球界きっての犠打職人!福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手のプロフィール

現在パ・リーグ1位を走る福岡ソフトバンクホークス。そのセンターラインを支えているのが遊撃手の今宮健太選手です。卓越した守備で4度のゴールデングラブ賞を獲得し、犠打ではパ・リーグの記録を塗り替えるなどの活躍を見せている今宮健太選手はまさにチームの花形選手です。そんな今宮健太選手のプロフィールにはぜひ注目しておきたいところ。今回は福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールに迫っていきます!

守備に犠打に大活躍!福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手

(出典:いらすとやより)

2009年ドラフト1位で福岡ソフトバンクホークスに入団した今宮健太選手。高校時代から投手と内野手を兼任するほどの強肩を武器に、今では球界を代表する遊撃手として活躍しています。また犠打でもリーグ新記録を樹立するなど、今や犠打は今宮健太選手の代名詞とも言えるのではないでしょうか。

そんな今宮健太投手が一体どのようなプロフィールを持った選手なのかは、ぜひ知っておきたいところです。今回は福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールをご紹介します!

福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手のプロフィール

  • 名前   :今宮健太(いまみや けんた)
  • 出身地  :大分県別府市
  • 経歴   :明豊高等学校-福岡ソフトバンクホークス
  • 生年月日 :1991年7月15日
  • 身長   :172cm
  • 体重   :76kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:内野手(遊撃手)
  • 背番号  :2

福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の経歴

野手でも投手でも大活躍!今宮健太選手の高校時代

今宮健太選手は小学校の頃から野球を始めています。明豊中学校に進学した今宮健太選手は、軟式野球部に入部し、投手と内野手を兼任。そして中学校3年生の時には、今宮健太選手はエースとして九州大会に出場し、見事に準優勝を成し遂げていました。その後は全国大会にも出場しています。

中学校を卒業した今宮健太選手は、明豊高等学校に進学。高校1年生で遊撃手のレギュラーになりましたが、強肩だったこともあり投手を続けます。

そして高校1年生の秋には早くもエースとして活躍。先発投手として登板した他、打者としても打率は5割を超えるなどチームをけん引し、県大会と九州大会で優勝を飾りました。今宮健太選手の活躍もあり、明豊高等学校は高校史上初めてのセンバツ出場を決めています。

2年生の春にはセンバツに出場し、エースとして登板。初戦で敗退するも、秋の県大会では優勝し、九州大会でもベスト4に進出。見事に2年連続センバツ出場を果たしました。

高校3年生になった今宮健太選手は、主に内野手として試合に出場するようになります。夏の大会では遊撃を中心に守備に就き、打撃では3打席連続本塁打を放つなど、投手に留まらず、野手としても力を見せつけて甲子園出場を決めました。

高校最後の甲子園では準々決勝まで駒を進めますが、菊池雄星選手(現在は西武ライオンズ)が率いる岩手県の花巻東高等学校相手に敗北。花巻東高等学校は奇しくも、春のセンバツでも顔を合わせ、黒星を喫した相手でした。

そして2009年のドラフト会議で、今宮健太選手は福岡ソフトバンクホークスからドラフト1位指名を受け、プロ入りすることになります。

犠打のプロフェッショナルへ!今宮健太選手のプロ入り後

福岡ソフトバンクホークスに入団した今宮健太選手は、2010年のルーキーイヤーから二軍戦で持ち前の強肩を生かし、遊撃手として出場。スタメンの座を勝ち取ります。

2011年にはオープン戦で一塁手や三塁手としても出場し、開幕戦でも一塁手として守備に就きました。その後は主に二軍で活躍し、打率は3割近くを記録。26盗塁を決め、足でも魅せています。

翌年より、川崎宗則選手(現在は福岡ソフトバンクホークスに復帰)がシアトル・マリナーズ(MLB)へ移籍を決めたため、今宮健太選手には正遊撃手争いのチャンスが巡ってきます。明石健志選手や本田雄一選手(両選手とも福岡ソフトバンクホークスに所属)と出場機会を分け合いながら、先発出場の機会を増やしていきました。

そして2013年についに正遊撃手の座を勝ち取った今宮健太選手は、シーズンで62犠打を決め、パ・リーグ新記録を樹立。翌年も62犠打を記録し、プロ野球史上初めてとなる2年連続60犠打の記録を達成しました。さらにベストナインや2年連続ゴールデングラブ賞を獲得するなど、今宮健太選手は球団の花形選手へと成長を遂げます。

2015年からは2年続けて侍ジャパンのメンバーに選出され、国際大会に出場。今季も圧巻の47犠打を決め、両リーグ通じて犠打数1位の成績を残しており、史上最年少で250犠打を達成している今宮健太選手(2017年9月7日現在)。今後はどのような活躍を見せてくれるのか、期待したいところです!

