中日ドラゴンズ山井大介選手のプロフィール!記憶に残る完全試合リレー

2007年の日本シリーズ、北海道日本ハムファイターズ対中日ドラゴンズの優勝決定戦が「完全試合リレー」で、中日ドラゴンズが優勝したことを覚えていらっしゃいますか?この試合で、中日ドラゴンズの先発を務めていたのが山井大介選手です。あとアウト3つで、日本シリーズ初の完全試合達成となった山井大介選手。そんなプロフィールをもつ山井大介選手とは、どんな選手なのでしょうか。なぜ降板となったのでしょう。今回はそんな山井大介選手のプロフィールや経歴、これまでの成績や年俸、性格にも触れ、ご紹介させていただきます!

中日ドラゴンズ山井大介選手、偉大な記録を残す遅咲き右腕!

中日ドラゴンズから毎年リリースされる球団応援歌「燃えよドラゴンズ」。その「2007年日本一記念盤」には、「山井大介24の、アウトを岩瀬に託したぞ」という歌詞があります。

これはこの年、物議を醸し出した「日本シリーズ完全試合リレー」の先発投手、山井大介選手が8回までとった24のアウトを歌詞にしたものです。

9回表にあと3つのアウトを取れば、山井大介選手は、日本プロ野球史上初の初の「日本シリーズで完全試合を成し遂げた選手」になっていたかもしれません。

そんなプロフィールをもつ山井大介選手とは、どんな選手なのでしょうか。あと1回投げられれば偉業達成となった可能性がある状況での降板に、何を思っていたのでしょうか?

今回はそんな山井大介選手のプロフィールやこれまでの経歴、成績や年俸、真面目な性格にも迫り、ご紹介します!

中日ドラゴンズ山井大介選手のプロフィール

  • 名前   :山井大介(やまい だいすけ)
  • 生年月日 :1978年5月10日
  • 出身地  :大阪府豊中市
  • 身長   :179cm
  • 体重   :82kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投右打
  • 経歴   :神戸弘陵学園高→奈良産業大→河合楽器→中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ山井大介選手の経歴

学生~河合楽器時代

山井大介選手は小学校時代に「箕面スカイラーク」で捕手として野球を始めます。神戸弘陵高へ進学し、バント練習の際にたまたま投手を務めたところ、才能を見出され、投手へ転向。

高校時代に甲子園出場経験はなく、卒業後は奈良産業大を経て社会人野球チーム・河合楽器へ入社が決まります。

入社初年度の都市対抗野球大会で活躍し、チーム初優勝に貢献します。さぁこれから…というところで、河合楽器野球チームは休部してしまいました。

そのため、山井大介選手は社会人1年目ではありますが、特例措置でドラフト対象となります。

そして2001年ドラフト会議で、中日ドラゴンズから6位指名を受け入団が決まりました。

プロ入り

ルーキーイヤーの2002年、社会人からというプロフィールを持つ山井大介選手は、即戦力として期待を受けます。

サイドスローとオーバースローを併用するという変則投法で注目され、4月に中継ぎとしてプロ初登板。好投し、5月には初先発で初勝利をあげます。この年は31試合に登板し6勝。充実の1年を過ごしました。

翌2003年はサイドスローにフォームを固定しますが、逆にフォームを崩してしまいます。そのため二軍では最多勝をあげるなど好成績も、一軍登板は激減。

2004年後半にオーバースローに固定したことが功を奏し、一軍に復帰します。9月に初完封、その年の日本シリーズで初登板初先発勝利をあげます。

2005年の活躍に期待がかかりますがなかなか結果を残せず、後半は中継ぎとして活躍。2006年は右肩痛を発症し、一軍登板はありませんでした。

2007年は8月に2年ぶりの勝利をあげると、その後安定した投球を見せ、9月に初の月間MVPを受賞。

シーズン2位で終わった中日ドラゴンズはクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズへ進出しますが、山井大介選手は再び右肩痛を発症し、クライマックスシリーズでの登板はないまま、日本シリーズ第5戦に登板します。

