【パリーグCS】2017年クライマックスシリーズ!ファイナルステージ出場チームが決定!

クライマックスシリーズファイナルステージの出場権をかけて、パリーグ2位の埼玉西武ライオンズとパリーグ3位の東北楽天ゴールデンイーグルスが激突しました。 そしてついにファイナルステージ出場チームが決定!当日の試合のレポートを紹介します。 果たして福岡ソフトバンクホークスに挑むのはどちらのチームなのか、ファイナルステージの開催概要と合わせてチェックしてください!

2017年クライマックスシリーズファイナルステージ出場チーム決定!

2017年10月16日、パリーグのクライマックスシリーズファーストステージが終了、ファイナルステージにコマを進めるチームが決定しました。

ファイナルステージの切符をかけて争うのはパリーグ2位の埼玉西武ライオンズ、パリーグ3位の東北楽天ゴールデンイーグルスの2チーム。

1勝1敗で迎えた第3戦で勝利を収めたチームがファイナルステージへコマを進めることになります(引き分けの場合は2位の埼玉西武ライオンズ)、果たしてどちらが勝利を収めたのでしょうか。

試合の詳細をファイナルステージの日程などと合わせて紹介します。

ファーストステージ3戦目西武VS楽天戦レポート

両チームの先発は?

勝利チームがファイナルステージへ駒を進める大事な試合、先発は西武が野上亮磨投手、楽天が美馬学投手です。

野上投手は今シーズン24試合に登板し11勝10敗、防御率が3.63、対する美馬投手は26試合に登板し11勝8敗、防御率が3.26です。

1回表楽天がチャンスを活かす

立ち上がり制球が定まらない西武の野上投手、先頭打者の茂木選手に四球を与え、続く藤田選手が手堅く送ります。

銀次選手を三振に取り2アウトとしますがペゲーロ選手、島内選手連続四球、2アウト満塁のピンチを背負う。

ここで打席に入るのは楽天のムードメーカーで怖いバッターのウィーラー選手、ウィーラー選手の打った打球は決して当りはよくありませんでしたがしぶとく内野安打で楽天が1点を先制します。

続く岡島選手を三振に打ち取った野上選手、最少失点で切り抜けました。

1回裏秋山選手が3塁打

1点を追う西武は1回の裏先頭打者の秋山選手が3塁打を放ちチャンスを作ります、しかし後続が続かずに無得点に終わりました。

4回表ミスから楽天追加点

4回表西武ライオンズにミスが出ます、ヒットで出たウィーラー選手を藤田選手が犠打で送り2塁へ。

野上投手が桝田選手に投げたボールがワンバウンド、キャッチャーの炭谷選手がボールを見失っている間に2塁にいたウィーラー選手が一気にホームへ生還!

試合は楽天の2点リードとなります。

5回裏西武の反撃

5回裏、西武は先頭の栗山選手がヒットで出塁、続く中村選手もセンター前にポトリと落ちるヒットを放ち1・2塁のチャンスを作ります。

外崎選手が犠打をしっかりと決め、炭谷選手が犠牲フライを放ち1点獲得、2-1と1点差に迫ります。

続く秋山選手は美馬選手から交代した高梨選手が抑えこの回西武の得点は1となりました。

両チーム好投手でつなぐ

6回以降、西武は牧田選手、高橋朋美選手とつなぎ、楽天は宋家豪選手、ハーマン選手、福山投手とつなぎます。

両者負けられない戦いという試合にふさわしい継投です。

ウィーラー選手特大ホームラン

両者追加点が欲しい展開の8回表、シュリッター選手からウィーラー選手が特大ホームランを放ちます。

ウィーラー選手はこの試合3安打目、ムードメーカーが大事な試合で大活躍です!

桝田選手の2ランホームラン

ウィーラー選手のホームランで気落ちしたのか、シュリッター選手が岡島選手に四球を与えます。

そして本日8番DHで起用された桝田選手が2ランホームランを放ちました。

この試合桝田選手も3本目の安打となりました。

8回表が終了して楽天が4点のリードを奪いました。

最終回守護神松井祐樹投手がマウンドへ

5-1と楽天4点リードで迎えた最終回、マウンドへ上がったのは守護神の松井祐樹投手。

先頭の浅村選手がホームランを放ち5-2、西武の追い上げが始まります。

続く金子選手、中村選手は連続三振、2アウトとなり打席に立つのは外崎選手。

外崎選手を内野ゴロに打ち取り東北楽天ゴールデンイーグルスが勝利、ファイナルステージ進出を決めました!

2017年パリーグクライマックスシリーズファイナルステージ開催概要

(画像;photoAC

2017年の日本シリーズ出場権をかけた2017年パリーグクライマックスシリーズファイナルステージの開催概要を紹介します。

開催地はパリーグ1位の福岡ソフトバンクホークスの本拠地のヤフオクドーム、そして福岡ソフトバンクホークスには1勝のアドバンテージが与えられ、先に4勝したチームが勝ち抜けとなります。

日程

2017年10月18日~10月23日(10月24日・25日は予備日)

会場

ヤフオクドーム(福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2−2)

アクセス

  • 唐人町駅3番出口より福岡ヤフオクドームまで徒歩で約15分

パリーグクライマックスシリーズファイナルステージの勝者はどちらになるのか注目!

2017年パリーグクライマックスシリーズファーストステージの最終戦の詳細、ファイナルステージの開催概要などを紹介しました。

パリーグを圧倒的な力で優勝した福岡ソフトバンクホークスを、ファイナルステージを勝った勢いに乗る東北楽天ゴールデンイーグルスが打ち破ることができるのか?

注目のファイナルステージを見逃さないようにしましょう!

クライマックスシリーズの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。