巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手!復活を目指すセーブ王のプロフィールを紹介!

ルーキーイヤーから先発投手として2年連続で二桁勝利を達成し、昨シーズンは抑え投手としてセーブ王に輝いた巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手。今シーズンはケガが原因でここまで一軍での登板はなく、復活に向け調整に励んでいます。澤村拓一投手の一日も早い復帰に期待するファンも大勢いることでしょう。今回は巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手のプロフィールやこれまでの経歴、性格、成績、年俸などを紹介していきます。

復活へ!巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手!

(出典:いらすとや

昨シーズンセーブ王に輝き、今シーズンも抑え投手として活躍すると期待されていた巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手。しかし今シーズンは9月13日現在まで、まったく一軍での登板機会がありません。キャンプ中に右肩異常が起き、復帰に向け必死に調整を続けています。

昨シーズン大活躍した澤村拓一投手がいないことは巨人(読売ジャイアンツ)にとっても大きな痛手で、チームは優勝争いから遠ざかってしまいました。ファンにとっても早く澤村拓一投手の復帰を見たいところです。

今回は復活を目指す巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などを紹介します!

巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手のプロフィール

  • 名前   :澤村拓一(さわむら ひろかず)
  • 出身地  :栃木県栃木市
  • 経歴   :佐野日本大学高等学校-中央大学-読売ジャイアンツ
  • 生年月日 :1988年4月3日
  • 身長   :184cm
  • 体重   :102kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手
  • 背番号  :15

巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手の経歴

栃木県に生まれ育った澤村拓一投手が野球を始めたのは小学校2年生の時。6年生の頃から投手を務め始め、いまに至ります。

高校時代の澤村拓一投手は決して才能に溢れた投手ではありませんでした。佐野日本大学高校では最後の夏の甲子園大会栃木大会を3番手投手として迎え、県大会では一度も登板機会がないままチームは決勝で敗れました。

中央大学へ進学した澤村拓一投手が頭角を現し始めたのは2年生の秋です。東都大学1部リーグで初めて先発登板した澤村拓一投手は完封勝利を果たし、チームのエースへと成長しました!

3年生の秋にはU-26 NPB選抜と大学日本代表の試合にも出場し、当時巨人(読売ジャイアンツ)でレギュラーとして活躍していた坂本勇人選手と対戦し、ストレートでの見逃し三振に打ち取る場面もありました。

4年の春には大学生として歴代トップを更新する最速157キロの剛速球を投げるなどし、最優秀投手賞も獲得します。

そして2010年のドラフト会議において巨人(読売ジャイアンツ)から単独指名を受け、相思相愛だった巨人(読売ジャイアンツ)への入団が決まりました!

巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手の特徴

最速157キロのストレートとフォークが武器

澤村拓一投手はオーバースローのフォームから最速157キロのストレートを中心に、縦スライダー、横スライダー、カーブ、フォークと多彩な球種を持っている投手です!

抑え投手として活躍するようになってからは、ストレートとフォークを主な武器として相手バッターに対峙しています。

澤村拓一投手は球速にはそれほどこだわりがなく「高めのキレのあるストレート」と「低めの変化球」を、自身の投球の生命線だと語っています。

年齢を重ねるにつれて、ストレートで押し込むだけのピッチングスタイルではなく、配球などにより打者の狙いやタイミングを外すピッチングスタイルを目指すべく努力を続けています。

ちなみに澤村拓一投手はクイック1.0秒台と速いため、盗塁されることが少ないのも特徴です。クイックの速さが、後に抑え投手に起用されるようになる理由の一つだったのかもしれませんね!

ストイックで自己主張が強い澤村拓一投手

澤村拓一投手は研究熱心でストイックなことでも知られ、子供の頃からピッチングフォームについて考えること自体が好きだったそうです。自分の肉体のことをより深く知るために、500ページ以上ある解剖学の専門書を読破したこともあります!

大学時代には下半身を鍛えたことで球速が上がり、プロになってからは肉体改造をするために一日9食の食生活をしていたこともありました。一時期は周りから「澤村拓一投手は太り過ぎだ」との声も上がりましたが、本人としてはしっかりとプランを練ったうえでの体重増加だったんです。

そして澤村拓一投手は自己主張も強く、なんにでも真っすぐに猪突猛進する性格のようです。誰かの発言や新聞の記事などで納得いかないことを言われたり書かれたりすると、真っ向から対立することもあるそうです。

一方でその真っすぐな性格を好意的に見る人からは「なかなか骨のある男」とか「先輩に対して気配りが利く」「後輩の面倒見がいい」などと、周りの人に気遣いをし、信頼されている人望の厚い一面もあります!

巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手の成績と年俸

  • 2011年の成績と年俸

登板数29 投球回200.0 11勝 11敗 0セーブ 0ホールド防御率2.03 年俸1500万円

  • 2012年の成績と年俸

登板数27 投球回169.2 10勝 10敗 0セーブ 0ホールド防御率2.86 年俸5200万円

  • 2013年の成績と年俸

登板数34 投球回158.1 5勝 10敗 0セーブ 6ホールド防御率3.13 年俸6500万円

  • 2014年の成績と年俸

登板数12 投球回72.2 5勝 3敗 0セーブ 0ホールド防御率3.72 年俸6000万円

  • 2015年の成績と年俸

登板数60 投球回68.1 7勝 3敗 36セーブ 3ホールド防御率1.32 年俸4800万円

  • 2016年の成績と年俸

登板数63 投球回64.1 6勝 4敗 37セーブ 4ホールド防御率2.66 年俸1億円

1年目は先発として二桁勝利と新人王を獲得!

即戦力投手として巨人(読売ジャイアンツ)入りし、ルーキーイヤーの開幕を一軍で迎えた澤村拓一投手は、先発投手として開幕直後から登板を続けます。

シーズン序盤から中盤は打線の援護がなく勝ち星がなかなかつきませんでしたが、シーズン終盤は勝ちに恵まれたことで二桁勝利を挙げ、新人王にも選ばれました!

セ・リーグの新人投手としては、江夏豊さん以来となるシーズン200イニングを超える大車輪の活躍となったルーキーイヤーシーズンでした!

先発から抑え投手に転身

2012年は2年連続の二桁勝利を達成するなど活躍した澤村拓一投手でしたが、その後2年は先発投手として登板しながらも結果を残せない日々が続きました。

2014年のオフにはチームの救援陣が結果を残せない状況もあり、当時の原辰徳監督から澤村拓一投手をリリーフに配置転換することを告げられます。

そして迎えた2015シーズンは開幕からリリーフとしての登板を続け、36セーブの成績を残すなど結果を残しました。走者を出す展開が多かったものの粘り強い投球でチームの勝利の方程式を確立します!

抑え投手として信頼を得た澤村拓一投手は、2016年、シーズンを通して抑え投手を任されることになり、37セーブを記録し自身初の投手タイトルとなる「セーブ王」に輝きました!

2017年は9月13日現在、右肩異常で一軍登板はゼロ

2016シーズンのセーブ王獲得の結果、年俸は1億5000万円まで跳ね上がった澤村拓一投手は、引き続き抑え投手としての活躍を期待され2017シーズンを迎えるはずだったものの、思わぬ事態に陥ってしまいます。

沖縄でキャンプ中だった2月25日、右肩に張りを感じた澤村拓一投手は、2日後に球団のトレーナーの鍼治療を受けます。しかしその後も右肩の状態は良くならなかったことから、複数の医師の診察を改めて受けたところ「長胸神経の麻痺」との診断をされます。

さらに一時的な麻痺が生じたことで、前鋸筋の機能障害が起き、二軍戦での調整登板まで数ヶ月を要しました。8月上旬には二軍で実戦に復帰し、9月1日に一軍に昇格をしたものの、登板機会がないままに再び登録を抹消されてしまい、9月13日現在まで、今シーズンの一軍での登板機会はゼロです。

澤村拓一投手の体の麻痺は、状況から考えて球団トレーナーによる鍼治療によって起きた可能性が高かったことから、9月9日に球団ゼネラルマネージャーと球団社長から澤村拓一投手に直接謝罪をする事態になってしまいました。

澤村拓一投手は謝罪を受け入れましたが、状況はかなり深刻で、これからの完全復活までの道のりはかなり険しいものになりそうです。

巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手の復活に期待!

今回は右肩の異常から復活を目指す巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手の経歴、性格、成績、年俸などを紹介しました!

澤村拓一投手の復帰にはまだ時間がかかりそうですが、再び巨人(読売ジャイアンツ)の抑え投手として大車輪の活躍をする澤村拓一投手に期待したいところです。

ストイックで自分の生活のすべてを野球に注ぎ込んできた巨人(読売ジャイアンツ)の澤村拓一投手が、復活する日までファンも温かく見守っていきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。