阪神タイガース本拠地の謎!大阪?兵庫?その歴史を紐解く!

阪神タイガースの本拠地ははたしてどこなのか?昔からずっと言われ続ける阪神タイガースの謎の1つです。大阪が本拠地なの?それとも兵庫が本拠地なの?球場の場所や優勝パレードが行われる場所、阪神タイガースファンが歓喜に沸く場所など、球団の歴史を紐解きながら阪神タイガースの本拠地の謎に迫ります。

阪神タイガースの本拠地ってどこ?

日本で最も熱いと言われるファンに支えられている阪神タイガース。その人気は関西を中心にいまや全国に熱いファンを抱えているといえるでしょう。しかしよく野球ファンの間でも議論になることがあります。それは「阪神タイガースの本拠地っていったいどこなの?」ということです。

もちろん球場でいえば阪神タイガースは甲子園球場を本拠地としていることは間違いありません。都道府県でいうと甲子園球場は兵庫県にあります。しかし阪神タイガースのイメージ的には大阪のイメージを強く思い浮かべる人も多いでしょう。

阪神タイガースの本拠地は果たして大阪なのか兵庫なのか。阪神タイガースが歩んだ歴史とともに紐解いていきます。

戦前に大阪のチームとして誕生

阪神タイガースは戦前の1935年に大阪タイガースとして誕生しました。しかしその当時はまだ現在のようなフランチャイズ制は確立されておらず、東京、大阪、名古屋でいくつかの大会が行われる方式で試合が行われました。ときには後楽園球場に6チームが集まってそれぞれ対戦し、一日に3ゲームを行うというような興行が行われていたそうです。

現在のようなフランチャイズ制は2リーグ分裂後の1950年代に始まり、その時にタイガースは親会社が所有する甲子園球場を本拠地としたことから大阪のチームでありながら兵庫の球場を使うといういびつな状態になり、現在でもその名残を受けてか阪神タイガースは大阪のチームか兵庫のチームかで論争が常に行われています。

1961年には球団名も阪神タイガースに改名されたことからチームから大阪の匂いが消えていき、しかし兵庫を本拠地にしながらも歴史的には大阪のチームとして阪神タイガースは存在し続けています。

スペシャルイベントとして昔の大阪タイガース時代のユニホームを着用し試合をすることもあり、大阪の阪神タイガースファンにとっては阪神の本拠地は大阪だとより再認識するきっかけになるイベントでしょう。

球団本社は兵庫にある

大阪のチームとして誕生した阪神タイガースですが球団本社は甲子園球場のある兵庫県の西宮市にあります。この西宮市にあるというのも大阪のチームかそれとも兵庫のチームかの論争に拍車をかけるんでしょう。大阪の中心は大阪市で兵庫の中心は神戸だと言えますが、そのちょうど間、ど真ん中に西宮市はあります。

「阪神」という言葉はそもそも大阪の「阪」と神戸の「神」を表す言葉なので、これまた阪神タイガースの地元はどこなのかという話になってくる大きな要素となっています。よく言われているのが大阪の人は「大阪」という言葉に愛着がありますが兵庫の人は「兵庫」という言葉に愛着を持つよりも、神戸や西宮、芦屋など市の名前で自分の住む街を表すことが多く愛着もあるようです。

そうするとやはり甲子園球場は兵庫にあるものの兵庫のチームというイメージが湧きづらいのかもしれません。

フランチャイズの遍歴

阪神タイガースのフランチャイズの遍歴としては

  • 兵庫県 1952年-2004年
  • 兵庫県、大阪府 2005年-2007年
  • 兵庫県 2008年-現在

ということになっています。

ほぼすべての期間を兵庫県をフランチャイズとして阪神タイガースは球団の歴史を過ごしていますが2005年から2007年の3年間だけは兵庫県と大阪府をダブルフランチャイズとして設定しています。

これは2004年に大阪府をフランチャイズとしていた近鉄バファローズが兵庫県をフランチャイズとしていたオリックス・ブルーウェーブとの合併により消滅し、新たに出来たオリックス・バファローズが2005年から大阪府と兵庫県をダブルフランチャイズとしたことが要因のようです。

その後2008年からはオリックス・バファローズは大阪府をフランチャイズとし、阪神タイガースは兵庫県をフランチャイズとして活動しています。

優勝パレードはどこで?

