【2017年9月】中日ドラゴンズの試合日程と注目選手を紹介!

2017シーズンも残りわずかとなってきました。各チーム優勝、そしてクライマックスシリーズ進出に向け、選手、ファン共にプロ野球シーズンで最も白熱した戦いが繰り広げられます。8月21日現在、中日ドラゴンズは5位と苦しい戦いを強いられていて、クライマックスシリーズ進出へ、残りの試合日程は負けられない戦いが続いていきます。今回は中日ドラゴンズの2017年9月の試合日程と注目選手を5人紹介します。

苦しいシーズンを戦っている中日ドラゴンズ!

(出典:いらすとや

2017シーズンが始まった当初から、苦しい戦いを強いられている中日ドラゴンズ。8/21現在、セリーグ5位につけていて、クライマックスシリーズ進出に向けても負けられない戦いが続いています。

現在クライマックスシリーズ圏内である3位の横浜DeNAベイスターズとは、9ゲーム差がついていて、3位以内に入るには全勝ペースでいかないと難しい状況に追い込まれています。

とはいえ、中日ドラゴンズファンのためにも最後まであきらめない全力プレーを、中日ドラゴンズの選手たちは見せてくれるでしょう!

今回はクレイマックスシリーズへ向け、シーズン最後の戦いに挑む中日ドラゴンズの2017年9月の試合日程と、注目選手を紹介していきます!

中日ドラゴンズ9月の試合日程は?

1 vs阪 2 vs阪 3 vs阪
4 5 vs巨 6 vs巨 7 8 vs広 9 vs広 10 vs広
11 12 vsヤ 13 vsヤ 14 vsヤ 15 vs阪 16 vs阪 17 vs阪
18 vs巨 19 vs巨 20 21 22 vsディ 23 vsディ 24 vs広
25 26 27 vs巨 28 29 30 vsヤ
  • 太字は本拠地ナゴヤドームでの開催です。
  • 9/9、9/10、9/16、9/17、9/18、9/23、9/24はデイゲーム。それ以外はナイトゲームで開催です。
  • 9/15、9/22は予備日です。

中日ドラゴンズ9月のイベントを紹介!

9月18日はFCスペシャルゲーム「The 総力戦」を開催!

今シーズン最後のFCスペシャルゲームとなる9月18日の対巨人戦では「The 総力戦 ~最後は選手とファンが一体となって、全てのドラゴンズ愛をここに集結~」をテーマに、監督や選手のみならず、ファンも一緒になって勝利に向かって進んでいこうというものです。

中日ドラゴンズの選手たちはFCユニホームを着用して試合を戦うので、ファンも一緒にFCユニホームを着て応援すると一体感が出て、まさに総力戦の雰囲気が出てきそうです!

さらに2017年ファンクラブのゴールド、レギュラー、ジュニア会員で、当日のチケットと会員証を持っている来場者全員に、監督や選手達の名前や背番号が入った71種類のクリップマグネットをランダムで1つもらえます!

中日ドラゴンズの注目選手を紹介!

注目選手その1:田島慎二投手

中日ドラゴンズの守護神として定着している田島慎二投手。昨シーズンは開幕から31試合連続登板無失点のプロ野球新記録を作り、抑え投手を任されるきっかけを作りました。

今シーズンは中日ドラゴンズの抑え投手として8/21現在、26セーブを記録しています。これからの9月の戦いでは、これまで以上にプレッシャーのかかる9回の登板が増えるでしょうが、持ち前のパワーピッチングで相手をねじ伏せる投球をしてくれることを期待しましょう。

【追記 1/1】見出し分


注目選手その2:バルデス投手

今シーズンのバルデス投手は可哀そうなくらい、運に恵まれない状況が続いていると言ってもいいでしょう。今シーズンここまでの成績は6勝8敗と勝敗の数字だけを見れば、先発ローテーション失格にも思えます。

しかし先発投手の先発合格ラインであるクオリティスタート、いわゆるQSは14を記録していて、本来であれば10勝以上していておかしくない成績です。バルデス投手が6勝8敗と負け越している状況は、それだけ打線の援護がないことを表しています。

9月の戦いでは、バルデス投手の好投と共に、打線の援護も味方につけて大きく勝ち越してくれることをファンも願っています!

