福岡ソフトバンクホークス不動の守護神【デニス・サファテ投手】のプロフィール!プロ野球屈指のクローザーの経歴とは?

福岡ソフトバンクホークスの絶対的守護神として君臨するデニス・サファテ投手の気になるプロフィール!衰え知らずの剛速球で連続イニング奪三振記録を作り、外国人セーブ記録を更新し続けています。自身日本3球団目となったホークスではここ数年、安定した成績を残しており、チームには欠かせない存在として活躍中。 福岡ソフトバンクホークス日本一奪還へ向けてチームを引っ張るデニス・サファテ選手の「プロフィール」「経歴」「成績」「年俸」「性格」についてご紹介いたします。

福岡ソフトバンクホークスの絶対的守護神!デニス・サファテ投手

福岡ソフトバンクホークスの絶対的守護神として活躍する福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ投手
衰え知らずの剛速球で連続イニング奪三振記録を作り、外国人セーブ記録を更新し続けています。自身日本3球団目となったホークスではここ数年、安定した成績を残しており、チームには欠かせない存在として活躍しています。
今なお、福岡ソフトバンクホークス日本一奪還へ向けてチームを引っ張っているデニス・サファテ投手ですが、一体どのような経歴で日本のプロ野球で活躍するまでに至ったのでしょうか。
本日は、そんな気になる外国人選手、福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ投手のプロフィール、経歴、性格、特徴、成績、年俸までを紹介致します!

福岡ソフトバンクホークス【デニス・サファテ投手】のプロフィール


 

  • 選手名:Dennis Scott Sarfate(デニス・スコット・サファテ)
  • 生年月日(年齢):1981年4月9日(36歳)
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 出身地:ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
  • 身長:193 cm / 102 kg
  • 投打:右投げ・右打ち
  • ポジション:投手
  • メジャーリーグからやって来た!福岡ソフトバンクホークス【デニス・サファテ投手】の経歴

    日本プロ野球入りまでの経歴

    • 1999年
    • メジャーリーグのドラフトでテキサスレンジャーズに15巡目に指名を受けるも拒否し、2001年にミルウォーキー・ブルワーズから9巡目に指名を受け入団。

    • 2006年・2007年
    • メジャーデビューしたものの、2007年に金銭トレードでヒューストン・アストロズに移籍します。
      移籍した同月にはメジャー初勝利を飾りながらも、同年、選手交換トレードによりメジャー球団3球団目のボルチモア・オリオールズに移籍する事になります。

    • 2008年
    • 2008年にはメジャー57試合・2009年は20試合・2010年はメジャー当番なしと徐々に登板機会を失いました。この年でメジャーでの経歴を終えます。その後、同年にFA(フリー・エージェント)となり、日本球団の広島東洋カープと契約します。年齢も若くメジャーでの実績もあった為、即戦力として期待されます。

    日本での活躍・経歴

    • 2011~2012 広島東洋カープ
    • サファテ投手は年俸9000万円で契約し、日本初球団となった広島時代は抑えとして活躍します。圧倒的なストレートを武器に7月までに外国人球団記録の25セーブを上げチームを支えますが、9月に鼠経ヘルニアを発症しそのまま登録抹消されシーズンを終えてしまいます。

      2011年の最終成績は57試合に登板し1勝3敗35セーブ、防御率1.34という好成績を残します。

      2012年は年俸8000万円となり、序盤は前年同様にクローザーとして活躍しますが、この年に入団したミコライオ投手との入れ替わりでセットアッパーに配置転換されます。最終的には47試合に登板し2勝5敗・9セーブ・4ホールドの成績を残すも、前年より成績を落としてしまい、同年オフに保留選手名簿を外れ自由契約登録となります。

    • 2013 埼玉西武ライオンズ
    • 広島退団後に埼玉西武ライオンズと単年で推定年俸6400万円で契約します。シーズンの序盤はセットアッパーを任せられるも、当時抑えを務めていた大石投手の成績不振によりクローザーに配置転換されます。シーズン終盤は先発を務めていた涌井投手がクローザーにまわったことにより、再びセットアッパーになりながら抜群の成績を残します。2013年は58試合に登板し9勝1敗・10セーブ・16ホールドをマークしながらも、同年のオフに契約面のなどで合意に至らず、再び自由契約となり西武ライオンズを退団します。

    • 2014~現在 福岡ソフトバンクホークス
    • 西武ライオンズ退団直後に福岡ソフトバンクホークスと2年の年俸1億円で契約します。開幕からクローザーとして活躍をみせ同年の5月にはプロ野球全12球団からのセーブをマークし、更に同年の8月にはプロ野球史上初となる両リーグ30セーブと華々しい活躍をみせ、チームの日本一に大きく貢献します。シーズンでは64試合に登板し7勝1敗・37セーブをマークし日本シリーズでもシーズン同様の活躍を見せ、優秀選手賞を受賞しここまでで最大の結果を残します。

