中日ドラゴンズの4番!大砲ビシエド選手のプロフィールに迫る!

メジャー通算、66本塁打の実力を誇る竜の主砲、ビシエド選手。昨シーズンは開幕からいきなり3試合連続ホームランを記録するなど怪力をいかんなく発揮し、チームで最多の本塁打を放っています。2年目となった今シーズン、中日ドラゴンズの長打不足を補うべく、外国人助っ人打者がチームを盛り上げます。そんな期待の大砲の中日ドラゴンズ、ビシエド選手のプロフィール、経歴、成績、年俸、性格にまで迫って参ります。

キューバの大砲!中日ドラゴンズ、ビシエド選手

2011年の優勝を最後に近年、不振に苦しんでいる中日ドラゴンズ

2016年、期待の大砲がチームに入団しました。メジャー通算、66本塁打の実力を誇る竜の主砲。昨シーズンは開幕からいきなり3試合連続ホームランを記録するなど怪力をいかんなく発揮し、チームで最多の本塁打を放っています。

2年目となった今シーズン、中日ドラゴンズの長打不足を補うべく、外国人助っ人打者がチームを盛り上げます。そんな期待の大砲の中日ドラゴンズ、ビシエド選手のプロフィール、経歴、成績、年俸、性格にまで迫って参ります!

中日ドラゴンズ【ビシエド選手】のプロフィール

  • 選手名:Dayan Viciedo Perez(ダヤン・ビシエド・ペレス)
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 出身地:キューバ ビジャ・クララ州
  • 生年月日:1989年3月10日(28歳)
  • 身長/体重:185cm/108kg
  • 投球/打席:右投右打
  • ポジション:一塁手、左翼手
  • 背番号:66

中日ドラゴンズ【ビシエド選手】の壮絶な経歴

いかだに乗ってアメリカへ亡命した過去

  • ナランハス・デ・ビジャ・クララ
  • シカゴ・ホワイトソックス
  • 中日ドラゴンズ(2016年~)

キューバ時代から圧倒的な打撃センスで将来が有望視されていたビシエド選手。一攫千金を狙えるアメリカでプレーするために、2008年にいかだに乗ってキューバを脱出するという壮絶な過去を持っています。

キューバで野球を続けても給料が少ないなど金銭的な理由により、命をかけてでもアメリカでのチャレンジを求め亡命する選手は少なくありません。無事アメリカに着くとその実力が認められホワイトソックスと契約を結び、2010年には21歳の若さでメジャーデビューを果たしました。

それから2年間は3Aとメジャーを行き来する生活が続くものの、2012年にはレギュラーを獲得。この年は147試合に出場し25本のホームランを打つなど一気にブレークしました。翌年は脇腹痛などの怪我に泣き14本塁打に終わったものの、2014年は21本塁打をマークしました。

しかし2015年にはキャンプ前にチーム事情でリリースされ、一度もメジャーに呼ばれることなく、マイナーの3球団を渡り歩くなど不遇の時を過ごします。そんなときにビシエド選手に声をかけたのが中日ドラゴンズでした。

まだ若いながらもメジャー5年間で通算66本塁打を打った長打力を評価しての契約に至りました。

粗削りながら長打力が魅力の中日ドラゴンズ【ビシエド選手】の成績

メジャー時代の成績

年度 所属チーム 試合 打席 打数 安打 本塁打 打点 三振 打率 出塁率 長打率
`10年 ホワイトソックス 38 106 104 32 5 13 25 .308 .321 .519
`11年 ホワイトソックス 29 113 102 26 1 6 23 .255 .327 .314
`12年 ホワイトソックス 147 543 505 129 25 78 120 .255 .300 .444
`13年 ホワイトソックス 124 473 441 117 14 56 98 .265 .304 .426
`14年 ホワイトソックス 145 563 523 121 21 58 122 .231 .281 .405
通算 483 1798 1675 425 66 211 388 .254 .298 .424

中日ドラゴンズでの成績

年度 所属チーム 試合 打席 打数 安打 本塁打 打点 三振 打率 出塁率 長打率
`16年 ドラゴンズ 119 471 416 114 22 68 68 .274 .352 .486
`17年 ドラゴンズ 87 367 332 83 18 49 52 .250 .319 .452
通算 206 838 748 197 40 117 120 .263 .338 .471

ビシエド選手は「当たればホームラン、それ以外は三振」という表現が当てはまる典型的な選手。メジャーで25本塁打を打った2012年も、ホームラン打者でありながら四球は28回のみ、一方で三振は120回喫しています。

