【2017年】東京ヤクルトスワローズ注目のドラフト指名、8名の燕戦士のプロフィールをご紹介!

2015年を最後に、2年連続のBクラス、2017年はリーグ最下位となってしまった東京ヤクルトスワローズ。今季は、先発にもクリーンナップにも怪我人が続出し、苦しいシーズンとなりました。そんなチームを立て直すべく、今年もドラフト会議にファンの注目が集まりました。そんな未来の燕戦士たちとは、どのようなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?今回は、2017年ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから指名された注目の選手たちのプロフィールやこれまでの経歴、各選手の特徴などをまとめてご紹介したいと思います!

【2017年】東京ヤクルトスワローズ、注目のドラフト選手たちのプロフィール!

2015年を最後に、2年連続のBクラス、2017年はリーグ最下位となってしまった東京ヤクルトスワローズ。

今季は先発にもクリーンナップにも怪我人が続出し、苦しいシーズンとなりました。そんなチームを立て直すべく、新監督に小川淳司監督が復帰。そして先日行われたドラフト会議にファンの注目が集まりました。

一巡目指名で7球団の指名が集まった、清宮幸太郎選手の抽選を外してしまった東京ヤクルトスワローズは、次の指名で村上宗隆選手を指名。

読売ジャイアンツ・楽天ゴールデンイーグルスとの3球団での再抽選が行われ、見事交渉権を獲得しました。

村上宗隆選手をはじめとする、総勢8名の大切な未来の燕戦士たち。今回入団が決まった選手たちとは、どのようなプロフィールをもつ選手なのでしょうか?

今回は、2017年ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから指名された注目の選手たちのプロフィールやこれまでの経歴、各選手の特徴などをまとめてご紹介したいと思います!

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト1位:村上宗隆

  • 名前   :村上宗隆(むらかみ むねたか)
  • 生年月日 :2000年2月2日
  • 出身地  :熊本県
  • 身長   :187cm
  • 体重   :93kg
  • ポジション:捕手
  • 投球・打席:右投左打
  • 経歴   :九州学院高

「肥後の和製ベーブ・ルース」とも呼ばれる村上宗隆選手は、強肩とパワフルな打撃が持ち味で、九州学院高では1年春から四番として甲子園出場に貢献してきた選手。

2年秋からキャプテンを務め、最後の夏は惜しくも県大会決勝で敗退となりました。

しかし1年生の頃から注目を集めてきた村上宗隆選手の評価は変わらず、世代を代表する強打の捕手というプロフィールから、東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けました。

高校通算52本塁打の打撃はパワーだけでなく柔軟性もあり、逆方向へも長打を放つことが可能。将来の「古田二世」として、期待が高まります!

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト2位:大下佑馬

  • 名前   :大下佑馬(おおした ゆうま)
  • 生年月日 :1992年7月6日
  • 出身地  :広島県
  • 身長   :179cm
  • 体重   :84kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投左打
  • 経歴   :崇徳高→亜細亜大→三菱重工広島

最速150キロのストレートを誇り、スライダー・カーブ・カットボール・チェンジアップなど、多彩な変化球を持つ本格派右腕。

制球力も良い即戦力選手と言われ、2017年はセ・リーグワーストのチーム防御率となってしまった東京ヤクルトスワローズでは、早速来季からの先発ローテーション入りが期待されています。

崇徳高では2年春から実質エースを務め、甲子園出場こそありませんでしたが、当時よりスカウトの注目を集め、亜細亜大では1年秋よりリーグ戦に出場。

三菱重工広島へ入社後、初年度から活躍をみせ、再び注目を集めました。

横浜・山崎康晃選手、広島・薮田和樹選手とは、大学時代の同級生。「早く追いつき、追い越せるように頑張りたい」と決意を語っています。

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト3位:蔵本治孝

  • 名前   :蔵本治孝(くらもと はるたか)
  • 生年月日 :1995年5月16日
  • 出身地  :兵庫県
  • 身長   :185cm
  • 体重   :95kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投右打
  • 経歴   :神戸国際大付高→岡山商大

最速151キロの威力あるストレートをパワフルに投げ込む大型右腕。高校時代は外野手に転向し、大学で投手に再転向しますが、2年時に右ひじを痛め、トミー・ジョン手術で1年間の休養を余儀なくされるというプロフィールをもちます。

しかし4年春に見事復帰を果たし、岡山商大のリーグ優勝に大きく貢献し注目を集めました。

東京ヤクルトスワローズでは2度のトミー・ジョン手術から復活した館山昌平選手の例もあり、手術の件は問題ないと判断。何よりも強気なマウンドさばきと重いストレートは最大の魅力です!

