巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手のプロフィール!圧巻の体格と投げっぷり

2014年ドラフト2位で巨人(読売ジャイアンツ)に入団した戸根千明投手。迫力のある体型から大食いエピソードまで豪快な話題に事欠かないプロ野球選手です。今季は二軍暮らしが続くも、イースタン・リーグではタイトルを獲得し、格の違いを見せつけた戸根千明投手。今後の活躍が期待されていますが、戸根千明投手はどのようなプロフィールの選手なのでしょうか。巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールに迫ります!

球界屈指の豪快さ!?巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手

2014年にドラフト2位で巨人(読売ジャイアンツ)に入団した戸根千明投手。その体格の良さと気迫のこもった投げっぷりで、巨人(読売ジャイアンツ)では救援投手のひとりとして活躍してきました。

今季は二軍で研鑽を積む時間も長かった戸根千明投手ですが、戸根千明投手の数々の豪快なエピソードやピッチングから今後の活躍に期待を寄せているファンも多いのではないでしょうか。

では戸根千明投手は、一体どのようなプロフィールや経歴を持つ選手なのでしょうか。今回は巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します!

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手のプロフィール

  • 名前   :戸根千明(とね ちあき)
  • 出身地  :京都府綴喜郡
  • 経歴   :石見智翠館高等学校-日本大学-巨人(読売ジャイアンツ)
  • 生年月日 :1992年10月17日
  • 身長   :174cm
  • 体重   :97kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :50

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手の学生時代

高校時代は打撃も豪快!?

(出典:いらすとやより)

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手は、小学校5年生の頃から軟式野球を始めました。当時は野球の練習だけではなく、自分のサインを書く練習も始めていたそうです。

戸根千明投手はそのまま中学校でも野球を続け、卒業後は石見智翠館高等学校に進学します。高校1年生からベンチ入りした戸根千明投手は、2年生の時からはエースとして活躍。また打撃でも高校通算39本塁打を放ちました。

戸根千明投手は高校3年生の時にプロ志望届を提出していますが、惜しくもドラフトにはかからず、高校卒業後は日本大学へ進学しています。

徐々に注目を集めた大学時代

日本大学に入学した戸根千明投手は、大学1年生からリーグ戦に出場しています。日本大学は東都大学リーグで二部だったため、注目される機会が少なかったものの、戸根千明投手は防御率1.02の成績をおさめていたこともあり、徐々にプロ球団のスカウトが訪れるようになります。

大きな肉体と力のある投球が長所であった戸根千明投手は、2014年ドラフト2位で巨人(読売ジャイアンツ)から指名されました。

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手のプロ入り後

侍ジャパンに選ばれるも…

巨人(読売ジャイアンツ)に入団した戸根千明投手は、1年目の春季キャンプから一軍に選ばれ、オープン戦でも登板を果たしました。シーズンが始まると開幕一軍に選ばれた戸根千明投手は、3月にプロ初登板し、その後も救援投手として活躍。46試合に登板してルーキーイヤーを終えました。

プロ入り2年目には日本代表である侍ジャパンのメンバーに選ばれた戸根千明投手。しかしシーズン中は防御率4.50と安定した成績を残せず、首の故障にも悩まされました。

二軍では圧巻の成績!復活に期待!

戸根千明投手はシーズン終了後に先発での適性を図ることを明言され、プロ入り3年目となる2017年にはイースタン・リーグでプロ初先発を経験。しかしその後は二軍で主にクローザーの役割を果たし、18セーブを挙げて最多セーブのタイトルを獲得しました。

今季は一軍での出場機会は少なかったものの、二軍では来季への期待がかかる成績を挙げた戸根千明投手。2018年シーズンこそ、戸根千明投手が一軍の救援投手として、大車輪の活躍を見せてくれることを期待しましょう!

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手の特徴

豪快な体型と大食いエピソード!

