中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手のプロフィール、二軍で研磨する超大型右腕!

このところ投手陣の低迷が指摘される中日ドラゴンズ。かつての投手王国復活に向け、期待の若手選手たちが、秋季キャンプや宮崎のフェニックスリーグなどで腕を磨いています!そんな選手のひとりが、中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手です。今季一軍初先発も務めた阿知羅拓馬選手とは、どんなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?今回は、身長190cm・95kgという恵まれた体型から、145キロのストレートと落差の大きいフォークを投げ込む右腕の、これまでのプロフィールや経歴、明るい性格やこれまでの成績・年俸など、阿知羅拓馬選手の全てをご紹介いたします!

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手、長身から投げ下ろす右腕

このところ投手陣の低迷が指摘され、今季で5年連続Bクラスという、不本意な成績となってしまった中日ドラゴンズ。

現在、かつての投手王国復活に向け、期待の若手選手たちが、秋季キャンプや宮崎のフェニックスリーグなどで腕を磨いています!

そんな選手のひとりが、中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手です。

今季一軍初先発も務めた阿知羅拓馬選手とは、どんなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?

高校2年の時に名門・大垣日大高でエースを任されるも故障に泣き、最後の春にあこがれの甲子園のマウンドに立った阿知羅拓馬選手。

今回は、社会人野球でもまれ、プロ入りした阿知羅拓馬選手のプロフィールや経歴、これまでの成績や年俸、明るいキャラクターで知られる性格にも迫り、ご紹介させていただきます。

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬のプロフィール

  • 名前   :阿知羅拓馬(あちら たくま)
  • 生年月日 :1992年11月20日
  • 出身地  :大阪府
  • 身長   :190cm
  • 体重   :95kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投右打
  • 経歴   :大垣日大高→JR東日本→中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手の経歴

学生時代

大阪で生まれますが、父親の仕事の関係ですぐに宮崎県に移り住みます。

三財小3年の頃に野球をはじめ、三財中の頃に、宮崎西武ボーイズに所属。世界少年野球大会の日本代表メンバーに選ばれ、優勝を果たします。

そんなプロフィールを持つ阿知羅拓馬選手は、卒業後は大垣日大高へ進学。

1年春からベンチ入りし、春季岐阜県大会・準々決勝でデビュー戦を迎えます。

順調に成長を重ね、2年夏の全国高校野球選手権大会・岐阜県大会でエースを任されますが、本来のポテンシャルを活かした投球ができず、3回戦敗退。

その年の秋季岐阜県大会で右股関節痛を発症し、このままだと疲労骨折を発症する可能性があるため、静養を余儀なくされました。

その後明治神宮野球大会で復帰を果たし、チームは初優勝。しかし阿知羅拓馬選手の先発登板はなく、チームには新しいエースが定着していました。

先発復帰の燃える阿知羅拓馬選手は、冬に体力強化と制球をよくするため下半身を鍛え、地道な努力を重ねます。

そして春の選抜高校野球大会・準々決勝で先発として登板し、完投勝利。

それは、三財小3年生の頃に野球を始めて以来、憧れ続けた甲子園の舞台でした。準決勝でも2番手投手として登板します。

この試合で惜しくも敗退しますが、この時の対戦相手である興南高が今大会優勝を飾りました。

社会人へ

高校卒業後は社会人野球の名門・JR東日本へ入社。

すると、これまで190cmの長身を持ちながら、その素材を持て余していた阿知羅拓馬選手に、大きな出会いが訪れます。

阿知羅拓馬選手のプロフィールを知ったJR東日本の山本コーチは「他の連中と同じことはやるな。お前は大学に行ったやつらと勝負するんだ。3年でプロへ行くために、他が4年でやることを2年でやるようにしろ。」と語り、

