東北楽天ゴールデンイーグルスの原動力!活躍中のルーキー3選手を紹介します!

2017年は大きく貯金を作り好調の東北楽天ゴールデンイーグルス。今年の東北楽天ゴールデンイーグルスはルーキーの活躍が目立ちます!今回は活躍中のルーキートリオ森原康平投手・菅原康平投手・高梨雄平投手を紹介します!

東北楽天ゴールデンイーグルスの原動力!活躍中のルーキー3選手を紹介します!

2017年のプロ野球ペナントレースもいよいよ終盤戦。

ここまで東北楽天ゴールデンイーグルスは首位に立っている事も多く、Aクラスをキープしています。

その2017年東北楽天ゴールデンイーグルスの躍進を支える活躍中のルーキー3選手を紹介します!

2017年は新人・若手の活躍が著しい東北楽天ゴールデンイーグルス!

2016.01.21* こんなんやってました⚾️ #楽天 #楽天イーグルス #新入団選手

A post shared by Hidemi (@hidemi0317) on

2017年の東北楽天ゴールデンイーグルスは多くの貯金を作り、Aクラスで奮闘しています。

その好調の大きな要因として、新人・若手の活躍が挙げられます。

その中でも、今回は以下のルーキー3選手を紹介します!

  • キレのある直球と多彩な変化球が持ち味!森原康平投手
  • 長身から角度のある投球!菅原秀投手
  • 多彩な変化球が武器!高梨雄平投手

豪速球とスライダーで打者を抑える!東北楽天ゴールデンイーグルス森原康平投手

最初に、森原康平投手について紹介します!

  • 出身地:広島県福山市神辺町
  • 生年月日:1991年12月26日(25歳)
  • 身長:185cm
  • 体重:88kg
  • 投球・打席:右投左打
  • 背番号:52
  • 登場曲:「Boys & Girls」浜崎あゆみ

森原康平投手は野球好きの祖父の影響で野球を始めました。
幼少時代は広島市民球場に通った広島東洋カープファンでした。

小学校6年生の時、中条少年野球クラブで野球を始め、中学時代は軟式のクラブチーム「神辺レッズ」でプレー。
中学2年生の時、広島県山陽高校野球部元監督三原新二郎さんの助言で捕手から投手に転向しました。

三原新二郎さんの山陽高校監督就任で同校に進学。
高校時代は、3年生の夏に広島大会ベスト4に。

近畿大学工学部(東広島市)時代は、4年生の秋の明治神宮大会でベスト8に進出。
新日鐵住金広畑時代の2015年、2016年と2年連続で日本選手権に出場し、2016年7月の都市対抗野球では自己最速となる151キロを計測し、1回を無安打無失点、2奪三振のピッチングを見せました。

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスから5位で指名され、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団しました。

ルーキーイヤーとなる2017年、見事開幕一軍スタートで、主に勝ちパターンの7回を任されるという大抜擢。
1年目から首脳陣の厚い信頼を勝ち取り、東北楽天ゴールデンイーグルスの重要な戦力として活躍しています!

長身からコントロールされたノビのあるストレートを投げ込む!東北楽天ゴールデンイーグルス菅原秀投手

#rakuteneagles #菅原秀 #sugahara45

A post shared by em (@e2237x) on

つぎに、菅原秀投手を紹介します!

  • 出身地:大阪府吹田市
  • 生年月日:1994年4月5日(23歳)
  • 身長:183cm
  • 体重:78kg
  • 投球・打席:右投左打
  • 背番号:45
  • 登場曲:「START IT AGAIN」AK-69

山田第一小学校ではサッカーをプレー。
股関節の怪我でサッカーを諦め、山田東中学校から野球を始めました。

福井工大福井高校進学後、2年生の秋からベンチ入り。3年生の夏はエースとして、福井県大会準決勝で現広島東洋カープの西川龍馬選手擁する敦賀気比高校を破り、決勝は福井商業高校相手に11回13奪三振の力投で県大会を制し、第94回全国高等学校野球選手権大会に出場。甲子園通算成績は2試合で11回12奪三振、防御率6.55でした。

大阪体育大学進学後、1年生の秋からリーグ戦に登板。4年生の春に先発で活躍すると、秋には5勝0敗、防御率2.06の成績でリーグMVPと最優秀投手に輝き、阪神大学野球リーグ優勝に貢献しました。

関西地区大学野球選手権大会では2試合で18回30奪三振を記録し、第47回明治神宮野球大会に出場。
初戦の環太平洋大学戦に先発し、9回2失点と好投するもタイブレークの末に敗れました。

2016年のプロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから4位指名を受け、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団しました。

ルーキーイヤーとなる2017年は開幕一軍を見事果たすと、4月2日のオリックス戦でプロ初登板。5月4日のオリックス戦で勝利投手になりました。

名字の読みは「すがわら」と間違われる事が多いですが、「すがはら」です。

サイドスローの変則左腕!東北楽天ゴールデンイーグルス高梨雄平投手

さいごに、高梨雄平投手を紹介します!

  • 出身地:埼玉県川越市
  • 生年月日:1992年7月13日(25歳)
  • 身長:175cm
  • 体重:81kg
  • 投球・打席:左投左打
  • 背番号:53
  • 登場曲:「ららら★フェスティバル」シクラメン

高階南小学校3年生の時に川越リトルで野球を始め、高階西中時代には川越シニアに所属。
川越東高校では阿井英二郎監督の下、1年生の春からベンチ入り。3年生の夏は埼玉大会準々決勝で春日部共栄高校に延長14回を投げ切りサヨナラ勝利するも、準決勝で花咲徳栄高校に延長10回で敗れベスト4。

早稲田大学時代、1年生の春のリーグ戦から登板し、主にリリーフとして10試合に登板。19回を投げ、防御率0.95をマーク。秋から先発として活躍し、5勝1敗、防御率2.21を記録しました。

2年生の春は4勝1敗、防御率2.31の好成績で3季ぶりの六大学リーグ優勝に貢献。第61回全日本大学野球選手権大会では準々決勝の奈良産業大戦に先発し、3回1/3を無失点に抑えました。しかし、2年秋は10回1/3にとどまり、3年春のリーグでは東京大学戦で完全試合を達成するも、その1勝に終わり、防御率も4.41でした。

4年生も春秋合わせ、5試合6回2/3、防御率9.45ににとどまりました。大学時代のチームメイトとして同期に現北海道日本ハムファイターズの有原航平選手、現千葉ロッテマリーンズ中村奨吾選手がいます。

JX-ENEOS入社後、2年目の夏頃に上手投げからサイドスローに転向しました。

2016年のプロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから9位で指名され、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団しました。

ルーキーイヤーとなる今年、2017年の4月6日の福岡ソフトバンクホークス戦で2番手として登板し、1回を無失点に抑え、勝利投手になりました。

東北楽天ゴールデンイーグルスの奮闘するルーキートリオに注目!


(画像出典:いらすとや

フル回転の投手陣が消耗している東北楽天ゴールデンイーグルス。

パ・リーグを制するためにはルーキートリオの活躍が不可欠になるでしょう。

ここまでの東北楽天ゴールデンイーグルスの快進撃を支えてきたルーキートリオの活躍に今後も注目です!

東北楽天ゴールデンイーグルスに関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。