福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手のプロフィール紹介!再びレギュラーを勝ち取れるか?

過去には盗塁王にも輝いた経歴を持つ福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手のプロフィールを紹介していきます!今季は打率も上がらず2軍落ちも経験した本多雄一選手ですが再びレギュラーとして活躍してほしいと思っているファンも多いはずです。今回はそんな福岡ソフトバンクホークスの俊足・本多雄一選手のプロフィールやこれまでの経歴や成績、年俸、性格なども紹介していきたいと思います!

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手とは?

(出典:いらすとやより)

ファンからの人気も高くかつては盗塁王も獲得したことがあるベテラン選手です。

今季はセカンドのレギュラー争いが激しくシーズンを通して試合に出ることはできていませんが日本一奪還へ向けてベテランの力は必ず必要になってきます。

今回は福岡ソフトバンクホークスのスピードスター・本多雄一選手のこれまでの成績や経歴、年俸や性格についても紹介していきたいと思います!

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手のプロフィール

マジック4になって、その背番号の選手載せようとツイッターで以前載せた慶三さんの写真を探していたら…やけに2人が絡んでいる写真が多々(笑) ポンさんって弄りやすいのか…なんて思ってしまいます。 手荒い時が多いけど、私にとってこの2人は西戸崎リハ組で一緒に頑張ってきたコンビ。慶三さんがトレードでホークスに来て初一軍の時の観戦に行ったのですが、初めての事ばかりの慶三さんのキャッチボール相手になったり、早速慶三さん!と呼んでいたのを思い出します(^^) まさかこの先、こんないじられ相手になるとは思ってなかったけど(笑) #福岡ソフトバンクホークス #ソフトバンクホークス #sbhawks #川島慶三 選手 #本多雄一 選手

A post shared by なち(なち子) (@nachiko46sh) on

  • 名前 本多雄一 (ほんだゆういち)
  • 生年月日 1984年11月19日
  • 出身地 福岡県大野城市
  • 身長・体重 175㎝・71㎏
  • 投/打 右投げ左打ち
  • ポジション セカンド
  • 背番号 46
  • プロ入り 2005年大学生・社会人ドラフト5巡目

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手の経歴

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手のプロ入り前の経歴

母の影響で小学校1年生からソフトボールを始め、監督の指示により右打ちから左打ちに転向しました。

中学時代には大野城ガッツというチームで硬式野球を経験しショートを守っていました。

高校は鹿児島の名門・鹿児島実業高等学校に入学するも甲子園に出場することはできませんでした。

その後は三菱重工名古屋に進み社会人として野球を続けることになります。

社会人野球では3度都市対抗野球に出場しました。

2005年の静岡大会では最優秀新人賞を獲得したり公式戦の盗塁成功率100%を記録するのなどの活躍を見せプロのスカウトの目にとまる選手へとなりました。

そして2005年に行われたドラフト会議の大学・社会人ドラフト5巡目で福岡ソフトバンクホークスから指名を受け入団しました。

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手のプロ入り後の経歴

入団1年目から首脳陣の評価は高く開幕1軍を期待されましたがオープン戦で死球を受けた影響などもあり開幕は2軍で迎えることになりました。開幕は出遅れましたがシーズン途中から2軍での活躍が認められ1軍での出場が多くなり、最終的にルーキーイヤーは37試合に出場しました。

2年目は開幕を1軍で迎えるとそのままセカンドのレギュラーへと定着しリーグ2位となる34盗塁を記録しチームに貢献しました。

3年目は1月の自主トレで右肩に違和感を覚え別メニューでの調整となりましたが開幕には間に合い1軍でシーズンをスタートさせました。

しかし4月4日の試合で右肩痛が再発し登録を抹消されてしまいます。5月15日に1軍に再登録されてからは1番に定着に交流戦トップとなる11盗塁を記録するなど福岡ソフトバンクホークスの交流戦初優勝に貢献しました。

さらには球団タイ記録となる8打数連続安打を記録するなど打撃でも結果を残しました。

4年目はオープン戦から好調を維持し開幕から9試合連続安打を記録するなど好スタートを切りました。

シーズン途中には不調で打率を落とすなどしましたが盗塁は43盗塁を記録するなどチームに貢献します。

5年目には初の盗塁王を獲得し、6年目にも2年連続で盗塁王を獲得します。

打率も初の3割を超え、ゴールデングラブ賞、ベストナインも受賞し犠打もリーグトップとなる53を記録するなど走攻守すべての面において必要不可欠の選手となりました。

7年目も順調に開幕スタートしましたが4月28日の試合前練習で首を痛めその日の試合途中に交代し連続フルイニング出場は293試合で途切れてしまいました。その後もケガなどにより123試合の出場にとどまりますが失策数はパリーグセカンド最小となる7個で2年連続でゴールデングラブ賞を受賞しました。

