャッチするスーパープレイを見せ「これぞプロ」と言えるナイスファイトを見せてくれました!

2017年日本シリーズ第4戦のハイライト:横浜DeNAベイスターズ反撃へ!

今回は2017年日本シリーズ第4戦のハイライトや名場面、スーパープレイなどを紹介しました。福岡ソフトバンクホークスが一気に日本一達成を果たすかと思われましたが、横浜DeNAベイスターズが一矢報いた結果となりました!

ルーキーの濵口遥大投手にとっては大きな自信を得られたピッチングとなりました。来シーズンの活躍にも期待がかかりますね!

続く第5戦は横浜スタジアムでの最後の2017年日本シリーズでの試合となります。ホームの試合でファンに笑顔を届けたい横浜DeNAベイスターズと、一刻も早く日本一を決めたい福岡ソフトバンクホークスとの戦いに注目が集まります。

プロ野球ファンとしては1試合でも多く日本シリーズを楽しみたいものですが、もしかしたら次の試合が今シーズン最後のプロ野球の試合になるかもしれません。横浜DeNAベイスターズ対福岡ソフトバンクホークスが戦う2017年日本シリーズ第5戦に注目です!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。