中日ドラゴンズ、魂の投球を魅せるベテラン左腕、八木智哉選手のプロフィールをご紹介!

ルーキーイヤーから日ハムで大活躍をみせ、リーグ優勝・日本一・新人王など、華々しいデビューを叶えた八木智哉選手。左肩・左肘の不調に悩まされながら、1年間登板がなかった年は1度もなく活躍を続け、今季でプロ野球生活12年目を迎えました。そんな八木智哉選手とは、どのようなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?中日ドラゴンズから2度目の戦力外通告を受け、来季の活躍の場を探し「もがいてでもやれるところまで野球を続けたい」と語る八木智哉選手の思いとは。今回は中日ドラゴンズ八木智哉選手のプロフィールやこれまでの経歴、成績や年俸、子煩悩な性格にも触れて、ご紹介したいと思います!

中日ドラゴンズ八木智哉選手、運命を切り開く技巧派左腕!

ルーキーイヤーから北海道日本ハムファイターズで大活躍をみせ、リーグ優勝・日本一・新人王など、華々しいデビューを叶えた八木智哉選手。

その後は左肩・左肘の不調に悩まされながら、1年間登板がなかった年は1度もなく毎年活躍を続け、今季でプロ野球生活12年目を迎えました。

そんな八木智哉選手とは、どのようなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?

中日ドラゴンズから2度目の戦力外通告を受け、来季の活躍の場を探し「もがいてでもやれるところまで野球を続けたい」と語る八木智哉選手の思いとは。長年活躍できる強みとは?

今回は中日ドラゴンズ八木智哉選手のプロフィールやこれまでの経歴、成績や年俸、子煩悩な性格にも触れて、ご紹介したいと思います。

中日ドラゴンズ八木智哉選手のプロフィール

  • 名前   :八木智哉(やぎ ともや)
  • 生年月日 :1983年11月7日
  • 出身地  :神奈川県横浜市
  • 身長   :181cm
  • 体重   :78kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:左投左打
  • 経歴   :日本航空高→創価大→北海道日本ハムファイターズ→オリックス・バファローズ→中日ドラゴンズ

以上が、中日ドラゴンズ八木智哉選手の基本プロフィールです!

中日ドラゴンズ八木智哉選手の経歴

学生時代

くぬぎ台小2年の頃、軟式野球チーム「くぬぎ台レッドパンサーズ」で野球をはじめ、西谷中ではヤングリーグ「横浜旭ベースボールクラブ」に所属。

全国大会に出場を果たします。高校は日本航空高へ進学し、3年夏に全国高校野球選手権大会へ出場。初戦を11奪三振で勝ち抜けますが、3回戦で惜しくも敗退。

その後八木智哉選手は大学進学の道を選び、創価大へ進学します。

創価大へ入学すると、1年からリーグ戦に出場。4年の全日本大学野球選手権大会49奪三振という、大会新記録を樹立し、八木智哉選手にプロ野球スカウトの注目が集まりました。

その後も、横浜市長杯争奪関東地区大学選手権大会で完全試合を達成し、いよいよプロ野球入りに期待がかかります。

そして2005年、八木智哉選手はドラフト上位候補選手が希望球団に入団できる制度「希望入団枠」で北海道日本ハムファイターズを指名。入団が決まりました。

日ハム時代

2006年、大卒即戦力左腕というプロフィールをもち、開幕を一軍で迎えた八木智哉選手は、3月31日にプロ初先発し一軍初勝利。上々の滑り出しを迎えます。

4月には10回まで無安打無失点に抑えるほどの好調ぶりをみせ、この後を投げた武田久選手・マイケル中村選手も無失点に抑えて勝利し、継投でのノーヒットノーラン達成。

また、延長まで安打も得点も許さず途中降板という記録も、史上初なんだそうです。5月には初の月間MVPを受賞します。

オールスターにも選ばれ、年間を通してダルビッシュ有選手と共に先発として活躍。この年12勝をあげ、リーグ優勝と日本一に貢献しました。新人王も獲得し、最高ののルーキーイヤーを終えました。

翌2007年は左肩を痛め4勝、2008年は1勝にとどまりますが、2009年に復活の9勝をあげ、リーグ優勝に貢献します。

しかし再び調子を落とし、2010年・2011年はそれぞれ1勝どまり。2012年は3年ぶりの完封勝利など、前半は好調を維持するも後半に調子を落とし、8月に二軍降格以降、一軍での登板を見ることはありませんでした。

オリックス時代

先発投手として華々しいプロフィールをもつ八木智哉選手は、2013年1月に木佐貫洋選手・大引啓次選手・赤田将吾選手との交換トレードで、糸井嘉男選手と共にオリックス・バファローズへ移籍が決まります。

6月に移籍後初先発を迎えますが結果を残せず、この年は3試合の登板。初の未勝利でシーズンを終えました。

契約更改は、減額制限いっぱいの25%減となり、再起を誓います。しかし2014年も結果は思わしくなく、シーズン終了後、戦力外通告を受けてしまいました。

中日時代

2014年11月の12球団合同トライアウトを受け、中日ドラゴンズへ入団が決まった八木智哉選手は、開幕一軍を勝ち取り、開幕2試合目に移籍後初先発。

この試合で7回無失点、自身初の二桁奪三振を記録し、戦力外から涙の復活勝利!日ハム時代以来982日ぶりの勝利をあげます。

この年4勝をあげ、全て広島戦での勝利だったため「カープキラー」と呼ばれました。

翌2016年は左ひじの具合が思わしくなく、なかなか思うように投げられない時期を過ごしますが、8月に一軍昇格。6回1失点の好投を見せるも、この年はこの試合のみの登板に終わりました。