さらにこの年のシーズンオフには日本代表にも選ばれ「侍ジャパンマッチ2012」の試合に2試合出場しました。

8年目には第3回WBC日本代表選手28人にも選ばれ球界トップクラスの選手であることを証明します。

シーズンでは開幕戦で満塁ホームランを放つなど順調なスタートを切ったように見えましたが打率が上がらずスタメンを落とされる試合もありました。

この年も故障などがあり試合数は120試合にとどまりましたが規定打席には到達し、通算1000本安打も達成しました。

9年目は通算200犠打、通算300盗塁、1000試合出場などメモリアルなシーズンとなりましたが死球でのケガなどもあり94試合の出場となってしまいます。

10年目は開幕1軍でシーズンを迎える不調やケガの影響により復帰後はレギュラーとしてではなく明石健志選手、川島慶三選手、高田知季選手らと併用される形になってしまい61試合の出場となりました。

11年目にも開幕スタメンでシーズンをスタートしますが右腰の張りで7月28日に登録抹消となってしまいます。

8月19日の試合で1軍に復帰し3年ぶりに出場試合数が100試合を超えました。

12年目となる今季は川崎選手が再び福岡ソフトバンクホークスに加入したことでますますセカンド争いが激化し、これまで58試合の出場(9月26日時点)にとどまっています。

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手の成績と年俸

  • 2006年:福岡ソフトバンクホークス
  • 推定年俸 720万円
    試合数37 盗塁2 打率2割4分5厘

  • 2007年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1000万円
    試合数141 盗塁34 打率2割7分5厘

  • 2008年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 4000万円
    試合数107 盗塁29 打率2割9分1厘

  • 2009年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 5600万円
    試合数137 盗塁43 打率2割6分2厘

  • 2010年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 5200万円
    試合数144 盗塁59 打率2割9分6厘

  • 2011年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1億1000万円
    試合数144 盗塁60 打率3割0分5厘

  • 2012年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 2億円
    試合数123 盗塁34 打率2割4分6厘

  • 2013年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1億8000万円
    試合数120 盗塁22 打率2割8分3厘

  • 2014年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1億8000万円
    試合数94 盗塁23 打率2割9分1厘

  • 2015年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1億8000万円
    試合数61 盗塁5 打率2割2分8厘

  • 2016年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1億8000万円
    試合数110 盗塁23 打率2割8分0厘

  • 2017年:福岡ソフトバンクホークス 
  • 推定年俸 1億8000万円
    試合数58 盗塁3 打率2割2分0厘 (9月26日時点)

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手の特徴とは?

最大の持ち味は俊足を生かした走塁

プロ入り前の50m走のタイムが5秒9と俊足を生かしたプレースタイルは入団前から期待されていました。

盗塁王も2度獲得しておりプロ野球ファンの間では、本多雄一選手といえば俊足というイメージの人がほとんどです。

守備でもゴールデングラブ賞を受賞するなど堅実なグラブさばきを見せており、守備範囲の広さには定評があります。

打撃では3割を超えたシーズンは1度しかありませんが送りバントなど小技もこなす器用さを持っています。

しかし今季は打率が上がらずセカンドでのレギュラー争いから後退してしまっており2軍での生活も長くなってしまうなど苦しいシーズンとなっています。

ケガさえなければ更なる活躍も?

本多雄一選手には毎年といっていいほどシーズン中にケガが襲い掛かってきます。

プロ野球選手である以上仕方な部分もありますがケガさえなければもっと活躍できていたはずとファンの間では囁かれているそうです。

ポンちゃんの愛称で親しまれる本多雄一選手の性格とは?

本多雄一選手と言えばポンちゃんの愛称で親しまれファンからの人気も非常に高い選手の1人です。

常に笑顔を絶やさない明るい性格でファンから親しまれています。

2012年には選手会長を任されるほど真面目な性格の持ち主です。

福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手の今後の活躍に期待!

今季は打率も上がらず2軍生活も長くなるなど厳しいシーズンとなっていますが、これまでの実績を考えてもチームに必要な選手であることは間違いありません。

福岡ソフトバンクホークスはこれからクライマックスシリーズ、日本シリーズの戦いも控えており日本一奪還へ向けてひた走っています。

日本一を達成するにはまだまだベテランの力が必要なのでこれからの福岡ソフトバンクホークス・本多雄一選手の活躍に期待しましょう!

福岡ソフトバンクホークスに関連するおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。