注目選手その3:京田陽太選手

走攻守三拍子そろった大型ルーキー。大学日本代表の遊撃手を務めるなどプロ入り前から注目を集めていた選手です。

バットコントロールが良く、8/21現在、打率.277とプロの壁に跳ね返されることなく、自分の実力を思う存分発揮しています!

盗塁も現在のところ21個を記録していて、中日ドラゴンズの中ではトップタイ、セリーグ全体で見ても2位タイの盗塁数を誇っています。

これからのシーズン後半戦、9月の試合成績によっては、京田陽太選手がセリーグ新人王に選ばれる可能性も十分ありそうです。

今シーズンはチームとして苦しい戦いを強いられていますが、将来的には京田陽太選手が、中日ドラゴンズの中心選手としてチームを引っ張る存在になっていそうです!

注目選手その4:ゲレーロ選手

現在セリーグトップのホームラン30本を放っているキューバ出身のパワーヒッター、ゲレーロ選手の存在は、低迷するチームの中でも一筋の光となりうる存在です。

今シーズンから中日ドラゴンズの加入したゲレーロ選手は、昨シーズンまでメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに所属し、3年間の在籍で117試合に出場し、ホームランを11本打っていました。

昨シーズンはケガの影響でメジャーリーグでの試合に出ることが出来ず、2016年6月8日に自由契約となり、日本のプロ野球に移籍することになったようです。

ケガの心配もありましたが、日本のプロ野球に入り、中日ドラゴンズの選手として、ここまで期待された通りの活躍をしています。欲を言えばランナー無しの状況でのホームランが多いので、ランナーがたまった大量点が入る場面での勝負強さが欲しいところでしょう。

チャンスでの粘り強さが出てくれば、さらに中日ドラゴンズの打線爆発のキーになれる存在になれるでしょう。これから9月の戦いに向け、チャンスでのバッティングに注目していきましょう!

注目選手その5:大島洋平選手

地元名古屋出身の大島洋平選手は、昨シーズンサイクル安打を達成するなど、ますます中日ドラゴンズにとって欠かせない選手になっています。

今シーズンは開幕から絶好調で一時期は4割台を維持するなど活躍し、3、4月期には自身初の月間MVPを受賞しました。

シーズン後半に向けても好調を維持していて、現在の打率は.312と、自身3年ぶりの打率3割台キープの可能性も高まってきています。

盗塁数でも京田陽太選手と並ぶチームトップタイの21個を記録していて、足を使ってのチームへの貢献も非常に高くなっています。守備範囲の広さも評価されていて、昨シーズンまで続いている3年連続のゴールデングラブ賞の獲得も4年連続に伸ばすかもしれません。

これからの9月の試合に向け、中日ドラゴンズの打線、そして守備で、最も活躍が期待される選手であることは間違いありません。

クライマックスシリーズ進出へ中日ドラゴンズを応援しよう!

今回は中日ドラゴンズの2017年9月の試合日程と、注目選手を5人紹介しました。

ここ数年は中日ドラゴンズにとって苦しいシーズンが続いていますが、京田陽太選手のような期待の出来るルーキー選手が出てきたことは、これからの中日ドラゴンズにとっても明るい話題じゃないでしょうか。

チームの成績はもちろん、個人成績がどうなるのかも、9月の試合での楽しみの一つです。京田陽太選手の新人王獲得や、ゲレーロ選手のホームラン王獲得を期待して球場に足を運ぶのも楽しいでしょう。

そしてチームにとって最も重要なクライマックスシリーズ進出に向け、負けられない状況に追い込まれている中日ドラゴンズを、ファンも全力で応援していきましょう!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。