過去には沢村賞も獲得!復活が待たれる福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】のプロフィール

福岡ソフトバンクホークス入団から9年。過去に5年連続二けた勝利に加え、5年連続開幕投手を務めた経験を持つベテラン右腕。抜群の制球力とシンカーを巧に操り2012年には投手では最高の賞である沢村賞も受賞した攝津正投手。近年では、持ち味の制球力に悩み思うような成績を残せないシーズンが続いており、復活が待たれています。そんなベテラン右腕、福岡ソフトバンクホークスに所属する攝津正投手のプロフィールを紹介していきます。

過去には沢村賞も受賞!福岡ソフトバンクホークス攝津正投手!

2017年シーズン2年ぶりのパリーグ優勝を果たした福岡ソフトバンクホークス。クライマックスシリーズ(CS)も順当に突破を決め日本シリーズ進出を決めました。

チームは圧倒的強さを見せる中、1人のベテラン投手がここ数年苦しんでいます。福岡ソフトバンクホークス入団から9年。過去に5年連続二けた勝利に加え、5年連続開幕投手を務めた経験を持つベテラン右腕。

抜群の制球力とシンカーを巧に操り2012年には投手では最高の賞である沢村賞も受賞した攝津正投手。近年では、持ち味の制球力に悩み思うような成績を残せないシーズンが続いており、復活が待たれています。そんなベテラン右腕、福岡ソフトバンクホークスに所属する攝津正投手のプロフィールを紹介していきます。

復活が待たれるベテラン右腕!福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】のプロフィール

  • 選手名:攝津 正(せっつ ただし)
  • 出身地:秋田県秋田市
  • 生年月日:1982年6月1日(35歳)
  • 身長/体重:181cm/94kg
  • 投球/打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 球団:福岡ソフトバンクホークス
  • 背番号50

中継ぎ・先発とこなしてきた福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】の経歴

  • 秋田経済法科大学附属高等学校
  • JR東日本東北
  • 福岡ソフトバンクホークス(2009年~)

プロ入り前の経歴

福岡ソフトバンクホークスに所属する攝津正投手は、プロフィールでもご紹介したように秋田県が出身地となり社会人までは東北で過ごすことになります。

高校は地元の秋田県の秋田経済法科大学付属高等学校に進学。3年生時の2000年には、春の選抜大会にも出場を果たしました。

高校を卒業後は、プロフィールからもあるようにプロにはいかず、JR東日本に入社し、硬式野球部に入ります。2年目まではあまり登板機会に恵まれなかったものの3年目から攝津正投手は頭角を現します。

2004年には、チームのエース級投手として活躍。チームの中心人物となった攝津正投手は順調に実績を重ね、2007年には第37回IBAFワールドカップ日本代表に選出され、4試合全て先発として登板し負けなしの活躍を見せ優秀投手に選出され、チームの銅メダル獲得に大きく貢献しました。

2008年社会人最終年となった年には、東北大会MVPを受賞し、初優勝を果たします。プロフィール・経歴からもわかりますが、この年にプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから5巡目で指名を受け、入団に至りました。

プロ入り後の経歴

中継ぎ時代

プロフィールからもあるように2009年シーズン、福岡ソフトバンクホークス攝津正投手のルーキーイヤーとなった年。開幕から1軍入りし、5月8日の対西武ライオンズ戦で中継ぎとして登板しプロ初勝利をマークします。

その後も中継ぎとして安定した活躍を見せ、シーズン途中からも福岡ソフトバンクホークスの勝利の方程式にも加わり、攝津正投手・ファルケンボーグ投手・馬原孝浩投手の3人からなる「SBM」で試合を締めくくるケースも多くありました。この年はファン投票でオールスターにも選出され、新人選手としては唯一の出場を果たします。

ルーキーイヤーはシーズン1年間大車輪の活躍を見せ、球団新記録の70試合。39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手と新人王のタイトルを獲得しました。

2010年シーズン、前年の疲労も心配されましたがタフなスタミナで前年同様に多くの試合に登板。前年を超える71試合に登板するなどしてチームの中継ぎ投手して活躍し、チームは防御率12球団唯一となる2点台を誇りました。

