阪神タイガース新ショートの北條史也プロフィール!超変革の申し子はチームの希望となれるか?

2016シーズン阪神タイガースは4位という残念な結果に終わりました。2017シーズンへ向け新しい力の台頭が求められます。そんな中、いまチームで最も期待されている若手と言えば、超変革の申し子ともいえる「北條史也選手」でしょう。今回は阪神タイガースの新ショートストップ北條史也選手のプロフィールや経歴、成績、年俸、性格などあらゆる面からご紹介します。

阪神タイガース新ショートストップ北條史也

2016シーズンは金本監督の下、超変革を掲げながらも4位に終わった阪神タイガース。しかし2017シーズンに向け若い芽が芽吹きレギュラー選手として活躍を期待されている選手がいます。阪神タイガースの新ショートストップ北條史也選手です!

昨シーズン後半から鳥谷敬選手の代わりにショートで試合に出場することが多くなった北條史也選手は、2017シーズンへ向け不動のショートストップとなるべく日々激しいレギュラー争いの中で切磋琢磨しています!

2017開幕戦をショートのレギュラーで迎えた北條史也選手は2017シーズンが終わったときどんな選手として成長しているのでしょうか?

今回は阪神タイガースの中でいま最も期待されている若手、北條史也選手のプロフィールや経歴、成績、年俸、性格と、あらゆる面から北條史也選手について紹介します!

阪神タイガース北條史也選手のプロフィール

  • 名前   :北條史也(ほうじょう ふみや)
  • 出身地  :大阪府堺市
  • 経歴   :光星学院高等学校-阪神タイガース
  • 生年月日 :1994年7月29日
  • 身長   :177㎝
  • 体重   :84㎏
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:遊撃手
  • 背番号  :2

高校時代に甲子園で大活躍

大阪で生まれ育った北條史也選手ですが高校は青森県の光星学院高校に進学します!光星学院の先輩には読売ジャイアンツの坂本勇人選手がいることから北條史也選手は坂本2世と評されることもありますね!

春夏の甲子園では2年夏、3年春、3年夏と3大会連続で準優勝の成績を残し、北條史也選手は4番バッターとして出場しチームの中心選手として大活躍しました!

3年夏の甲子園では1大会最多にあと1本と迫る4本のホームランを放つなど、大会ナンバーワンのバッターともいえる活躍をし、甲子園通算での打点は29打点と、長い甲子園の大会の中でも史上最多に並ぶ素晴らしい結果を残しました!

藤浪晋太郎投手との因縁も

同い年の藤浪晋太郎投手とは因縁もあります。藤浪晋太郎投手は大阪桐蔭高校のエースとして3年生の時に甲子園春夏連覇を達成していますが、その時の決勝は春も夏も北條史也選手が所属する光星学院高校でした!

2人の直接対決は4打数無安打2三振と藤浪晋太郎投手の圧勝で、試合も大阪桐蔭高校が勝つなど高校時代は北條史也選手は藤浪晋太郎投手の軍門に下ったといえるでしょう。これからプロの世界でぜひとも藤浪晋太郎投手を見返してほしいですね!

阪神タイガース北條史也選手の特徴

高校時代はホームランバッター

高校時代はホームランバッターとして知られていました。甲子園でも1大会4本のホームランも打っていますし、高校通算でも25本のホームランを打っています!

プロに入ってからは阪神タイガースがホームとする甲子園はホームランが入りにくいということもあり、ホームラン数はそれほど多くないですが、2015年のウエスタンリーグではチーム2位の10本塁打を放つなど潜在能力の高さを証明しました。

2016年に打ったプロ初安打もホームランだったことからも、将来的には甲子園をホームにした一軍でも30本という夢を追いかけたくなるようなスター性はあります!

タイミングの取り方がうまい

打撃に関してはタイミングの取り方がうまいとの評価がされています。長い間打てない期間が続くような大スランプは起きづらいとされていて、安定的な打撃に期待ができそうです!

バットの出し方などから「右の金本知憲」とも言われていて、「上から最短距離でバットが出る」ところが北條史也選手のバッティングの特徴になっています!

守備の成長に期待

2017シーズン、北條史也選手は阪神タイガースのショートのレギュラーとしての活躍が期待されています!

しかし守備についてはまだまだ成長途上と言っていいでしょう。やはり鳥谷敬選手と比べると物足りないところや安心感などはありませんが、レギュラーで継続的に使われて、これから成長していけば十分トップクラスでやっていけるだけの選手になれるはずです!

2016年の7月以降は鳥谷敬選手の不振もあり北條史也選手がショートのスタメンとして出場することが多くなっていき、2017年のキャンプでも調子が良かったことから2017シーズンの開幕戦のショートのレギュラーを鳥谷敬選手から奪い取る形となりました!

もちろん本当の勝負はこれからですが、鳥谷敬選手からショートのレギュラーを奪い取られないように継続して結果を出すことが求められています。

ちなみに北條史也選手の使っているグラブはSSKのものを使っているようです。

性格はまじめ

北條史也選手はまじめな性格で知られています。光星学院高校の仲井宗基監督によると入学当初から北條史也選手は芯が強くて負けん気が強い性格だったそうです。

高校入学時にはまだ体も小さく野球センスもそれほど感じなかったということで仲井監督は北條史也選手に高卒プロは無理だとはっきり言ったそうです。

しかし北條史也選手は負けん気の強さを発揮して、ご飯をいっぱい食べるようになりトレーニングもガンガン行い、バットもガンガン振るようになって打球を遠くに飛ばせるようになったそうです。

北條史也選手は決して野球センスに満ちた恵まれた体格の選手ではなく、努力でここまで這い上がってきた選手なんですね!高校時代の派手な成績からすると意外ですが、こういった経歴も阪神タイガースファンの心を揺さぶり、応援したくなる要素のひとつなのかもしれませんね!

阪神タイガース北條史也選手の成績と年俸

  • 2015年の成績と年俸

試合数1 打率.000 本塁打0 打点0 盗塁0 四死球0 年俸730万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数122 打率.273 本塁打5 打点33 盗塁6 四死球42 年俸730万円

高卒プロ入り4年目となった2016年にはスタメンで出場することが多くなり、北條史也選手にとって飛躍の年になりました!2017年の年俸も昨シーズンの活躍が大いに評価され、2200万円と跳ね上がりました。金本監督の超変革の申し子とも言えるでしょう!

今年は2016年の飛躍を今シーズンに繋げることができるか注目されます。2017シーズンをレギュラーとして出場し続けることができればこれからの阪神タイガースを背負う選手として、象徴する選手として北條史也選手は阪神タイガースファンから認められていくでしょうね!

阪神タイガース北條史也選手の応援歌と登場曲

応援歌

この道の先には、虎の希望がある、今こそ進めよ、燃えろ北條

登場曲

「やってみよう」WANIMA

阪神タイガースの希望、北條史也

2016シーズンBクラスに沈んでしまった阪神タイガース。そんな苦しいシーズンの中でも生まれた希望が北條史也選手です!2017シーズンへ、阪神タイガースの「希望」を阪神タイガース躍進への「確信」に変えることができるのか注目されます!

北條史也選手がチームの中心として活躍し始めたとき、阪神タイガースは超変革を果たし、新しいチームへと生まれ変わるでしょう!

ベテラン中心だったチームから、若い選手が中心となりチーム全体が若虎への道を歩み始めた阪神タイガース。2017シーズンはいったいどんな熱狂をファンに与えてくれるのでしょうか?

阪神タイガースのおすすめの関連記事!!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。