右の和製大砲!!一発で魅了する阪神タイガース陽川尚将選手のプロフィール紹介

金本知憲監督率いる阪神タイガース。2016年からスローガンを超変革とし、若手中心の起用でした。そんな若手選手の中でパワーといったら三塁手の陽川尚将選手でしょう!その魅力あるパワーを武器に4月15日に一軍初出場を果たすと、初打席で安打を放ち存在感を見せつけました。そして、同月の29日に逆転打となる一軍初ホームランを放ちお立ち台に!その2軍では球団史上初の3冠王に迫る活躍を見せ本塁打と打点の2冠を達成。そんな阪神タイガース陽川尚将選手を紹介します!

右の和製大砲!阪神タイガースの陽川尚将選手

金本知憲監督率いる阪神タイガース。2016年からスローガンを超変革とし、世代交代をテーマに若手中心の起用で143試合中126通りのスタメンを組みました。そんな若手選手の中でパワーといったら三塁手の陽川尚将選手でしょう!その魅力あるパワーを武器に4月15日に一軍初出場を果たすと、初打席で安打を放ち存在感を見せつけました。そして、同月の29日に逆転打となる一軍初ホームランを放ちお立ち台に!その後調子を落とし2軍に降格するも、2軍では球団史上初の3冠王に迫る活躍を見せ本塁打と打点の2冠を達成。

2017年は新人選手の加入や阪神タイガースの顔である鳥谷敬選手が三塁手へコンバートとなり、三塁手争いが激化。その為春のキャンプは外野手転向を視野に入れ、掛布雅之二軍監督の方針で2軍キャンプ組となった。しかし、7月8日に一軍に昇格して安打も放ったが西岡剛選手の復帰により2軍へ降格。その後は2軍での出場に甘んじていますが、本塁打16本、打点71と昨年に続く2冠王を視野に入れています(9月1日時点)。シーズン終盤で広島カープとの首位争いを繰り広げている阪神タイガース。陽川尚将選手が一軍に昇格し逆転Vへの起爆剤になるか!?阪神タイガース陽川尚将選手に期待です。

今回はそんな阪神タイガース陽川尚将選手のプロフィールや経歴、成績、年俸、性格など和製大砲陽川尚将選手に迫ります!

阪神タイガース陽川尚将選手のプロフィールと経歴

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 陽川 尚将(ようかわ なおまさ)
  • 出身 : 大阪府大阪市
  • 経歴 : 金光大阪高等学校

-東京農業大学

-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1991年7月17日
  • 身長 : 180 cm
  • 体重 : 85 kg
  • 投球・打席 : 右投右打
  • 守備位置 : 内野手、外野手
  • 背番号 : 55

小学校・中学校時代

小学校2年生の時に関目東ライオンズで三塁手として野球を始めました。中学校時代には大阪都島で投手兼三塁手を務めていました。

高校時代

金光大阪高校へ進学すると、1年生夏に背番号15でベンチ入り。2年生春から遊撃手としてレギュラーを確保すると3年生の春には甲子園に出場しました。高校通算36本塁打を放ち長打力が評価され2009年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから育成ドラフト3巡目で指名されました。しかし、育成枠でのプロ入りはするつもりはなかったと、その指名を拒否し大学へ進学することにしました。

大学時代

東京農業大学では1年生の春からリーグ戦に出場。主に三塁手として出場し、リーグ通算109安打、23本塁打、51打点を記録して、注目選手に。2013年のドラフトでは、本人は球団問わず4巡目以下の順位で指名された場合は社会人へ進むことを事前に表明していました。しかし阪神タイガースが3巡目で指名し、阪神タイガースに入団することになりました。本人は阪神タイガースファンで入団出来て良かったとコメントしています。

阪神タイガースの陽川尚将選手はどんな選手?

魅力的なパワー!!

陽川尚将選手の魅力はなんといってもあのパワーでしょう!!1軍ではまだ通算2本塁打ですが、2軍ではホームランを量産しています。今2軍で一番ホームランを打てる選手は陽川尚将選手でしょう!掛布雅之2軍監督からは4番は陽川尚将選手から動かさないと言われており、将来の阪神タイガースの4番として期待されていることがわかります。

課題の守備

打撃は魅力的ですが守備には課題があります。2軍では三塁手として2014年に71試合で12失策と精細を欠き課題が浮き彫りになりました。その後、2015年は53試合で5失策、2016年は64試合で5失策、2017年は31試合で5失策と少なくはなりましたが、まだまだ課題として残っています。しかし2017年は外野手への挑戦をしており、外野手出場は47試合で失策0と安定感を見せており、外野手の道が見えたと言って良いでしょう。

性格は?

陽川尚将選手は「悔しいことがあっても、めげずにやっていればいつかぬくわれ結果が出る。そう信じて練習しています。」とコメントしています。入団1年目は内科的疾患という病気で入院したり、2年目には左肩の脱臼と満足できるシーズンではありませんでした。そんな悔しい思いをばねにして3年目には2軍の2冠王になり、一軍でもホームランを打つなど大きく成長出来たのは、この真面目な性格があってこそだったのではないでしょうか。

阪神タイガース陽川尚将選手の成績と年俸は?

  • 2014年の成績と年俸

一軍  出場無し

二軍  試合 98  打率 .241 本塁打 6  打点 38

  盗塁 1 出塁率 .297 OPS .673

年俸 840万円

  • 2015年の成績と年俸

一軍  出場無し

二軍  試合 54  打率 .213 本塁打 3  打点 16

  盗塁 0 出塁率 .272 OPS .485

年俸 840万円

  • 2016年の成績(9月2日時点)と年俸

一軍  試合 29  打率 .167 本塁打 2  打点 4

  盗塁 0 出塁率 .221 OPS .471

二軍  試合 78  打率 .301 本塁打 14  打点 62

  盗塁 2 出塁率 .357 OPS .886

年俸 800万円

  • 2017年の成績(9月1日時点)と年俸

一軍  試合 2  打率 .333 本塁打 0  打点 0

  盗塁 0 出塁率 .333 OPS .666

二軍  試合 96  打率 .263 本塁打 16  打点 71

  盗塁 3 出塁率 .349 OPS .809

年俸 900万円

一年目から2軍の試合の多くに出場しましたが、2年目に怪我もあり成績は低迷。しかし、3年目の2016年には2軍で本塁打と打点の2冠王になり、打率も3位だったことからあと少しで球団史上初の3冠王という好成績を残しました。2017年は打率が落ちていますが、現時点では本塁打と打点の2部門でトップを走っており、2年連続の2冠王の可能性が高いです。

一軍では2016年に初昇格をして本塁打を放ちましたが、なかなか成績を残せず定着は出来ませんでした。2017年は出場2試合のみと熾烈なスタメン争いに後れを取っています。

阪神タイガース陽川尚将選手!今年もあの美しい放物線を見せられるか!?

8月好調だった阪神タイガースですが、まだまだ優勝を狙える位置にいます。広島カープとの首位争い、9月に入りより厳しい試合が続きます。さらにその先にはプレーオフや日本シリーズがあります。逆転Vにはそろそろ新たな起爆剤が欲しいところ!ここ最近は調子を上げてきて本塁打を打っている陽川尚将選手。逆転優勝の起爆剤としての昇格があるかもしれません。ファンは阪神タイガース陽川尚将選手のあの美しい放物線を待ち望んでいることでしょう!

(出展:足成

おすすめ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。