ホームランは多いものの、ヒットや四球が少ないため出塁率が低く、外野の守備にも難があることもリリースされた原因でした。しかし2016年に日本で開幕を迎えると4月30日まで約1ヶ月間全試合に4番で出場。打率350、本塁打9本、打点24と大活躍します。

懸念された三振の数は13回と四球の17回よりも少ない回数で、うまく日本の野球に順応していることが数字からも見て取れます。素行不良と噂されたこともあったものの、実際は真面目でヒーローインタビューでも優等生的な発言をしています。

中日ドラゴンズ【ビシエド選手】の年俸

年度 所属チーム 推定年俸
2017年 中日ドラゴンズ 1億7000万円
2016年 中日ドラゴンズ 1億7000万円

ビシエド選手は27歳と若くメジャーでの実績もあった為、高額な年俸になっています。中日ドラゴンズ入団1年目からしっかりと成績も残している為、3年目以降も契約更新があった場合、更に年俸増もあるのではないでしょうか!各球団に外国人助っ人は3億以上などの高額年俸の選手がいますのでビシエド選手にも期待ですね!

中日ドラゴンズ【ビシエド選手】の特徴・性格

ビシエド選手の特徴

日本独特の食生活や環境に馴染めず、本来の力を発揮できない外国人選手もいるなかは日本の生活にも適応、カレーライスが気に入って好物になったほどです。また、打撃スタイルとしては、広角にライナーを打ち分け、本塁打も全方向に打てるバッターです。変化球を苦にしない事も日本のプロ野球に合っていますね。

ビシエド選手の性格

ビシエド選手の性格として2016年のチーム関係者から「真面目過ぎて4番の自分が何とかしようとし過ぎている」と発言している事から、とにかく真面目な性格のようです。また明るく温厚な性格としても知られており、2017年中日ドラゴンズに新入団したゲレーロ選手に、いろいろと私生活、野球でもアドバイスも行ったようです。

シーズン2度の離脱。中日ドラゴンズ【ビシエド選手】

6月16日からアメリカ市民権取得の為、チームを離脱。しかし、手続きが上手くいかずに1ヶ月間離脱するなどチームにとって大きな痛手になりました。また日本に戻ってきた際には、会見を開き、スーツ姿で登場したビシエド選手は「手続き時間がかかり、応援してくれているファン、チームメイト、球団関係者に本当に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

1ヶ月離脱しながらも、まだ手続きが途中の再来日ということも明かしたビシエド選手。さらに戻ってくることが遅かったかと思うとぞっとしますね。

さらに追い打ちをかけたのは、8月に行われた対ヤクルトスワローズ戦で受けた死球。右腕に死球を受けたビシエド選手は苦痛の表情を浮かべてベンチに下がります。診断の結果「右腕の尺骨骨折」と受けます。

尺骨骨折は治療に早くても1ヶ月~2ヶ月程度、長引けば3ヶ月以上かかるほどのケガです。近年では西武ライオンズに在籍の栗山巧選手、元広島カープの前田智徳などが、同じケガで離脱するどして苦しみました。8月に入りビシエド選手は3割以上の高打率を残して復調の気配があり、チームもCS圏内を目指し、3位チームを猛追していたのでかなりの戦力ダウンを余儀なくされました。

チームメイトの仲が良いことで知られる、ゲレーロ選手もビシエド選手のデッドボールには怒り心頭で「当てたら気をつけろ」などの言葉を発し、相手チームを威嚇しました。

目指すは50本塁打! 中日ドラゴンズの怪物ビシエド選手に注目しよう!

ここまで中日ドラゴンズの主砲、ビシエド選手のプロフィール・経歴をご紹介していきました。

ここまでのプロフィールからも分かるように、メジャー通算66本塁打の実力を誇るビシエド選手。規格外のパワーと真面目な性格で日本の野球にすぐになじみました。そんな中での2度の離脱。CSを狙う、中日ドラゴンズにとって大きな痛手となった事は間違えないですが、この悔しさは復帰してから打撃でぶつけてくれるはずです!来シーズンはバレンティン選手以来の50本塁打を狙ってほしいですね!

メジャーでも活躍した選手ですが、次はジャパニーズドリームの達成なるか、ビシエド選手のバッティングに注目しましょう!

中日ドラゴンズの他のオススメ記事

(出典:いらすとやより)

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。