脳腫瘍から復帰!!将来の4番候補!阪神タイガース横田慎太郎選手のプロフィール紹介

2016年の阪神タイガース。金本知憲監督は超変革の下、若手選手を積極起用しました。横田慎太郎選手は3月25日の初の1軍戦で初盗塁、26日には初安打を記録し期待に応えました。2017年は春季キャンプを1軍でスタートしましたが、途中で頭痛により帰阪。9月3日に脳腫瘍で入院と治療をしていたことが報道されました。横田慎太郎選手は「甲子園で走り回る姿を見せたい」という言葉で復活に意欲を見せています!今回はそんな阪神タイガース横田慎太郎選手のプロフィールや経歴、成績や年俸、性格などに迫ります!

将来の4番候補阪神タイガース横田慎太郎選手

チームスローガンに「超変革」を掲げる2016年の阪神タイガース。金本知憲新監督はこの「超変革」の名の下、若手選手を積極起用しています。その若手の中で阪神タイガースファンが驚いたのは開幕スタメンを勝ち取った横田慎太郎選手でしょう!
これまで1軍経験が無かった横田慎太郎選手ですが、春季キャンプから絶好調でオープン戦では規定打席選手の中で最高打率を記録しました!
そして3月25日、初の1軍戦を開幕戦2番スタメンで迎えるとこの日初盗塁を記録。26日には初安打と期待に応えました。以降は打撃を崩し1軍と2軍を往復していましたが、6月下旬以降は1軍昇格はありませんでした。

2017年は同じ外野手で実績のある糸井嘉男選手の加入で外野手争いが厳しくなりました。前年に続き春季キャンプを1軍でスタートし、出場機会を求め一塁の守備にも挑戦しました。
しかし、キャンプ途中で頭痛による体調不良で2月11日に帰阪。その後は横田選手が復帰したという報道も無く、約半年間にわたり横田慎太郎選手に関する情報が一切ありませんでした。
その間はファンも心配し、重病説やうつ病説等のうわさが出たり、大阪大学病院で目撃されたことがtwitterでつぶやかれたりと様々な情報が飛び交いました。

そして、9月3日に脳腫瘍による入院と治療をしていたことが報道されました。ファンは安否が確認出来ほっとしたのと同時に復帰できるのか?と心配したことでしょう!
しかし、横田慎太郎選手は「必ず復活して、甲子園で走り回る姿を見せたいと思います」という前向きなコメントでファンを安心させてくれました。金本知憲監督も「まずはひと安心というのが正直なところ。ここからは時間がかかるだろうけど復帰に向け横田も頑張ってくれると思います」とコメントしました。
すでに寮に戻りグランドに出て練習もスタートしています。また活躍する姿を見たい!!と阪神タイガースファンは願っています!
今回はそんな阪神タイガース横田慎太郎選手のプロフィールや経歴、成績や年俸、性格など「阪神タイガースの将来の4番候補」横田慎太郎選手の魅力に迫ります!

阪神タイガース横田慎太郎選手のプロフィールと経歴

プロフィールと経歴概要

  • 名前 : 横田 慎太郎(よこた しんたろう)
  • 出身 : 鹿児島県日置市
  • 経歴 : 鹿児島実業高等学校

-阪神タイガース

  • 生年月日 : 1995年6月9日
  • 身長 : 187 cm
  • 体重 : 89 kg
  • 投球・打席 : 左投左打
  • 守備位置 : 外野手
  • 背番号 : 24

父さんはロッテオリオンズの元選手!

横田慎太郎選手の父親は、1980年代中盤にロッテオリオンズで活躍した横田真之氏です。横田真之氏も開幕戦への出場経験があり、NPB史上5組目、日本人野手に限れば長嶋茂雄氏、一茂氏に続く2組目となる「親子で一軍の開幕戦に先発出場」の記録を達成しました。

小学校・中学校時代

湯田小学校3年生の時に東市来町湯田ソフトボール少年団でソフトボールを始めました。東市来中学校では軟式野球部に所属しました。

高校時代

鹿児島実業高等学校へ進学後は、1年生の秋から4番打者を任されました。3年生時には投手を兼任し、140kmを超える速球を武器にエースとしても活躍しました。高校通算29本塁打を記録する等打撃でも活躍をしましたが、夏の大会で2年連続決勝で負けるなど甲子園への出場は果たせませんでした。

体格の良さと身体能力の高さを評価され、2013年のドラフト会議で阪神タイガースから2巡目で指名を受け、入団となりました。なお背番号24は阪神タイガースファンに人気の桧山進次朗選手が使用していた番号です。これを受け継ぐという事は相当に期待されていたことがわかります。

阪神タイガース横田慎太郎選手はどんな選手?

糸井嘉男2世!?