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト4位:塩見泰隆

  • 名前   :塩見泰隆(しおみ やすたか)
  • 生年月日 :1993年6月12日
  • 出身地  :神奈川県
  • 身長   :179cm
  • 体重   :77kg
  • ポジション:外野手
  • 投球・打席:右投右打
  • 経歴   :武相高→帝京大→JX-ENEOS

両親譲りの類いまれな身体能力に恵まれ、走攻守三拍子そろった即戦力選手として、東京ヤクルトスワローズのスカウトが高校2年の頃から注目していたというプロフィールをもつ塩見泰隆選手。

大学時代にもプロ野球を目指しますが、度重なる怪我により断念。

JX-ENEOS入社後はその俊足から、広い守備範囲と安定した盗塁技術が評価されていました。

またパンチのある打撃力も魅力のひとつで、今後はミート力も合わせて鍛え、強打のヤクルト打線に割って入る期待がかかります。

【2017年】東京ヤクルトスワローズ5位:金久保優斗

  • 名前   :金久保優斗(かなくぼ ゆうと)
  • 生年月日 :1999年11月4日
  • 出身地  :千葉県
  • 身長   :180cm
  • 体重   :72kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投左打
  • 経歴   :東海大市原望洋高

高校2年の夏の大会からエースとして活躍し、5回参考記録ながらノーヒットノーランを記録するというプロフィールをもちます。

この活躍で一躍注目を集め、3年春の選抜では自身最速の147キロを記録。試合は延長14回の末敗れましたが、10奪三振・完投の力投を見せました。

コントロールが良く、カーブ・スライダー・フォークなどの変化球も評価が高いため、バランスの取れた選手と言われています。

将来の東京ヤクルトスワローズを支える選手へまずはプロで戦える身体を作り、将来が楽しみな選手です。

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト6位:宮本丈

  • 名前   :宮本丈(みやもと たけし)
  • 生年月日 :1995年4月3日
  • 出身地  :大阪府
  • 身長   :181cm
  • 体重   :79kg
  • ポジション:内野手
  • 投球・打席:右投左打
  • 経歴   :履正社高→奈良学園大

履正社高では1年秋からベンチ入り。甲子園は2年春の選抜に代打で1打席、3年春の選抜は初戦敗退。

大学では1年春から遊撃手のレギュラーとして活躍し、4年春までにベストナイン6度、首位打者3度、6度のリーグ優勝に貢献し注目を集めました。

パンチのある打撃と俊足が武器というプロフィールをもつ大型遊撃手。将来のレギュラー候補としてのドラフト指名に、期待が高まります。

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト7位:松本直樹

  • 名前   :松本直樹(まつもと なおき)
  • 生年月日 :1993年10月13日
  • 出身地  :香川県
  • 身長   :178cm
  • 体重   :85kg
  • ポジション:捕手
  • 投球・打席:右投右打
  • 経歴   :丸亀高→立教大→西濃運輸

立教大時代は控え捕手に甘んじるも、強肩を活かた素早い送球で高い盗塁阻止率を誇る守備型捕手です。

社会人でその才能を開花させ、西濃運輸では初年度よりレギュラーの座を勝ち取っています。

課題の打撃を強化し、東京ヤクルトスワローズ将来の神宮の要として注目しましょう。

【2017年】東京ヤクルトスワローズドラフト8位:沼田巧巳

  • 名前   :沼田拓巳(ぬまた たくみ)
  • 生年月日 :1994年3月4日
  • 出身地  :愛知県
  • 身長   :185cm
  • 体重   :88kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投右打
  • 経歴   :大垣日大高→名古屋産業大→エディオン愛工大OB BLITZ→ドジャース傘下マイナー→石川ミリオンスターズ

恵まれた体格から最速155キロの速球を繰り出す本格派右腕。注目すべきは波乱万丈の野球人生です。

大垣日大高時代は控えに甘んじ、名古屋産業大は1年夏に中退。クラブチームエディオン愛工大BLITZを経てドジャースとマイナー契約を結びます。

しかし所属チームから除名抹消をしないまま契約したため、規約違反で社会人での再登録を認めないという最も重い処分を受けました。

石川ミリオンスターズでは1年目から8勝をあげ、実力は折り紙付きもドラフトでは過去2度の指名漏れというプロフィールをもちます。

3度目の正直でプロ野球へ。今後の活躍に注目です。

【2017年】東京ヤクルトスワローズ注目のドラフト指名選手を応援しましょう!

(出典:ぱくたそ-フリー写真素材より)
今回は2017年東京ヤクルトスワローズのドラフト指名選手、8名の気になるプロフィールや経歴をご紹介させていただきました。

東京ヤクルトスワローズの今回のドラフトは、清宮幸太郎選手を一巡目の抽選で外すも、強打の高校生捕手である村上宗隆選手の交渉権を獲得できたことで、将来のチーム作りが大きなスケールとなる、可能性たっぷりの若手と即戦力のドラフトとなりました!

今後心配となる遊撃手の指名や、かねてから懸念材料となっていた外野手の指名が出来たことは、チームにとってもファンにとっても、未来に大きく期待を持てる指名だったと思います。

大きく羽ばたく燕戦士たちに注目しましょう!

関連するオススメ記事

【2017年】中日ドラゴンズ注目のドラフト指名、8名の竜戦士のプロフィール!

【2017年】千葉ロッテマリーンズ注目のドラフト指名選手、8名のプロフィールをご紹介!

東北楽天ゴールデンイーグルスの2017年ドラフト指名選手!10人のプロフィールを一挙紹介!

広島東洋カープの2017年ドラフト指名選手!9人のプロフィールを一挙紹介!

阪神タイガースの2017年ドラフト指名選手!7人のプロフィールを一挙紹介!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。