優勝パレードを行う場所で阪神タイガースの本拠地はどこかを探ってみます。

2003年は大阪と神戸で

2003年にセリーグ優勝したことで行われた優勝パレードは大阪の御堂筋と神戸で行われました。優勝パレードを2か所で行うということも珍しいことなので、やはり球団側も大阪と兵庫どちらを本拠地とするチームなのか球団自身も迷っている様子がこの出来事からもうかがえますね。

大阪の阪神タイガースファンにも気を使い、兵庫の阪神タイガースファンにも気を使っているのがこの出来事から分かります。

2005年は大阪のみ

2005年のセリーグ優勝の時は大阪の御堂筋でのみ行われました。兵庫の阪神タイガースファンにとっても大阪の御堂筋に行くことは神戸に行って優勝パレードを見に行くことと比べてもそれほど変わりがないという判断の下、大阪の御堂筋でのみの優勝パレードということになったのでしょう。

兵庫の阪神タイガースファンからすると「阪神タイガースは兵庫を本拠地とするチームであって大阪のチームではない」という声も聞こえてきそうな出来事ではあります。

道頓堀川に飛び込むファン

阪神タイガースが優勝した際には道頓堀川に飛び込むというのはおなじみになりました。本来危ないのでやってはいけないことですが、阪神タイガースが優勝したことの盛り上がりを表すひとつのイベントになっていると言えるでしょう。その様子はテレビニュースなどで放映されるなど大きな話題となります。

道頓堀川は大阪の中心部にある川なので阪神タイガースには大阪のファンが多いということがうかがえると同時に、阪神タイガースが大阪のチームだと印象付けられる一つの象徴になっている出来事だと言えます。

甲子園球場

甲子園球場は全国中等学校優勝野球大会、現在の全国高等学校野球選手権大会のために1924年に作られた野球場です。兵庫県西宮市にあり、阪神タイガースの本拠地は兵庫だとする理由の根拠になっている球場です。

大阪からのアクセスも良く阪神梅田駅から甲子園駅まで270円12分で着きます。兵庫の球場ながらも大阪からのアクセスの良さが大阪の阪神タイガースファンにとって甲子園球場を身近に感じる理由となっているようです。千葉県浦安市にありながらも名前に東京と付く「東京ディズニーリゾート」と近い感覚なのかもしれません。

京セラドーム

阪神タイガースの主催試合を甲子園球場ではなく京セラドームで行うこともあります。シーズン1年で京セラドームを使う回数は6日から9日ほどで、甲子園球場で高校野球が行われているため甲子園球場を使えない春と夏に行われます。

京セラドームのある場所は大阪なので阪神タイガースを大阪を本拠地とするチームだとする根拠になりえますが、甲子園球場で行われる阪神戦と比べると観客数は少なくなることが多いです。大阪の阪神タイガースファンにとっても甲子園球場で見る阪神戦が好きだという人も多く、アクセスも大阪の人たちにとっても甲子園球場と比べて特別良いというわけでもないので、大阪で行われる阪神戦だから大阪の人が見に行こうという状況にはなっていないと言えるでしょう。

ファンにとって本拠地に境界はない

阪神タイガースの本拠地における論争について紹介しました。大阪を本拠地とするチームなのか兵庫を本拠地とするチームなのか語れば語るほど分からなくなり答えが出ない問題なのかもしれません。

そもそも阪神タイガースはいまや全国にその熱いファンは広がっており都道府県という地域に分けてどこが本拠地だと論争すること自体が無意味とも言えるでしょう。どこに住んでいようがどこに生まれようが阪神タイガースファンは阪神タイガースファンです。

大阪のチームとして生まれ兵庫にある甲子園球場をホームとする阪神タイガース。日本全国の人に愛される野球チームとしてその歴史を代々受け継いでいってほしいものです。その中心にいるのは紛れもなくチームを愛するファンたちです。

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。