2017年は7月に680日ぶりの先発勝利をあげましたが、10月に悔しくも2度目の戦力外通告を受けてしまいました。

中日ドラゴンズ八木智哉選手の特徴

サイドスローから投げられるストレートは、平均130キロ半ばと取り立てて早いほうではありませんが、八木智哉選手の代名詞といえば「キレの良いスクリュー」というほど、わかっていても打てない素晴らしいスクリューで打者を打ち取ります。

変化球は他にもカーブ・スライダーを投げ、ストレートとのコンビネーションで打者をほんろう。

またルーキーイヤーから、毎年必ず一軍の試合に出場しているのも八木智哉選手の特徴です。

故障があっても1年間全休することがなく、思考を重ね、努力を積み重ね、毎年必ず一軍の試合に出ています。

こういったプロフィールから、丈夫な身体と心のタフネスさ、どのチームでも期待される、貴重な戦力であることが伺えますね。

中日ドラゴンズ八木智哉選手の性格

5人の子供を抱える中日ドラゴンズ八木智哉選手は、普段は子供の面倒をよくみる、優しいお父さんでもあります。

そんな姿がオフのTV番組で話題となり、八木智哉選手を応援するファンも増えたのではないでしょうか?

戦力外通告を受け、トライアウトも経験したプロフィールをもつ八木智哉選手は「ネガティブは最大の敵」と語り、「ピンチに追い込まれた時ほど明るく元気でいれば、周りの雰囲気も変えられる」と、自らの弱いメンタルと奮い立たせているんだとか。

ちなみにUFCなどで活躍する、総合格闘家の徳留一樹選手は義理の弟にあたり、日ハムでの優勝旅行に同行中にUFC参戦が決まり、旅行中にもかかわらずトレーニングにつきあったのだとか。

家族を大事にする八木智哉選手は、オフの自主トレにも徳留一樹選手を連れていき、体幹トレーニングなどを教えているんだそうです。

 

次は中日ドラゴンズ八木智哉選手の、気になるプロフィールや成績・年俸をご紹介します!

中日ドラゴンズ八木智哉選手の気になるプロフィール【成績・年俸】

契約金1億円、年俸1500万で北海道日本ハムファイターズと契約した、八木智哉選手の成績と年俸です。

  • 2006年
    登板数26 投球回170.2 12勝8敗0セーブ0ホールド
    防御率2.48 奪三振108 年俸1500万
  • 2007年
    登板数15 投球回85.1 4勝6敗0セーブ0ホールド
    防御率4.54 奪三振36 年俸5000万
  • 2008年
    登板数2 投球回10.2 1勝1敗0セーブ0ホールド
    防御率6.75 奪三振10 年俸4200万
  • 2009年
    登板数20 投球回122.0 9勝3敗0セーブ0ホールド
    防御率2.88 奪三振76 年俸3300万
  • 2010年
    登板数9 投球回39.0 1勝4敗0セーブ0ホールド
    防御率6.92 奪三振27 年俸6000万
  • 2011年
    登板数3 投球回15.0 1勝1敗0セーブ0ホールド
    防御率4.20 奪三振4 年俸4800万
  • 2012年
    登板数13 投球回66.2 6勝3敗0セーブ0ホールド
    防御率3.38 奪三振37 年俸2400万
  • 2013年
    登板数3 投球回11.0 0勝2敗0セーブ0ホールド
    防御率8.18 奪三振8 年俸2400万
  • 2014年
    登板数3 投球回3.2 0勝0敗0セーブ0ホールド
    防御率7.36 奪三振2 年俸1800万
  • 2015年
    登板数14 投球回59.2 4勝6敗0セーブ0ホールド
    防御率3.92 奪三振45 年俸1200万
  • 2016年
    登板数1 投球回6.0 0勝0敗0セーブ0ホールド
    防御率1.50 奪三振2 年俸2000万
  • 2017年
    登板数3 投球回11.0 1勝0敗0セーブ0ホールド
    防御率5.73 奪三振6 年俸1500万

中日ドラゴンズ八木智哉選手、魂の投球で未来を切り開く!

(出典:無料で使えるイラスト素材より)
今回は中日ドラゴンズ八木智哉選手のプロフィールや経歴、性格や成績・年俸をご紹介させていただきました。

10月3日に2度目の戦力外通告を受けてしまった八木智哉選手ですが、「僕自身、まだ野球をやりたいと思う。もがいてでも出来るところまでやりたい。1回クビになって取ってもらった身。3年間中日で出来たことは僕の財産であり、感謝しかありません」と笑顔でインタビューに答えていました。

まだまだ老け込むには早い八木智哉選手。今後12球団合同トライアウトを受け、再起をかける球団を探します。

新しい球団で、魂の投球を魅せる八木智哉選手の姿を、期待してお待ちしております!

関連するオススメ記事

中日ドラゴンズ岩瀬仁紀選手のプロフィール!蘇った鉄腕が担う未来!

中日ドラゴンズ田島慎二選手のプロフィール!竜をけん引する守護神

中日ドラゴンズ浅尾拓也のプロフィール!竜の剛腕セットアッパー復活へ!

竜再建へ!常勝チームへの再建を託された、中日ドラゴンズ森繁和監督!

復活する竜のエースに期待!中日ドラゴンズ吉見一起選手を徹底分析!

みんなのコメント
  1. […] 中日ドラゴンズ、魂の投球を魅せるベテラン左腕、八木智哉選手のプロフィールをご紹介! […]

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。