身長186センチ、体重92キロと体のサイズがほぼ同じであることに加え、長打力と脚力を併せ持つことで「糸井嘉男2世」と呼ばれることもある横田慎太郎選手。身体能力が非常に高いです。
阪神タイガース入団直後の体力測定で170kgを記録した背筋力が2014年オフには220kgに増え桁外れのパワーを持っています。さらに、走力は50走6秒1とプロ野球選手の中でもトップクラスの脚力を持っています。そして、高校時代に投手をしていて140kmを超える速球を投げていたこともあり、遠投105mとプロ野球選手の中でもトップクラスの強肩の持ち主です。
将来は糸井嘉男選手以上に活躍する選手になって欲しいですね!

将来は4番打者!?

2016年シーズンは開幕1軍スタメンでしたが、途中で打撃を崩し2軍へ降格してしまいました。
しかし、そんな中でも掛布雅之2軍監督は「長距離打者として育てたい」と横田慎太郎を4番スタメンで使い続けました。掛布雅之2軍監督は就任前の2015年に当時2年目の横田慎太郎選手の打撃を見て「高卒・2年目・左打ちの外野手としては当時の松井秀喜以上」と絶賛するほどでした。
将来は松井秀喜選手のような4番打者になって欲しいという掛布雅之2軍監督の思いが伺えますね!

性格は?

横田慎太郎選手の性格は天然タイプで有名です!入団会見では「24番という素晴らしい番号にふがいない結果を残していこうと思っています」とコメントしてしまいました。さらに人差し指を出して「薬指が痛いんです」と言ったり、トレーナーに横田選手に肘を痛めているのかと触られ「やめて下さい!僕のこの肘は親にも触られたことないんですよ」と手を払ったそうです。
横田慎太郎選手にはこのようなエピソードが沢山あるんですね。この天然ぶりも糸井嘉男選手に負けていませんね!!

阪神タイガースの横田慎太郎選手の成績と年俸は?

1軍と2軍の成績

一軍
年度 試合 打率 本塁打 打点 盗塁 OPS
2016 38 .190 0 4 4 .430
二軍
年度 試合 打率 本塁打 打点 盗塁 OPS
2014 79 .225 6 23 6 .658
2015 103 .213 9 36 9 .595
2016 79 .261 5 35 15 .689

年度別年俸の推移

年度 所属チーム 年俸
(万円)
2014 阪神タイガース 720
2015 阪神タイガース 720
2016 阪神タイガース 720
2017 阪神タイガース 870

2014年の高卒1年目から2軍戦で79試合も出場しています。通常は高卒1年目だと体力作りから始めるので試合への出場は少なくなりますが、これでけ出場しているので相当期待されていることがわかります。そして1年目から6本のホームランを打っており、打撃センスが非常に高いことがわかります。
2015年には打率は少し落ちましたが、9本ものホームランを打ち長打力を発揮しました。
2016年は開幕1軍スタメンに大抜擢!打撃面では打率.190と活躍できませんでしたが、39試合で4盗塁と走力では1軍で通用することを示してくれました。2軍へ降格してからは4番打者として出場し好成績を残し、特に打率は前年から大きく向上、盗塁数も大きく増やし着々と成長していることがわかりますね!

阪神タイガース・横田慎太郎選手の専用応援歌完成!

開幕一軍を果たしスタメンとして活躍した横田慎太郎選手に、2016年4月、専用の応援歌(ヒッティングマーチ)が作られました。
気になる応援歌の歌詞は以下の通りです。

熱き闘志と勇気をバットに
今こそ羽ばたけそれ行け横田
「かっとばせー 横田ー」
(出典:阪神タイガース情報局より)

長打力を持ち味とする、横田慎太郎選手にぴったりの歌詞ですね。
この応援歌は4月26日に行われた巨人戦で7回裏に代打出場した際に初お披露目されました。
専用応援歌は一軍で活躍する選手にのみ作られるケースが多いことから、横田慎太郎選手の開幕からの活躍が評価されたといえるでしょう。
ファンからの期待も大きい横田慎太郎選手の専用応援歌をまた甲子園で歌えるよう、横田慎太郎選手には早く一軍に戻ってきてもらいたいところです。

脳腫瘍を乗り越えて!阪神タイガース横田慎太郎選手のプレーがまた見たい!!

2017年にキャンプで離脱してから全く情報がありませんでしたが、9月3日に脳腫瘍であったことが発表され安心したと同時に復帰できるのかファンは心配していることでしょう。これから復帰に向け辛いトレーニングで克服していかなければなりませんが、横田慎太郎選手なら乗り越えられるはず!
横田慎太郎選手が復帰して、新しく作られた専用応援歌を球場で歌いながら応援出来る日を待ちましょう!頑張れ阪神タイガース横田慎太郎選手!!

(出展:PAKUTASO

阪神タイガースの他の記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。