先発転向

2011年シーズン、攝津正投手の意向やチーム事情から先発投手に転向。先発転向後2試合目の登板で初勝利を記録すると、その後は初完封を含む14勝をマークし、福岡ソフトバンクホークスの優勝に大きく貢献します。日本シリーズとなった中日ドラゴンズ戦でも第3戦目で先発として投げ勝ち投手。5戦目・7戦目は中継ぎとして登板し、日本一となった最後の試合では攝津正投手が締めくくりました。

2012年シーズンは、シーズン序盤から安定した活躍を見せ、この年の最多勝最高勝率沢村賞のタイトルを獲得。攝津正投手にとってプロ最高の成績を収めたシーズンとなりました。翌年も15勝をマークするなど球界を代表する投手になります。

その後2015年シーズンまで5年連続で二けた勝利を記録し、2016年シーズンまで開幕投手も5年連続務めるなど福岡ソフトバンクホークスのエースとして、チームを支えました。

2017年、プロフィールなどでもご紹介しましたが、チームはリーグ優勝を果たしながら攝津正投手は2軍で過ごす時間が多くなり、プロ入り初の未勝利に終わるなど苦しいシーズンとなりました。

5年連続二けた勝利!福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】の成績・年俸

  • 2009年 登板70試合 勝利5勝 敗戦2敗 ホールド34 防御率1.47 年俸1200万円
  • 2010年 登板71試合 勝利4勝 敗戦3敗 ホールド38 防御率2.30 年俸5000万円
  • 2011年 登板26試合 勝利14勝 敗戦8敗 防御率2.79 年俸9500万円
  • 2012年 登板27試合 勝利17勝 敗戦5敗 防御率1.91 年俸1億9000万円
  • 2013年 登板25試合 勝利15勝 敗戦8敗 防御率3.05 年俸2億9000万円
  • 2014年 登板22試合 勝利10勝 敗戦8敗 防御率3.90 年俸4億円
  • 2015年 登板20試合 勝利10勝 敗戦7敗 防御率3.22 年俸4億円
  • 2016年 登板7試合 勝利2勝 敗戦2敗 防御率5.59 年俸4億円
  • 2017年 登板7試合 勝利0勝 敗戦2敗 ホールド1 防御率5.61 年俸4億円

プロフィール・経歴でも紹介しましたが、福岡ソフトバンクホークスに所属する攝津正投手は2017年シーズンで9年目となりました。気になる成績・年俸ですがルーキーイヤーから抜群の成績を残しており、年俸も付随して現在では4億円と球界でもトップクラスの選手となっております。

復活に燃える!福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】の性格

プロフィールから成績まででもご紹介した通り、今シーズン未勝利に終わり、復活に燃える福岡ソフトバンクホークスの攝津正投手の性格は、マウンド上でもクールな姿からみうけれれるように、冷静かつクールな性格です。

2011年の日本一を決める試合で攝津正投手が締めくくった場面でも控えめなガッツポーズなど、試合ではあまり表情を変えない所からポーカーフェイスな攝津正投手ですが、近年ではここ一番のピンチを乗り切った場面などではガッツポーズをみせるなど、熱い表情も見せてくれました。

状態が上がってきた福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】の今後に注目!

ここまで福岡ソフトバンクホークスに所属するベテラン右腕、攝津正投手のプロフィール・経歴を中心にご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

プロフィール・経歴でも分かるように過去には沢村賞など数々のタイトルを受賞してきた攝津正投手。ここ数年は不振にシーズンが続きますが、まだまだベテラン右腕の活躍が必要不可欠です。

チームは圧倒的なゲーム差でリーグ優勝を果たし、クラスマックスシリーズ(CS)ファイナルステージも突破し日本シリーズ進出を決めました。攝津正投手もシーズン終盤戦での好調を評価されクラスマックスシリーズでベンチ入りしており、日本シリーズに向け調整しています。

日本一奪還には攝津正投手のようなベテラン投手の活躍が必要不可欠です!

今後も福岡ソフトバンクホークスの日本一奪還に向け、攝津正投手から目が離せません!

その他おすすめの記事

(出典:いらすとやより)

みんなのコメント
  1. […] 過去には沢村賞も獲得!復活が待たれる福岡ソフトバンクホークス【攝津正投手】のプロフィール […]

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。