福岡ソフトバンクホークス【強打の捕手】栗原陵矢選手のプロフィールを紹介!

強肩・強打が魅力のキャッチャー栗原陵矢選手のプロフィールをご紹介致します。2014年ドラフト2巡目で福岡ソフトバンクホークスに入団しました。高校時代は1年生ながら4番打者で正捕手になるなど、チームの中心人物として活躍してきました。入団から3年目となった2017シーズンは、初めて1軍公式戦出場を果たすなど飛躍の年になりました。そんな期待のキャッチャー、福岡ソフトバンクホークスの栗原陵矢選手のプロフィールに迫ります!

強打が魅力!福岡ソフトバンクホークス栗原陵矢選手!

2017年シーズン2年ぶりにパリーグ優勝を果たした福岡ソフトバンクホークス。歴代パリーグ最速優勝を果たしたチームは、若手選手の著しい成長もありました。

そんな福岡ソフトバンクホークスで着実に成長してきている選手が存在します。強肩・強打が魅力のキャッチャー栗原陵矢選手。2014年ドラフト2巡目で福岡ソフトバンクホークスに入団しました。高校時代は1年生ながら4番打者で正捕手になるなど、チームの中心人物として活躍してきました。

入団から3年目となった2017シーズンは、初めて1軍公式戦出場を果たすなど飛躍の年になりました。そんな期待のキャッチャー、福岡ソフトバンクホークスの栗原陵矢選手のプロフィールをご紹介していきます!

高卒3年目!福岡ソフトバンクホークスの【栗原陵矢選手】のプロフィール

基本プロフィール

  • 選手名:栗原 陵矢(くりはら りょうや)
  • 出身地:福井県福井市
  • 生年月日:1996年7月4日(21歳)
  • 身長/体重:177cm/72kg
  • 投球/打席:右投左打
  • ポジション:捕手
  • 球団:福岡ソフトバンクホークス
  • 背番号:31

高校時代から注目されていた!福岡ソフトバンクホークス【栗原陵矢選手】の経歴

  • 福井県立春江工業高等学校
  • 福岡ソフトバンクホークス(2015年~)

プロ入り前の経歴

プロフィールでもあるように福井県福井市で生まれた福岡ソフトバンクホークス栗原陵矢選手。小学校1年生の時に野球を始めます。中学生から本格的にキャッチャーのポジションにつくようになりました。

高校は生まれである福井県の春江工業高等学校に進学。1年生ながら正捕手の座を掴むと、秋にはチームの4番打者になるなどして1年生でチームの中心人物として明治神宮大会にも出場し、ベスト4にも入るなどして活躍します。

2年生時には栗原陵矢選手の活躍もあり春の選抜で甲子園大会にも出場しました。夏の大会への出場も期待されましたが、県大会の決勝で敗れ2季連続の出場とはなりませんでした。

春江工業高等学校の3年生時には、春季福井大会で決勝犠牲フライを放ち優勝に貢献。高校最後の夏の大会では2回戦で敗れ甲子園大会への出場とはなりませんでした。

高校最後の夏の大会が終わった後の9月、18U野球ワールドカップに日本代表として選出され出場。主将を任されるなど日本代表の中心人物として活躍しました。

2014年プロ野球ドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスに2巡目で指名を受け、契約金6000万円・推定年俸700万円で契約に至り、入団しました。

プロ入り後

上記のプロフィールでもご紹介したようにドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団した栗原陵矢選手。期待を一身に受けた栗原陵矢選手ですが、ルーキーイヤーは2軍であるウエスタンリーグへの出場は5試合に留まります。

1年目は福岡ソフトバンクホークスの選手層の厚さなどもあり出場機会に恵まれなかった栗原陵矢選手ですが、2年目は捕手に加え、1塁手を任された事もあり、出場数を19試合に伸ばしました。

迎えたプロ3年目の2017年シーズンは、春季キャンプでA組スタート。キャンプから1軍入りに向け首脳軍に猛アピールします。しかし、開幕1軍の座は掴めずウエスタンリーグに出場する日々が続きます。しかし、ウエスタンリーグでは高い打率はキープするなど打撃が好調で入団後初の1軍に出場選手登録。