      2015年度もシーズンを通してクローザーとして君臨し、同年8月にはパリーグ新記録の29イニング連続奪三振をマークし再び記録をつくります。同年は65試合に登板し5勝1敗、防御率1.11、パリーグ記録の41セーブをマークし自身初のセーブ王のタイシーズンを通してクローザーとして君臨し、同年8月にはトルを取り記録づくめの年になります。オフの契約更改では年俸5億円と大幅アップし更に3年契約を結びます。

      3年契約1年目となった2016年度も変わらぬ安定感でチームを支えますが、同点場面での登板では失点シーンが目立ちシーズンでは7敗を喫します。しかし、首脳軍の評価は変わらずセーブシチュエーションでは安定感抜群で再びセーブ王のタイトルを手にし、自らが前年に記録したパリーグ記録の41セーブを2つ更新する43セーブをマークします。

      2017シーズンも圧倒的な守護神としてチームを鼓舞していき4月にはクルーン投手が記録していた通算177セーブ記録をぬき、外国人最多セーブ記録を更新します。更に同年7月には通算200セーブをマークします。

    福岡ソフトバンクホークス【デニス・サファテ投手】の年俸

    (出典:ビジトリーフォトより)

    年度 所属チーム 推定年俸
    2017年  福岡ソフトバンクホークス  5億円
    2016年

     福岡ソフトバンクホークス

     5億円
    2015年  福岡ソフトバンクホークス  1億円
    2014年  福岡ソフトバンクホークス  1億円
    2013年  埼玉西武ライオンズ  6400万円
    2012年 広島東洋カープ  8000万円
    2011年  広島東洋カープ  9000万円

    表から分かる通り、ソフトバンクホークス入団前の年俸は下降しており、決して満足いくシーズンを送っているわけではありませんでしたが、

    2014年ホークス入団以降、結果を残し続け大幅年俸増。来日してから7年間で年俸は約5倍にまでアップしました。

     

    福岡ソフトバンクホークス【デニス・サファテ投手】の成績

    年度 球団 登板 勝利 敗戦 ホールド セーブ 防御率 投球回 奪三振
    2011 広島 57 1 3 1 35 1.34 60.2 82
    2012 47 2 5 4 9 2.90 49.2 44
    2013 西武 58 9 1 16 10 1.87 57.2 66
    2014 ソフトバンク 64 7 1 7 37 1.05 68.1 96
    2015 65 5 1 9 41 1.11 64.2 102
    2016 64 0 7 8 43 1.88 62.1 73

    注目したい箇所は、やはりセーブ成績。ここ2シーズン40セーブの大台を残しており、2年連続セーブ王のタイトルを手にしています。

    同点場面では、多少打たれることはあるものの、セーブシチュエーションでは、圧倒的な成績を残しています。

    また、投球回よりも、奪三振が多くなっており、非常に高い奪三振率が高いことも見て取れます。

     

    先生の愛称!福岡ソフトバンクホークス【デニス・サファテ投手】の性格

    サファテ投手はファンの間からもクリスチャン(キリスト教徒)として知られています。自身も、「ジーザスの存在に興味を持った」と発言していることから、熱心なクリスチャンということがうかがえますね。また、日本球団3球団でプレーしていますが、チームに早く馴染めるよう、日本語を勉強するなど真面目で努力家な性格。年齢も36歳になり投手軍の中でもベテランの域になっているので、若手投手へのアドバイスも積極的に行っているようです。

    試合では「常に投げたい」と発言していることから、首脳軍にも評価されており、登板数も年々多くなっています。2017年度の対オリックス戦では延長の末にサヨナラ負けをした後に、「先発が降板するのが早すぎる。中継ぎ陣はみんな疲れている」と発言をした事で首脳軍・先発投手に活を入れるほど熱い性格です。

    ファンの中では、圧倒的な成績を残しているサファテ投手に対して「サファテ先生」「先生」の愛称で呼ばれており、抜群の人気を誇っています。試合終了直後にマウンド上でみせる、ベンチに向かってのお辞儀はとても有名です。

    また、ファンサービスにも手を抜かない、優しい性格です。森投手は仲が良い事で知られていますが、チームメイト内で結婚するなら?との質問にお互いのことを選んでおり相思相愛で森投手を可愛がっている模様。

    2017シーズンで7年目となった日本プロ野球。サファテ投手は「10年間プレーしたい」と発言しています。

     

    福岡ソフトバンクホークス【デニス・サファテ投手】の今後に期待!

    福岡ソフトバンクホークスの絶対的守護神と呼ばれるサファテ投手のプロフィールはいかがでしたか?
    ここまでのプロフィールから、MLB時代・プロ野球の7年間で培った経験や、日々の努力を惜しまなかったことにより、今のサファテ投手があると言えます。

    今年もまだまだ衰えないその実力!今後の福岡ソフトバンクホークスで、どのような活躍により、そのさらに期待ですね!

    その他おすすめの記事

     

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。