ついにメジャー挑戦へ!北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手のプロフィール

投打ともに優れた成績を残し、「二刀流」としてプロ野球の常識を次々と覆してきた大谷翔平選手。先日、ついにメジャーリーグへの挑戦が発表されました。多くの球団が視察に訪れており、今後の大谷翔平選手の動きには注目が集まっています。そんな大谷翔平選手は一体どのような選手なのか、プロフィールには注目しておきたいところです。今回は北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールに迫っていきます!

憧れのメジャーリーグの舞台へ!北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手

(出典:いらすとやより)

今オフにメジャーリーグに挑むことが発表された北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手。

大谷翔平選手は北海道日本ハムファイターズに入団する前から、メジャーリーグへの憧れを口にしていました。今回の挑戦について、今後の活躍に期待する一方で、日本を離れてしまうことに寂しさを感じているファンも多いのではないでしょうか。

メジャーリーグの球団からも注目されている大谷翔平選手ですが、一体どのようなプロフィールや経歴を持つ選手なのでしょうか。今回は北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します!

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手のプロフィール

  • 名前   :大谷翔平(おおたに しょうへい)
  • 出身地  :岩手県水沢市
  • 経歴   :花巻東高等学校-東海大学-北海道日本ハムファイターズ
  • 生年月日 :1994年7月5日
  • 身長   :193cm
  • 体重   :97kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:投手、外野手
  • 背番号  :11

プロ入り前までの大谷翔平選手

アマチュア時代から豪速球!

大谷翔平選手は小学校3年生から野球を始め、その頃から直球の速さには定評があったそうです。中学生になると一関リトルシニアに所属し、卒業後は花巻東高等学校へ進学します。

高校1年生の春から外野手として試合に出場していた大谷翔平選手。秋になると早速エースをつとめ、球速147キロを記録。高校2年生の春には151キロまで球速を上げ、夏の甲子園でも登板では150キロの速球を投げ、高校2年生の最高球速を記録しました

高校3年生になるとその球速はついに160キロに到達。アマチュアとしての球速では史上最速記録となりました。また大谷翔平選手は高校3年生時には、センバツに出場し、藤浪晋太郎投手(現在は阪神タイガースに所属)から本塁打を放つなど、打棒でも活躍を見せています。

夏の甲子園は惜しくも出場出来なかった大谷翔平選手。その後は国内外問わずプロ入りすると宣言しました。

渡米のはずが…まさかの指名!

国内外問わずプロ入りを表明した大谷翔平選手ですが、複数のメジャーリーグ球団との面談を重ねるうちにメジャーへの思いを募らせていきます。そして大谷翔平選手は「メジャーリーグの方が憧れが強い。メジャーリーグに挑戦したい」と渡米のする意思を固めます。

しかし2012年のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが大谷翔平選手を単独指名。大谷翔平選手は驚くも、メジャーリーグ挑戦の意思を曲げませんでした。

ところが北海道日本ハムファイターズは大谷翔平選手と4度の交渉を重ね、必ずしも今渡米することで成功するとは限らないことを重点的に説明。そして大谷翔平選手を投手としても野手としても活躍できるよう「二刀流」として育成する計画などを交わしたこともあり、大谷翔平選手は北海道日本ハムファイターズへの入団を決めました。

プロ入り後の大谷翔平選手のプロフィール

上がる球速!開花する打撃!

北海道日本ハムファイターズに入団した大谷翔平選手は、1年目から開幕戦に野手としてスタメン入りを果たします。さらに投手としても160キロに迫る球速で、ファンを大いに沸かせます。

2年目になると球速は161キロを記録し、打撃でも6本塁打を放つ活躍で見事に「二刀流」を体現。3年にはWBSCプレミア12に日本代表として選出されるなどの活躍を見せました。

4年目の2016年には球速がついに164キロにまで到達。22本塁打を放ち投打ともに輝きを見せると、プレーオフでは球速を165キロまで更新。さらに球界史上初となる、投手と指名打者でのベストナイン同時受賞を果たしました。

ついにメジャーリーグへの挑戦を決意!

その後は怪我の影響もあり、試合に出られない日が続いたものの、後半戦に入ってからは登板を果たすなど、回復の様子を窺わせました。

そして2017年9月、大谷翔平選手がメジャーリーグへ挑戦することが判明しました。海外フリーエージェントの権利を得ていない大谷翔平選手は、ポスティングシステムを利用する予定となっています。

9月12日の楽天イーグルスとの試合には、最高球速163キロを記録した大谷翔平選手ですが、その日はメジャーリーグから16球団が視察に訪れていました。注目の高さが伺える大谷翔平選手。獲得にはメジャーリーグ全30球団が動くとも言われています。

大谷翔平選手が今後どのような野球人生を辿るのか、ぜひとも注目したいところです!