迎えた6月13日の対読売ジャイアンツ戦で代打で起用されプロ初出場を果たしました。シーズン3試合に出場しましたが残念ながらプロ初安打には至りませんでした。

2017年シーズン1軍初出場!福岡ソフトバンクホークス【栗原陵矢選手】の成績・年俸

栗原陵矢選手のウエスタンリーグでの成績・年俸

  • 2015年 試合5 打席9 打数8 打率.250 出塁率.333 本塁打0 打点0 三振1 年俸700万円
  • 2016年 試合19 打席56 打数49 打率.306 出塁率.327 本塁打0 打点7 三振10 年俸700万円
  • 2017年 試合70 打席230 打数199 打率.271 出塁率.336 本塁打3 打点21 三振38 年俸680万円

栗原陵矢選手の1軍での成績

  • 2017年 試合3 打席3 打数3 打率.000 出塁率.000 本塁打0 打点0 三振1

上記が福岡ソフトバンクホークス栗原陵矢選手の1軍・2軍での成績・年俸になります。

プロフィール・経歴でもご紹介したように、2015年に福岡ソフトバンクホークスに入団して2017年シーズンで3年目となったシーズン。ようやく1軍で初出場を果たし、リーグ戦ではプロ初安打とはならなかったもののクライマックスシリーズ(CS)のメンバー入りをかけた紅白戦では本塁打を放つなど、来シーズン以降の正捕手争いを更に盛り上げる活躍を見せてくれました!

福岡ソフトバンクホークス【栗原陵矢選手】の特徴・性格は?

栗原陵矢選手の特徴

福岡ソフトバンクホークス入団3年目の栗原陵矢選手。プロフィール・経歴からもわかるように高校卒業後、大学には進学せずそのままプロ入りを果たしました。そんな栗原陵矢選手の特徴は打撃の良さです。

クライマックスシリーズ(CS)前の紅白戦での本塁打を見て、福岡ソフトバンクホークス工藤監督も「バッティングが良ければ、打つほうでメンバー入りの可能性はある」として、一時メンバー入りの可能性も取り出されたほど打撃は評価されました。

栗原陵矢選手の性格

福岡ソフトバンクホークスの栗原陵矢選手の性格の性格としては、高校時代に主将を行っている事からもわかるようにリーダーシップが強い性格です。そんな栗原陵矢選手ですが、クライマックスシリーズ(CS)前での紅白戦で本塁打を放った際には、チームメイトの先輩、松田宣浩選手の本塁打を打った際に行う「熱男」のパフォーマンスを真似するなどお茶目な一面も見せてくれました。

栗原陵矢選手は、自分自身の性格を「すぐに心が折れ、負けてしまう性格」と話しており、理想の人物を尋ねられた際には、人気野球漫画である「MAJOR」の主人公の茂野吾郎と同じく人気漫画である「ONE PIECE」のルフィと言っており、自分自身の人生に影響を与えてくれる存在と話しています。

福岡ソフトバンクホークス【栗原陵矢選手】の今後に注目!

ここまで強打が魅力とされる栗原陵矢選手のプロフィールをご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

プロフィール・経歴でもご紹介したように高校通算26本塁打と打撃面で評価されてきました。2017年シーズン福岡ソフトバンクホークスは圧倒的な強さでリーグ優勝。クライマックスシリーズ(CS)も突破し、セリーグ3位から下校上を狙う横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズでも4勝2敗の成績で見事2年ぶり日本一奪還に成功しました。

そんな栗原陵矢選手は一時、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージのメンバー入りの可能性が取りざたされるなど、来シーズン以降更なる活躍が期待されるようなシーズン終盤でした。

来シーズン以降も2年連続日本一を狙う常勝軍団、福岡ソフトバンクホークスの栗原陵矢選手の正捕手争いに注目が集まります!

その他おすすめの記事

(出典:いらすとやより)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。