セ・パ交流戦2017の順位予想!優勝するプロ野球チームはどこ!?

2017年セ・パ交流戦もスタート、好調のチームと不調のチームの明暗が別れる結果となっています。 今回は2017年セ・パ交流戦の順位予想を紹介します、ここまでの各チームの戦い方とともに順位予想をチェックしてください。 例年パ・リーグが勝ち越しをしているセ・パ交流戦、今年はどのような結果になるのでしょうか。

2017年セ・パ交流戦の順位を予想します!

2017年5月30日より、毎年恒例のセ・パ交流戦がスタートしました。今年はどのチームがセ・パ交流戦で優勝するのでしょうか?

セ・パ交流戦の順位予想と、2017年6月6日現在の各チームの状況、注目点などを紹介します。

あくまで筆者の予想となりますのであしからず!

セ・パ交流戦2017の順位予想!広島東洋カープの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日西武戦 ◯5-0
  • 5月31日西武線 ◯9-4
  • 6月1日西武戦  ●2-4
  • 6月2日ロッテ戦 ●4-5
  • 6月3日ロッテ戦 ◯6-5
  • 6月4日ロッテ戦 ◯7-1
  • 6月7日日ハム戦 ◯4-3

56試合34勝21敗1分(セ・リーグ1位)

現在セ・リーグ1位を走る広島東洋カープ、2016年リーグ制覇の勢いそのままに2017年も好調ですね。

交流戦に入ってからも2017年6月7日現在5勝2敗と好調をキープ、西武戦、ロッテ戦ともに勝ち越しを決め、日ハム戦も初戦勝利を収めました。

注目すべき選手は育成から交流戦の時期に支配下契約を勝ち取ったバティスタ、初打席、2打席目と連続ホームランを放ち驚かせましたね。

このほか打線が好調、安定した得点力で競り合いを制しているのが強みです。交流戦では抑えは今村が担当、ロッテ戦ではホームランを被弾しましたが安定して抑えています。

セ・パ交流戦2017の順位予想!阪神タイガースの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日ロッテ戦 〇15-7
  • 5月31日ロッテ戦 〇5-0
  • 6月1日ロッテ戦 ●1-8
  • 6月2日日ハム戦 ●2-4
  • 6月3日日ハム戦 〇4-2
  • 6月4日日ハム戦 〇4-3
  • 6月6日オリ戦 〇11-4

53戦32勝21敗(セリーグ2位)

2017年ペナントレースで2位を走る好調の阪神タイガース、今年の阪神タイガースは投手陣が活躍していますね。

マテオ、高橋、桑原、ドリスの4人が特に安定しており、序盤にリードをしたらそのまま逃げ切れる態勢を作れるのが強みです。

JFK(ジェフ・ウィリアムス・藤川・久保田)時代を彷彿させる中継ぎ陣、先発もメッセンジャー、秋山などが大活躍。

藤浪がファームで調整中で交流戦に間に合うか不明ですが、藤浪の調子も戻ったらさらに盤石となりそうです。

交流戦の成績はライバルの広島と同じ成績、ここまで交流戦全勝だったオリックスに土をつけました。

セ・パ交流戦2017の順位予想!横浜DeNAベイスターズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日日ハム戦 〇3-0
  • 5月31日日ハム戦 ●1-6
  • 6月1日日ハム戦 ●3-5
  • 6月2日ソフトバンク戦 ●4-6
  • 6月3日ソフトバンク戦 ●3-7
  • 6月4日ソフトバンク戦 〇5-3
  • 6月6日楽天戦 〇9-1

55戦25勝28敗2分(セリーグ3位)

例年交流戦では苦しんでいるイメージのあるDeNAですが、2017年は3勝4敗と借金1となっています。

借金1ですが、パリーグ1位、2位のソフトバンク、楽天からしっかりと勝ち星を挙げています。

6月7日、8日の楽天戦で勝利をすれば一気に調子が上がることも考えられますね。

DeNAの注目選手は今年のルーキーの濱口、キレのあるストレートと落差のあるチェンジアップを武器に楽天打線を抑え込み、勝利の立役者となりました。

セ・パ交流戦2017の順位予想!中日ドラゴンズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日ソフトバンク戦 ●2-10
  • 5月31日ソフトバンク戦 ●2-7
  • 6月1日ソフトバンク戦 〇5-1
  • 6月2日楽天戦 〇6-3
  • 6月3日楽天戦 ●1-5
  • 6月4日楽天戦 〇2-0
  • 6月6日ロッテ戦 〇3-0