福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の特徴

強打者から犠打職人へ!

プロ入り前には高校時代に通算62本塁打を打ち、長打力にも定評があった今宮健太選手。しかし福岡ソフトバンクホークスに入団後は、2番や下位打線に座ることも多く、犠打を量産しています。

現在、犠打の歴代犠打数1位は巨人(読売ジャイアンツ)OBである川相昌弘氏による533犠打。しかし今宮健太選手は、ここまで川相昌弘氏を上回るハイペースで犠打を増産しています。このままのペースであれば、今宮健太選手が33歳の時に記録を更新するとも言われています。

強打者から一転、犠打職人としての転身を遂げた今宮健太選手。歴史に残る大記録達成に、福岡ソフトバンクホークスのファンも夢を膨らませているのではないでしょうか。

球界トップクラス!?魅惑の守備力!

今宮健太選手のもうひとつの特徴は守備力にあります。高校時代までは投手として登板していたこともあり、試合中は投手時代に培った強肩を生かした守備を披露。今や球界屈指の遊撃手として名を馳せています。特に守備範囲の広さには定評があり、2013年より4年連続ゴールデングラブ賞を獲得しています。

今宮健太選手は遊撃の守備に対して「遊撃は内野の要。だから前後左右を見渡して守備をしている」とコメントしています。さらに「打者によって守備位置を変えている。例えば足の速い左打者ならぎりぎりまで前に出て守備をしている」とのこと。これらの発言からは、今宮健太選手の守備に対するこだわりが見えるのではないでしょうか。

福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の成績と年俸。性格は?

  • 2010年の成績と年俸

一軍出場なし 年俸800万円

  • 2011年の成績と年俸

試合数18 打率.000 本塁打0 打点5 年俸800万円

  • 2013年の成績と年俸

試合数126 打率.238 本塁打2 打点14 年俸900万円

  • 2013年の成績と年俸

試合数143 打率.253 本塁打5 打点43 年俸2200万円

  • 2014年の成績と年俸

試合数144 打率.240 本塁打3 打点42 年俸5200万円

  • 2015年の成績と年俸

試合数142 打率.228 本塁打7 打点45 年俸7000万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数137 打率.245 本塁打10 打点56 年俸9000万円

  • 2017年の成績と年俸(9月7日現在)

試合数122 打率.269 本塁打12 打点50 年俸1億4500万円

真摯に野球に向き合う姿勢

福岡ソフトバンクホークスに入団した際に、同期と顔を合わせた今宮健太選手は「自分から喋るのは得意ではない」と人見知りの性格であるとコメント。しかし直後には「自分から質問しないと出遅れることになる。性格を変えていく」と発言しました。

さらに2014年からは長年悩まされていたアトピー性皮膚炎への対策として、苦手であった野菜を食べるようになります。春のキャンプでは野菜嫌いだったにもかかわらず、ドレッシングを持参。ビタミンを積極的に野菜から摂るためとのことですが、このようなエピソードからは、今宮健太選手の野球に対するひた向きさが垣間見えるのではないでしょうか。

福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の活躍に期待!

現在、福岡ソフトバンクホークスは2位以下に大差をつけて、パ・リーグ1を独走しています。(9月7日現在)。前半戦からの逆転劇を見せた福岡ソフトバンクホークスですが、優勝を目前に控え、ファンも応援に熱が入るのではないでしょうか。

シーズンも終盤に差し掛かり、福岡ソフトバンクホークスとしては、リーグ優勝だけではなく日本一も目標に定めたいところ。そのために今宮健太選手の力は今や欠かせません。これから先もチームのセンターラインを守る華麗な守備に、犠打数の記録更新など、様々な活躍が楽しみな選手ではないでしょうか。今宮健太選手の今後にぜひ期待しましょう!

福岡ソフトバンクホークスに関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。