中日ドラゴンズ大野雄大選手のプロフィール!屈辱をバネに竜のエースへ!

力のある速球とツーシームで京滋リーグを勝ち抜き、故障を抱えながら中日ドラゴンズへドラフト1位で入団した大野雄大選手。昨季は左肘を痛め、シーズンを通して不安定な投球が続きました。吉見一起選手や浅尾拓也選手など、大野雄大選手が入団した頃の主力選手が不在の中、自らがエースだと自覚することでチームを鼓舞しようと奮闘する大野雄大選手とは、どのようなプロフィールをもつ選手なのでしょうか。今回は中日ドラゴンズ大野雄大選手のプロフィール・これまでの経歴・成績・年俸・性格などにも触れ、ご紹介したいと思います。

中日ドラゴンズ大野雄大選手!不屈の魂のエース

大野雄大選手が入団した頃の中日ドラゴンズは、その投手王国と堅実な守備を活かした常勝チームでした。

「強いドラゴンズ」を取り戻すべく、ここ数年の悔しさを胸に、チームを鼓舞してきた大野雄大選手。

そんな大野雄大選手とは、どのようなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?大野雄大選手の飛躍のきっかけとなった大学時代のエピソードとは?

今回は中日ドラゴンズ大野雄大選手のプロフィール・これまでの経歴・成績・年俸・思いやりのある優しい性格にも触れて、ご紹介したいと思います。

中日ドラゴンズ大野雄大選手のプロフィール

  • 名前   :大野雄大(おおの ゆうだい)
  • 生年月日 :1988年9月26日
  • 出身地  :京都府京都市
  • 身長   :183cm
  • 体重   :78kg
  • 投球・打席:左投左打
  • 経歴   :京都外大西高→佛教大学→中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ大野雄大選手の経歴

学生時代

砂川小5年の頃に地元の少年野球チームへ入り、6年から投手を始めた大野雄大選手。

藤森中では軟式野球部に所属していました。2年の時にある試合で、野球を辞めるほど悩んだ経験があり、その試合をきっかけに外野手兼任から投手へ専念。

がむしゃらに練習し、3年夏の京都市大会で優勝します。その頃には京都の軟式野球界では知られた存在となっていました。

大野雄大選手のご家庭は母子家庭だったこともあって、卒業後は公立の鳥羽高への進学を考えていましたが、京都外大西高の監督に誘われ、入学を決めます。

2年春からベンチ入りし、夏の全国高校野球選手権大会へ出場。この大会では登板機会はありませんでした。

悔しい気持ちを抱え、2年秋、来季へ向けての新チームでは先発を任される機会が増えていくと、3年春の選抜高校野球大会では先発として甲子園初登板を果たします。

しかし惜しくも初戦敗退。夏の大会では京都大会準決勝で敗れ、春の雪辱を晴らすことはできませんでした。

 

卒業後は、監督から「ちゃらんぽらんな人間」と言われ続けていたため、野球人としても人間的にも成長できる、と勧められた、仏教大学へ進学。

1年からベンチ入りし、シンプルに真ん中に投げる練習を続けていたところ、制球が良くなり球速も145キロにアップ。この頃から速球に自信が出てきたと、大野雄大選手は語ります。

単位を落としたため、佛教大学のルールで、2年春から半年間練習や試合に出られない時期を過ごしますが、秋から先発ローテーションに復活。

1年秋から4年春まで16連勝の活躍をみせ、3季連続MVPとベストナインを受賞します。6月には全日本大学野球選手権大会に出場。大学NO.1左腕として頭角を現しました。

悔しさと共に…

4年の頃には大石達也選手・斎藤佑樹選手・澤村佑一選手と共に「大学BIG4」と呼ばれた大野雄大選手ですが、世界大学野球日本代表に落選。

監督に「こんなに落ち込んでいるのは見たことがない」と言われるほど意気消沈し、候補合宿から帰る新幹線の中で泣き続けたそうです。

その後ハーレム国際大会に参加が決まると「こっちもジャパンのユニフォームですから。キューバを倒してきます!」と豪語し、見事2失点完投勝利。

この大会に出たことで、大野雄大選手に「メジャーリーガーになる」という夢が芽生えました。

「支えになってくれた家族や監督、選手の目の前で活躍して喜んでもらって、実績を積んでからメジャーに行きたい」と、当時の大野選手は語ります。

 

そんな大野雄大選手にプロ野球スカウトの視線が集まります。しかし8月以降肩を痛めて投げられなかった大野雄大選手は、指名回避されるかもしれないと、不安を抱えていたんだそうです。

そんな不安をよそに、2010年ドラフト会議で、中日ドラゴンズから1位指名を受けます。

大野雄大選手は、指名回避の不安が解消され、母子家庭で苦労を掛けてきた母に、やっと恩返しができる、と涙。

背番号は憧れていた、現阪神タイガースの藤川球児選手と同じ「22」。悔しさを原動力に壁を乗り越えてきた大野雄大選手の、夢への第一歩が始まりました。

プロ入り

ドラフト会議前に肩を痛めていた大野雄大選手。ルーキーイヤーの2011年春季キャンプは、肩のリハビリに専念し、3月末から投球練習を始めます。

6月に2軍で実践復帰すると、10月のファーム日本選手権では先発の一角を任されます。その後1軍初登板を果たしました。

翌2012年、故障もすっかり癒えた大野雄大選手は7月に初勝利をあげると、この年先発として8試合に登板。4勝をあげるなど、台所事情の厳しい中日ドラゴンズの先発ローテーションの谷間を埋める活躍をみせます。