56戦23勝30敗1分(セリーグ4位)

2017年開幕直後から苦しんでいた中日ドラゴンズですが、交流戦前から調子を上げてきて、巨人を抜いてセリーグ4位に浮上しました。

交流戦では特にゲレーロが大爆発、7試合で6本のホームランを放っています、そして荒木も交流戦期間中に2000本安打を達成とうれしい話題が多いですね。

田島が安定している抑えにつなぐ大ベテランの岩瀬、そしてリリーフとして今年頭角を現した伊藤などが安定しており、勝ち継投は盤石です。

注目したい選手はルーキーの京田、開幕からショートを守り、打率も.281と大きな戦力になっています。

セ・パ交流戦2017の順位予想!読売ジャイアンツの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日楽天戦 ●5-13
  • 5月31日楽天戦 ●0-6
  • 6月1日楽天戦 ●2-3
  • 6月2日オリ戦 ●5-6
  • 6月3日オリ戦 ●4-5
  • 6月4日オリ戦 ●1-3
  • 6月6日西部戦 ●5-8

54戦23勝31敗(セリーグ5位)

球団記録タイとなってしまった11連敗を6月6日に達成してしまった巨人、交流戦に入ってから全敗とまったく調子が上がりません。

予想外の苦戦を強いられている巨人、エースの菅野で連敗を止められなかったのは痛いですね。

クルーズ昇格で抑えのカミネロを枠の関係でファームへ落としたことで、救援陣も心もとない状態が続いています。

この状況を打破するために、ようやく怪我から復帰したFA加入の陽の活躍に期待したいですね、パリーグを知り尽くした陽が打つことで得点力が上がれば連敗脱出は近いでしょう。

注目選手は今年加入したマギー、2013年楽天の日本一に貢献し、パリーグの野球を知っているマギー、打撃はシーズンを通して好調をキープ、同じくパリーグ経験のある石川も好調、こちらにも注目したいです。

セ・パ交流戦2017の順位予想!東京ヤクルトスワローズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日オリ戦 ●1-9
  • 5月31日オリ戦 ●1-2
  • 6月1日オリ戦 ●2-3
  • 6月2日西武戦 ●2-3
  • 6月3日西武戦 ●2-11
  • 6月4日西武戦 △8-8
  • 6月6日ソフトバンク戦 ●1-2

54戦20勝33敗1分(セリーグ6位)

巨人と同じく苦しい状況が続くヤクルト、西武戦で1分がありますが、まだ交流戦未勝利となっています。

特に深刻なのは打撃陣の不調、トリプルスリー達成者の山田がなかなかトンネルから抜け出せませんね。

6月6日のソフトバンク戦は延長まで戦い、最後は柳田のボテボテの打球がラインを割らずにフェア、サヨナラ負けとなってしましました。

しかし強豪ソフトバンクと延長まで粘り強く戦った投手陣、山田、バレンティンなどが期待通り打てば連敗脱出が見えてきそうです。

セ・パ交流戦2017の順位予想!東北楽天ゴールデンイーグルスの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日巨人戦 ◯13-5
  • 5月31日巨人戦 ◯6-0
  • 6月1日巨人戦 ◯3-2
  • 6月2日中日戦 ●3-6
  • 6月3日中日戦 ◯5-1
  • 6月4日中日戦 ●0-2
  • 6月6日DeNA戦 ●1-9

49戦34勝15敗(パリーグ1位)

2017年シーズン絶好調の楽天、交流戦期間中の巨人戦で日本記録となる7試合連続2桁奪三振を達成しました。

巨人戦は3連勝で勢いに乗ったかに見えましたが、中日戦で1勝2敗、DeNA戦も初戦を落としました。

特にDH制が無いセ・リーグ主催試合での戦い方がキーとなってきそうです、序盤にリードを奪えば、福山、森原、ハーマン、松井という盤石のリリーフ陣がいるので、勝利が近づきます。

注目選手は2年目にして楽天の顔ともいえる存在になった茂木、生え抜き初の2桁ホームランを打った茂木の打撃がキーとなりそうです。

セ・パ交流戦2017の順位予想!福岡ソフトバンクホークスの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日中日戦 ◯10-2
  • 5月31日中日戦 ◯7-2
  • 6月1日中日戦 ●1-5
  • 6月2日DeNA戦 ◯6-4
  • 6月3日DeNA戦 ◯7-3
  • 6月4日DeNA戦 ●3-5
  • 6月6日ヤクルト戦 ◯2-1