リリースを強くする投球フォームに変え、今までやってこなかったウエートトレーニング、徹底したランニングなどもこなし、山本コーチはつきっきりで指導したんだそうです。

山本コーチとの出会いが自分の原点と語る阿知羅拓馬選手は、1年目の春から公式戦に出場。社会人野球2大大会での登板はなかったものの、

中日ドラゴンズのスカウトから「夏に大きく成長したが、まだ10の力の6くらい。もっと成長できる」と太鼓判を押されていました。

そして、当時の落合博満GMの強い要望もあって、2013年ドラフト会議で、中日ドラゴンズから4位指名を受け入団となりました。

与えられた背番号は「30」。阿知羅拓馬選手の夢が、大きく広がっていきました。

プロ入り

社会人からプロ入りというプロフィールをもちながら、まだ素材型という印象の阿知羅拓馬選手。

ルーキーイヤーの2014年は、二軍の試合で10試合登板しますが、結果を残せず。9月に一軍登録されますが、登板なしに終わります。

翌2015年も一軍での登板はなく、3年目の2016年、頭角を現します。

二軍で好投し、4月に一軍初登板。この年は二軍で26試合に登板し、7勝3敗・防御率1.51と安定した成績を残し、一軍でも中継ぎとして13試合に登板。

2017年は6月に二軍で初完封勝利をあげると、シーズン終盤の10月に一軍初先発を果たしました。

この時は7回2失点とまずまずの好投でしたが一発に泣き、味方の援護がなく、一軍初黒星。

初先発を振り返り、「自分の技術不足」と謙虚に語る阿知羅拓馬選手。

まだまだお試し登板の感は否めませんが、この時期の一軍での先発起用に、来季への期待が高まりますね!

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手の特徴

重心を下げたセットポジションから、角度をつけて投げ下ろすストレートと、100キロ台のカーブ、2種類のフォークを操り、打者を幻惑します。

ストレートの最速は150キロを記録しましたが、平均は140キロくらいと、速球は多投しません。

そんな阿知羅拓馬選手の持ち味のひとつが、重いストレート。阿知羅拓馬選手球は飛ばない、と言われていて、二軍では100イニング以上を投げて、被本塁打はわずか2本です。

また、ワンポイントずれる独特のフォームも、タイミングが取りにくいのでは、と言われています。

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手の性格

中日ドラゴンズ入団の時に特技を聞かれ「特技じゃないですけど、人を笑わせるのが好きです。」と語った阿知羅拓馬選手。社会人時代にも、よくふざけて周囲を笑わせていたんだとか。

春季キャンプでも、先輩である伊藤準規選手が一軍キャンプから二軍キャンプへ降格し、落ち込んでいる時に

「おかえりなさい!阿知羅のコチラ、空いてますよ~」とオードリー春日風に出迎え、伊藤準規選手を笑わせていたんだそうです。

そんな明るい性格の阿知羅拓馬選手はチームメイトにも好かれ、オフのトークショーでも他の選手から、阿知羅拓馬選手とのエピソードトークがチラホラでるそうですよ。

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手の成績・年俸

契約金4500万、年俸900万で中日ドラゴンズと契約した、阿知羅拓馬選手の成績と年俸です。

  • 2014年 1軍出場なし  年俸 900万
  • 2015年 1軍出場なし  年俸 675万
  • 2016年
    登板数13 投球回 0勝0敗0セーブ0ホールド
    防御率2.51 奪三振14 年俸507万
  • 2017年
    登板数4 投球回13 0勝1敗0セーブ0ホールド
    防御率4.85 奪三振8 年俸800万

中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手にかかる来季への期待!

(出典:ぱくたそ-フリー写真素材より)

二軍ではウエスタンリーグ防御率1位を獲得するなど、着々と実力をつけていますが、一軍の壁をなかなか破れない阿知羅拓馬選手。

二軍投手コーチも、阿知羅拓馬選手の落ち着いたマウンドさばきを評価し「あとは経験」と語ります。

初の一軍登録の時は、味方ブルペンの投げる球に驚き、「こんなすごい球を投げている人たちの中でやっていけるんだろうか」と、投げる前に一歩引いてしまっている自分が情けなく、

この時はそのまま一軍のマウンドに立つことなく、二軍降格だったそうです。

ここまで一軍登録されながら登板せず、二軍降格という経験も度々あり、阿知羅拓馬選手も悔しさを抱えているのではないでしょうか。

来季の巻き返しを狙う中日ドラゴンズ阿知羅拓馬選手を応援しましょう!

関連するオススメ記事

竜再建へ!常勝チームへの再建を託された、中日ドラゴンズ森繁和監督!

鈴木翔太選手の快進撃!中日ドラゴンズ将来のエース候補鈴木翔太選手のプロフィール

中日ドラゴンズ福田永将選手のプロフィール!竜の和製大砲覚醒へ!

中日ドラゴンズ伊藤準規のプロフィール!蘇る未完の大器!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。