伝説の継投!日本シリーズ

山井大介選手は、2007年日本ハムファイターズ対中日ドラゴンズの日本シリーズ第5戦に先発します。すると試合は、8回まで1人の走者も出さない完全試合ペースで進みます。

今は同じ中日ドラゴンズに所属し、当時は日本ハムファイターズに所属していたプロフィールを持つ工藤隆人選手は、山井大介選手の投球を

「迫力があるわけではないのですが、キレが抜群で、気がつけば5回、7回、おいおい、まずいよ…と思ったときは、もう遅かった」「わかっていても捉えられなかった。結局あっという間に8回になってしまった」と語ります。

そして迎えた9回、マウンドには山井大介選手ではなく、中日ドラゴンズ抑えの岩瀬仁紀選手があがっていました。

岩瀬仁紀選手は9回を三者凡退に抑え、中日ドラゴンズが日本一に輝きました。

継投による完全試合はレギュラーシーズンも含め、日本プロ野球史上初。この采配をめぐって、賛否両論、いろいろな意見が巻き起こりました。

山井大介選手の思い

この時山井大介選手は、手のマメを潰していました。8回表が終わると、当時の森繁和コーチ・落合博満監督に「いけるか」と聞かれた山井大介選手は、自ら交代を申し出たといわれています。

事の真相は今となってはわかりませんが、中日ドラゴンズ54年ぶりの日本一がかかった試合で、自分の記録達成よりチームの日本一を優先させるという苦渋の決断は、

その後の山井大介選手を、人間的にも野球人としても、大きく成長させてくれたのではないでしょうか。

山井大介選手は後日、森繁和・元コーチに「あの時僕が『行けます』と言ったらいかせてくれましたか?」と質問し「もちろん、いかせたさ」と答えています。

 

その後、山井大介選手は度々故障を発症し、肩・肘に負担のかからないフォームに変えたり、ポジションも先発・中継ぎ・抑えと、全てのポジションをこなす、オールマイティーな活躍をみせます。

そして6年後の2013年、山井大介選手は横浜DeNAベイスターズ戦で、史上77人目のノーヒットノーランを達成します。

この時のインタビューで日本シリーズの継投のことを聞かれ「あの頃の山井とは別人ですから」と答えています。

その後は2014年に最多勝・最多勝率のタイトルを受賞、2015年は開幕投手も務め、1000投球回数を達成。

投手として一回りも二回りも大きくなったその姿は、まさに唯一無二の輝きを放っていました。

中日ドラゴンズ山井大介選手の特徴

日本シリーズの時の工藤隆人選手のコメントにもあるように、山井大介選手の投球は圧倒的な力で相手をねじ伏せる、というタイプではありません。

打者ひとりひとりを、キレのあるスライダーとストレート、変化球を駆使して打ち取っていくスタイル。

ただし、河合楽器の村瀬監督曰く「大事な試合にその調子が来るかはわからない」と、ある意味、投げてみないとわからないところがあると聞きます。

そんなところを山井大介選手は「僕はたぶん完璧主義者なんです。気になると頭の中からシャットアウトできない。いいときは思考で前向きに修正できるけど、悪いなりに、という投球ができるようにならないと」と、環境や体調の微妙な変化が影響してしまうことを語ります。