56戦35勝21敗(パリーグ2位)

とにかく厚い選手層を誇るソフトバンク、和田、武田といったエースが怪我で離脱をしていますがしっかりパリーグの2位をキープしています。

投手、野手共に隙が少ないソフトバンク、特にその打撃力は驚異です。

4月は不調だった柳田も交流戦は絶好調、ホームランにラッキーなサヨナラ安打にと大活躍をしています。

抑えのサファテも絶好調、けが人が多い先発陣に少し不安を抱えます。

注目選手はメジャーから帰ってきた川崎、成績だけではなくムードメーカーとしてチームに欠かせない存在ですね。

セ・パ交流戦2017の順位予想!埼玉西武ライオンズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日広島戦 ●0-5
  • 5月31日広島戦 ●4-9
  • 6月1日広島戦 ◯4-2
  • 6月2日ヤクルト戦 ◯3-2
  • 6月3日ヤクルト戦 ◯11-2
  • 6月4日ヤクルト戦 △8-8
  • 6月6日巨人戦 ◯8-5

52戦29勝21敗2分(パリーグ3位)

安定した戦いでパリーグ3位をキープしている西武、例年弱点となっていた中継ぎ陣が新外国人のシューリッターなどの加入で安定感が増しました。

打撃陣もメヒア、中村など強力打者が揃い、6月6日も巨人のエース菅野を打ち崩し、見事に勝利を得ました。

西武の注目選手はドラフト3位で入団した源田、定評のある守備だけではなく、打撃も好調、早くも西部に欠かせないメンバーです。

セ・パ交流戦2017の順位予想!オリックス・バファローズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日ヤクルト戦 ◯9-1
  • 5月31日ヤクルト戦 ◯2-1
  • 6月1日ヤクルト戦 ◯3-2
  • 6月2日巨人戦 ◯6-5
  • 6月3日巨人戦 ◯5-4
  • 6月4日巨人戦 ◯3-1
  • 6月6日阪神戦 ●4-11

53戦25勝28敗(パリーグ4位)

4月は絶好調、5月は交流戦に入るまで絶不調と極端な成績になっているオリックス、交流戦に入ってからは絶好調、6連勝を果たしました。

絶対的エースの金子が好調阪神の集中打で崩されてしまったのが不安材料ですね。

セ・リーグ上位陣と当たるこれからの試合をどう乗り切るか、阪神戦の残りに勝てれば勢いに乗って交流戦優勝も見えてきそうです。

交流戦で注目したいのは安達、中島、両者とも交流戦に入ってから6月5日現在で打率5割以上をキープ(交流戦のみで計算)、この2人の好調が続けばこの先も楽しみになります。

セ・パ交流戦2017の順位予想!北海道日本ハムファイターズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日DeNA戦 ●0-3
  • 5月31日DeNA戦 ◯6-1
  • 6月1日DeNA戦 ◯5-3
  • 6月2日阪神戦 ◯4-2
  • 6月3日阪神戦 ●2-4
  • 6月4日阪神戦 ●3-4
  • 6月6日広島戦 ●3-4

53戦22勝31敗(パリーグ5位)

去年日本一の日本ハム、2017年はチームとして12年ぶりに10連敗を喫するなど苦戦しており、現在5位と低迷しています。

二刀流の大谷が怪我で離脱中、交流戦中の復帰は難しい状況となっており、交流戦の成績も3勝4敗と借金1となっていますね。

注目したいのは5月31日のDeNA戦で久しぶりの勝利を上げた斎藤佑樹、次の登板で好投して完全復活となるか注目です。

セ・パ交流戦2017の順位予想!千葉ロッテマリーンズの状況は!?