また、この年はクライマックスシリーズにも登板し、初戦を白星で飾ります。シーズン後は侍ジャパンマッチ2012の日本代表にも選ばれました。

いよいよ先発ローテーションの一角として期待がかかる2013年は、初めて規定投球回数に到達し、初の二桁勝利をあげます。

着々と実力をつけていく大野雄大選手。2014年、開幕投手を狙いますが、復帰した川上憲伸選手に敗れます。この年は開幕から調子が上がらず、4月末に名古屋へ強制送還されるなど、2度の2軍降格を経験します。

しかし7月に自身初の無四球完封勝利をあげるなど、2年連続の二桁勝利をあげ、好不調の波が激しいシーズンとなりました。

2015年は開幕から好調を維持し、5月の月間MVPを獲得。前半だけで9勝するも、後半は勝ち星に恵まれず、この年は11勝10敗。3年連続二桁勝利をあげ、WBSCプレミア21の日本代表にも選ばれました。

 

そして2016年はいよいよ初の開幕投手を務めます。しかし直後に左ひじ痛を発症し、2か月の戦線離脱を味わいます。6月に復帰するも調子は上がらず、この年は7勝11敗。年間通して不調を抱える1年となりました。

2017年、昨年の雪辱に燃える大野雄大選手は、2年連続で開幕投手を任されます。9試合連続で勝ち星に恵まれず、5月後半にリフレッシュの意味で、一時的に中継ぎを経験。

しかし2戦目の登板でついに救援失敗。2軍再調整となってしまいます。初勝利は6月。この日のヒーローインタビューで、大野雄大選手は涙。エースを背負ったもののふがいない投球が続き、辛い時期を乗り越えての初勝利だったのでしょう。その後はローテーションを守るも、7勝に終わりました。

中日ドラゴンズ大野雄大選手の特徴

変則的なオーバースローのフォームから、力ある最速151キロのストレート、縦の変化が大きいツーシームを基本に、変化球はフォーク・スライダー、100キロ台のカーブも操ります。

やはり大野雄大選手の最大の魅力は、豪快なストレート。

ルーキーイヤーはあまり変化球の球種がなかったので、打者はほぼ全員がストレートを待っていたにもかかわらず、結果を残せたという事は、それだけ強いストレートを投げていたという事だと、当時の中日ドラゴンズ谷繁元信監督は語ります。

中日ドラゴンズ大野雄大選手の性格

京都外大西高・上羽功晃監督は、大野雄大選手の良いところを「すごく友達を大切にする、いろんなやつにたいして、思いやりがあったんでしょうね」と語ります。

学校でも中心的存在で、野球部の練習もしっかりやるけど、学校の行事もみんなと楽しむ明るい大野雄大選手を「あんぽんたんなことやっても、みんなに好かれる。人徳ですね、あれは」と語ります。

大野雄大選手自身は「僕は甘やかされるとすぐ調子に乗るから、厳しく接してもらったほうがいい」と語ります。

自分の弱みをさらけ出し、受け入れ、そして次への原動力として成長してきた大野雄大選手。

その姿が仲間の心を動かし、さらに絆を深めていたのかもしれませんね。

中日ドラゴンズ大野雄大選手の成績・年俸

契約金1億円、年俸1500万で中日ドラゴンズと契約した、大野雄大選手の成績と年俸です。

  • 2011年
    登板数1 投球回4 0勝1敗0セーブ0ホールド
    防御率13.50 奪三振2 年俸1500万
  • 2012年
    登板数9 投球回44.2 4勝3敗0セーブ1ホールド
    防御率2.62 奪三振41 年俸1350万
  • 2013年
    登板数25 投球回146.1 10勝10敗0セーブ0ホールド
    防御率3.81 奪三振117 年俸1750万
  • 2014年
    登板数25 投球回165.0 10勝8敗0セーブ0ホールド
    防御率2.89 奪三振119 年俸2800万
  • 2015年
    登板数28 投球回207.1 11勝10敗0セーブ1ホールド
    防御率2.52 奪三振154 年俸4500万
  • 2016年
    登板数19 投球回129.2 7勝10敗0セーブ0ホールド
    防御率3.54 奪三振85 年俸1億800万
  • 2017年
    登板数24 投球回147.2 7勝8敗0セーブ0ホールド
    防御率4.02 奪三振117 年俸8640万

中日ドラゴンズ大野雄大選手、心揺さぶるエースに!

2016年ナゴヤドーム最終戦、選手会長であった大野雄大選手は、最下位で終わったシーズン最終戦の挨拶で「今ここで、来年もよろしくお願い致しますと軽々しく言うことはできません」と語り、

必ず強い中日ドラゴンズを取り戻すと誓いました。怪我と戦い、弱い自分と戦い、何度も立ちはだかる壁を乗り越えながら、エースへの道を歩んできた中日ドラゴンズ大野雄大選手。

その道を大野雄大選手は、大切に育ててくれた母親や、支えてくれた恩師・仲間と共に、時には悔しさで涙を流しながら歩いてきました。

そういった姿は観る者に感動を与え、喜びを倍増してくれます。来季の大野雄大選手の活躍に、期待しましょう!

関連するオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。