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の特徴

プロ史上最速だけど打たれる!?

二刀流として活躍する北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手ですが、投手としての最大の特徴はやはり球速と言えるのではないでしょうか。大谷翔平選手の球速は、最高165キロとプロ野球史上最高記録を叩きだしています。

その一方で、大谷翔平選手のストレートは、球速は速いものの打ち返せない球ではないとの声も聞かれます。昨年、大谷翔平選手と対戦した糸井嘉男選手(現在は阪神タイガースに所属)は164キロのストレートを打ち返しました。

球速は速いが打たれてしまうこともある大谷翔平選手の投球について、初速は速いものの、捕手のミット付近では球速が落ちていることが指摘されています。また大谷翔平選手のフォーム自体が打者にとってタイミングがとりにくいフォームではないとの声も上がりました。

まだ課題を残すも、プロ野球史上最速を記録している大谷翔平選手にはこれからも期待したくなるところです。大谷翔平選手がさらなる進化を遂げる日を楽しみに待ちましょう!

外角も攻略出来る!?脅威の強打者!

大谷翔平選手のもうひとつの特徴は打撃。高校時代は通算56本塁打を放つなど、投手でありながら、本塁打を量産できる力を持っています。北海道日本ハムファイターズに入団後には、昨年22本塁打を放つなど、強打者としての一面をいかんなく発揮しており、高い評価を得ています。

また大谷翔平選手は外角、内角問わず、他の打者に比べて不得意なコースが少ないそうです。

一般的に外角はプロ野球選手にとって、バットからボールに力を伝えにくいことから、打球を遠くに飛ばしづらく、打率が上がりにくい選手も多いコースです。しかし大谷翔平選手の場合、身長が高く、手足も長いため、ボールに力を伝えやすく強い打球が打てるのだそうです。

日本人離れした体格から生み出される力強い打撃は、大谷翔平選手ならではの特徴。大谷翔平選手は投手だけではなく、打者としての成長も楽しみな選手ではないでしょうか。

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の成績と年俸。性格は?

  • 2014年の成績と年俸

打者: 試合数77 打率.238 本塁打3 打点20 盗塁4 年俸1500万円

投手: 登板数13 投球回61.2 3勝 0敗 防御率4.23 奪三振46

  • 2014年の成績と年俸

打者: 試合数87 打率.274 本塁打10 打点31 盗塁1 年俸3000万円

投手: 登板数24 投球回155.1 11勝 4敗 防御率2.61 奪三振179

  • 2015年の成績と年俸

打者: 試合数70 打率.202 本塁打5 打点17 盗塁1 年俸1億万円

投手: 登板数22 投球回160.2 15勝 5敗 防御率2.24 奪三振196

  • 2016年の成績と年俸

打者: 試合数104 打率.322 本塁打22 打点67 盗塁7 年俸2億万円

投手: 登板数21 投球回140 10勝 4敗 防御率1.86 奪三振174

  • 2017年の成績と年俸(9月14日現在)

打者: 試合数53 打率.341 本塁打7 打点28 盗塁0 年俸2億7000万円

投手: 登板数3 投球回10.1 1勝 2敗 防御率6.97 奪三振10

実は結構お茶目!?

大谷翔平選手が所属する北海道日本ハムファイターズの選手からは、大谷翔平選手のお茶目なエピソードが披露されています。

同じチームの杉谷拳士選手は、大谷翔平選手から茶目っ気のあるLINEの返信をされた経験があるそうです。昨年に骨折をし、一軍登録を抹消された時にチームメイトにLINEで連絡をとった杉谷拳士選手。登録抹消と、その試合で犯してしまった自身の失策について謝罪します。

すると大谷翔平選手からは「失策をした打球を捕れるように、怪我を治す間に練習してきて欲しい」と返信が送られてきたとのこと。先輩に対して送った冗談だったのですが、杉谷拳士選手は大谷翔平選手の「愛情を感じた」と言います。

また北海道日本ハムファイターズの上沢直之投手も、チーム内の先輩選手にむちゃぶりをするなどのエピソードを話したこともあり、大谷翔平選手の知られざる一面を紹介しています。

このような逸話からは、大谷翔平選手のお茶目な一面が垣間見れるのではないでしょうか。

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の活躍に期待!

昨年は投手部門と指名打者部門でベストナインに選ばれるなど、「二刀流」の選手として唯一無二の活躍を残してきた大谷翔平選手。160キロを超える速球に、豪快な打撃と日本球界に大きな衝撃を残してきました。

これからは活躍の舞台をメジャーリーグに移す予定ですが、アメリカではどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。さらなる進化が期待される大谷翔平選手に、これからも注目していきましょう!

北海道日本ハムファイターズに関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。