交流戦結果(2017年6月7現在)

  • 5月30日阪神戦 ●7-15
  • 5月31日阪神戦 ●0-5
  • 6月1日阪神戦 ◯8-1
  • 6月2日広島戦 ◯5-4
  • 6月3日広島戦 ●5-6
  • 6月4日広島戦 ●1-7
  • 6月6日中日戦 ●0-3

55戦16勝38敗1分(パリーグ6位)

非情に苦しい2017年シーズンを戦っているロッテ、5月途中までチーム打率が2割を切るなど、とにかくチーム状況が悪かったですね。

しかし徐々に調子を取り戻してきており、交流戦では2勝5敗ですが得点は最悪な次期より大分取れるようになっています。

交流戦はセ・リーグの上位2チーム阪神、広島といきなり当たり苦労した部分があります、これからの試合でリズムをつかめばリーグでの浮上も見えて来そうですね。

注目選手は新加入のサントス、快速リードオフマンとして働けばチームの得点力向上につながります。

セ・パ交流戦2017の順位予想!9位-12位

  • 9位 日本ハム
  • 10位 ロッテ
  • 11位 巨人
  • 12位 ヤクルト

9位予想は日本ハム、有原、高梨といった投手陣の不調が気になります、自力はあるのできっかけがあれば上位に顔をだしてきそうです。

中継ぎ、抑えの調子が上がってくれば逆転負けも減ってくるのではないでしょうか。

10位予想はロッテ、開幕からしばらく続いた不調から脱してきてはいるものの、やはり勝ちきれないという試合が多いですね。

元楽天のペーニャを獲得、ペーニャが期待通り大砲として活躍をすれば一気に浮上する可能性がありそうです。

11位予想は巨人、2017年6月6日現在11連敗中、交流戦未勝利とチーム状況は最悪と言っていいでしょう。前半勝っていても中継ぎが崩れる、頼みのエース菅野が交流戦では打ち込まれると、なかなか浮上の兆しが見えません。打線に関しては上昇傾向にあるので、どこかできっかけをつかみたいですね、ルーキー加藤の投球に注目したいです。

12位予想はヤクルト、巨人と同じく2017年6月6日現在交流戦未勝利(引き分け1つ)です。競り合った試合を貧打で落としている印象がありますね。

特に軸となる山田がなかなか復調しないのが辛いところ、山田が復調すればチーム状態も上向いて来そうです。

セ・パ交流戦2017の順位予想!5位-8位

  • 5位 中日
  • 6位 西武
  • 7位 オリックス
  • 8位 DeNA

5位予想は中日、ペナントでは序盤に苦しみましたがここに来て状態がアップ、ビジエド、ゲレーロの外国人コンビが交流戦で好調なのも良いポイントです、投手陣も安定してきました。

すでにパリーグ上位のソフトバンク戦、楽天戦を消化済み、ここを3勝3敗で切り抜けたのもポイントが高いです。

6位予想は西武、打線だけならトップクラス、そして菊池雄星が2017年絶好調です、ただし裏ローテーションが今ひとつなので、ここでどのくらい勝ち星を増やせるかがキーになりそうですね。

7位予想はオリックス、交流戦6連勝スタートを切りましたが、相手が現在交流戦で勝ち星がない巨人、ヤクルト。セ・リーグ上位と当たってからどうなるかといったところでしょうか、阪神戦でエース金子が不調だったのも気になります。

8位予想はDeNA、現在3勝4敗の借金1、楽天戦を勝ち越せれば苦手な交流戦で上位進出が見えてきそうですね、筒香が復活すれば一気に優勝候補になるかもしれません。

セ・パ交流戦2017の順位予想!1位-4位

  • 1位 ソフトバンク
  • 2位 阪神
  • 3位 広島
  • 4位 楽天

1位予想はソフトバンク、層の厚さで多少のけが人が出ても大きく戦力を落とさないのが強みですね。

内川も交流戦で怪我をして離脱しましたがそれでも勝ち切るのが強い、その内川も巨人戦から復帰するのではと言われています。

2位は阪神、広島と共にパリーグ相手にしっかり勝ち越すのではと予想します、広島よりも上にしたのは中継ぎ、抑えの安定感から。

3位の広島も実力は本物、双方ともにソフトバンク戦を残しており、この2チームとソフトバンクの直接対決によっては交流戦優勝が見えてきそうですね。

4位予想は楽天、打線が交流戦に入ってから湿ってきていますが復調すればその破壊力は驚異、先発ローテーションの中で則本、美馬、岸という柱が複数いるのも強みですね。

2017年セ・パ交流戦を楽しもう!

2017年セ・パ交流戦の各チームの状況と順位予想を紹介しました。

好調のチーム、不調のチームと明暗がくっきりと分かれている交流戦の前半戦、今後下位チームの巻き返しがあるか注目したいですね。

ペナントレースに重要な影響を与えるセ・パ交流戦、これからの戦いに注目しましょう!

セ・パ交流戦のおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。