その後、右肩痛や右ひじ痛を度々発症し、肩・肘に疲れの貯まりにくいフォームに変更し、それと共に投球スタイルも変化。

かつての決め球スライダーと決別し、ストレートとフォーク、変化の小さなスライダーとカーブを組み合わせるスタイルに変化を遂げました。

中日ドラゴンズ山井大介選手の性格

ここまでのプロフィールでもわかりますように、山井大介選手の性格は真面目な完璧主義者な面があります。

また、プライベートでも真面目で一途な一面があるらしく、山井大介選手の奥様は、少年野球時代に近所に住み、仲の良かった幼馴染の女性です。

子供の頃仲の良かった二人ですが、奥様は小学校途中にご両親の仕事の都合で、愛知へ転校。転校後は同窓会で会う程度だったんだとか。

その後、山井大介選手が中日ドラゴンズへ入団し、愛知へ。偶然の再会を果たし、4年のお付き合いを経て結婚に至ったそうです。

離れ離れになった幼馴染との運命の再会からご結婚されるなんて、なんだかロマンティックですよね。

中日ドラゴンズ山井大介選手の成績・年俸

契約金8000万、年俸1200万で中日ドラゴンズと契約した、山井大介選手の成績と年俸です。

  • 2002年
    登板数31 投球回84.2 6勝3敗0セーブ
    防御率3.93 奪三振68 年俸1200万
  • 2003年
    登板数4 投球回5.2 0勝0敗0セーブ
    防御率4.76 奪三振3 年俸2000万
  • 2004年
    登板数8 投球回27.0 2勝1敗0セーブ
    防御率3.33 奪三振31 年俸1650万
  • 2005年
    登板数27 投球回106.2 3勝5敗1セーブ2ホールド
    防御率4.13 奪三振90 年俸2000万
  • 2006年 一軍登板なし 年俸2400万
  • 2007年
    登板数14 投球回83.0 64勝敗0セーブホ0ールド
    防御率3.36 奪三振56 年俸1900万
  • 2008年
    登板数2 投球回9.0 0勝1敗0セーブ0ホールド
    防御率1.00 奪三振10 年俸3200万
  • 2009年
    登板数17 投球回36.2 0勝4敗2セーブ2ホールド
    防御率6.38 奪三振29 年俸2400万
  • 2010年
    登板数19 投球回110.1 7勝4敗0セーブ1ホールド
    防御率3.75 奪三振84 年俸2100万
  • 2011年
    登板数10 投球回45.2 3勝3敗0セーブ1ホールド
    防御率4.34 奪三振35 年俸4200万
  • 2012年
    登板数56 投球回101.0 4勝3敗15セーブ13ホールド
    防御率6.38 奪三振80 年俸3600万
  • 2013年
    登板数23 投球回97.2 5勝6敗0セーブ1ホールド
    防御率4.15 奪三振63 年俸8000万
  • 2014年
    登板数27 投球回173.2 13勝5敗0セーブ0ホールド
    防御率3.21 奪三振103 年俸6000万
  • 2015年
    登板数33 投球回140.0 4勝12敗2セーブ5ホールド
    防御率3.92 奪三振79 年俸1憶2000万
  • 2016年
    登板数33 投球回63.2 1勝8敗0セーブ7ホールド
    防御率4.52 奪三振45 年俸1憶2000万
  • 2017年
    登板数2 投球回12.0 2勝0敗0セーブ0ホールド
    防御率1.50 奪三振5 年俸1憶2000万

中日ドラゴンズ山井大介選手、漢気溢れる選手の未来に期待!

2014年、FA権を取得した山井大介選手は、悩んだ末、中日ドラゴンズへ残留を決めます。

当時の心境を山井大介選手は「高校も大学も社会人もプロも、誰かに選んでもらったり拾ってもらったりして、これまでの野球人生で自分で選択するということがなかった」 と語り、眠れない日々を過ごしたそうです。

しかし残留を決めたのは、当時の落合博満GMの山井大介選手を思っての「FAしていいぞ」という言葉だったそうです。

この時、最多勝受賞のプロフィールを持つ山井大介選手には、複数球団からの話があったといいますが、山井大介選手は「愛着のある球団が、自分に見合うだけの条件を提示し、評価してくれた。充分です」とドラゴンズ愛を語り、残留。

そんな漢気を見せるベテラン山井大介選手の、今後の活躍に期待しましょう!

関連するオススメ記事

中日ドラゴンズ伊藤準規のプロフィール!蘇る未完の大器!

中日ドラゴンズ又吉克樹選手のプロフィール、独立リーグから世界へ!

【球場グルメまとめ】中日ドラゴンズ本拠地!ナゴヤドーム魅惑の人気グルメ、オススメをご紹介!

中日ドラゴンズ福田永将選手のプロフィール!竜の和製大砲覚醒へ!

あくなき闘志を燃やす!中日ドラゴンズ若松駿太選手のプロフィール!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。