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手は体格の良さが特徴的な選手ですが、その体つきはプロ野球界でも屈指ではないでしょうか。実際に戸根千明投手は格闘家に間違えられたこともあるそうです。

このインパクトのある体型から、戸根千明投手の入団時には回転寿司は64皿、カレーライスは1.2キロを食べることが出来る上に、焼肉は25人前を食べて、店主に「店がつぶれる」と言われたこともあるというエピソードが報道されました。

体格の良さは努力の賜物!

現在は100キロ近い体重の戸根千明投手ですが、大学入学当初は細身の体つきだったそうです。しかし在学中に先輩から叱責されたことを期に肉体改造を決意すると、トレーニングを見直し、1日8食を食べて体重を増やしました。

そして巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手を特集した番組を見た戸根千明投手は、さらなる肉体改造を目指し、2時間おきの食事を実践。また多種多様なプロテインを飲み分けながらトレーニングを行いました。その結果、戸根千明投手は1年間で10キロ以上の体重の増量に成功しています。

戸根千明投手と言えば、その体格の良さが際立ちますが、その体格は地道な努力の結果生まれていたようです。

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手の気になるプロフィール、成績と年俸。性格は?

  • 2015年の成績と年俸

登板数46 投球回40.2 1勝 1敗 防御率2.88 奪三振39 年俸1200万円

  • 2016年の成績と年俸

登板数42 投球回36 1勝 0敗 防御率4.50 奪三振25 年俸2400万円

  • 2017年の成績と年俸

登板数2 投球回8 1勝 0敗 防御率6.75 奪三振11 年俸2500万円

期待に応える熱い性格

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手の性格は、熱い性格と言われています。

2016年、育成契約だったウーゴ投手(現在は栃木ゴールデンブレーブスに所属)が支配下登録される際に、巨人(読売ジャイアンツ)の堤GMは支配下登録の理由は「戸根がふがいなかったから左投手が欲しかった」とコメント。戸根千明投手の名前をわざと挙げて不振を嘆きました。

これを聞いた戸根千明投手はショックを受けたそうです。しかし堤GMには戸根千明投手の熱い性格を熟知した上で名指しし、奮起を促す意図がありました。さらに堤GMはこの発言の後、戸根千明投手に直々に「期待している」と本音を伝えます。

これを受けて力が入った戸根千明投手は、その日の試合で抑えを託され、見事にセーブを挙げました。このエピソードからは、戸根千明投手の熱い性格が垣間見えます。

契約金で恩返しを!

その一方で、戸根千明投手は優しさ溢れる一面も持っています。

戸根千明投手はプロ入り前に、「もしプロに行けたら、まずは契約金で感謝している祖母に恩返しをしたい」とコメントしています。その理由は戸根千明投手がまだ幼い頃、野球に行く時には弁当を作るなど、準備をして応援してくれたためだそうです。

実際に戸根千明投手がドラフトで指名された際には、戸根千明投手の祖母であるきよさんは泣いて喜んだそうです。こちらは戸根千明投手の優しい性格が伝わるエピソードではないでしょうか。

巨人(読売ジャイアンツ)の戸根千明投手の活躍に期待!

ここまで巨人の戸根千明選手のプロフィールを紹介してきましたがどうでしたか?

今季の巨人(読売ジャイアンツ)はクライマックス・シリーズ出場を逃し、Bクラスに終わりました。その原因のひとつとして救援陣の中でも、左投手が少なかったことが挙げられています。

来季こそは再びAクラスに返り咲きたい巨人(読売ジャイアンツ)ですが、そのためには左の救援投手の経験が豊富な戸根千明投手の力は必要不可欠ではないでしょうか。

今季は一軍のマウンドに上がる機会は少なかったものの、二軍ではタイトルを獲得するなどの成績を残した戸根千明投手。来年こそは再び飛躍することを期待しているファンも多いはずです。巨人(読売ジャイアンツ)の「勝利の方程式」入りを目指す、戸根千明投手の今後の活躍に期待しましょう!

巨人(読売ジャイアンツ)に関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。