2017年阪神タイガース 外野残り1枠は誰の手に!?外野争いまとめ

2017年の阪神タイガース、ベテランの福留孝介とFAで新加入した糸井嘉男、彼ら2人を除いて残った外野枠は後1つ。その1つを手にするのは去年新人王を獲得した髙山俊か、それともオープン戦好調の中谷将大か、それとも…。阪神タイガースには魅力ある外野手が沢山います。今回は2017年阪神タイガースの外野争いについてまとめました。

残る枠は後1枠!阪神タイガースの外野手争い

挑む‼︎ オープン戦も始まり今年は何回観に行けるかな⚾️ #阪神タイガース #挑む

Kunimatsu Kazukiさん(@kazuki_k)がシェアした投稿 –

「挑む」をシーズンスローガンに掲げ2017年シーズンを始動している阪神タイガース。今シーズンはキャンプ前から金本監督が「レギュラーは福留と糸井だけ」と言ったこともあり各ポジションで熾烈な争いが行われています。

今回はその中でも阪神タイガースの外野手争いについてまとめてみました。

キャプテン就任:福留孝介

2017.3.14 京セラ 福留選手 #阪神タイガース #baseball #福留孝介

RYOさん(@visrk_ryo)がシェアした投稿 –

福留孝介のプロフィール

  • 名前:福留孝介(ふくどめこうすけ)
  • 背番号:8
  • 生年月日:1977年4月26日
  • 身長/体重:182cm/93kg
  • 投打:右投左打
  • 出身地:鹿児島
  • 経歴:PL学園高→日本生命→中日(99~07)→CHC(08~11)→CLE(11)→CWS(12)→NYY3A(12)→阪神(13~)

まずは外野のポジションを確約されている福留孝介について紹介します。メジャーリーグ経験もあり、2013年から阪神タイガースに加入した福留孝介は今シーズンからキャプテンの座にも就きました。

昨シーズンは2,000本安打の達成をし名球会入り、さらに史上最年長でサイクル安打も達成しています。2017年シーズンは40歳を迎えますがまだまだ衰えることを知りません。

FAで新加入:糸井嘉男

#阪神タイガース #糸井嘉男 ホームラン打った瞬間は撮り逃す無能っぷり。

できこさん(@dekiko03111519)がシェアした投稿 –

糸井嘉男のプロフィール

  • 名前:糸井嘉男(いといよしお)
  • 背番号:7
  • 生年月日:1981年7月31日
  • 身長/体重:187cm/88kg
  • 投打:右投左打
  • 出身地:京都
  • 経歴:宮津高→近畿大→日本ハム(04~12)→オリックス(13~16)→阪神(17~)

福留孝介と共に外野のポジションを確約されている糸井嘉男は昨シーズンオフにオリックスバファローズからFAで加入してきました。

走・攻・守すべてが揃った選手で、35歳だった昨シーズンは自身初の全試合出場を果たすとともに、打率はリーグ4位(.306)、出塁率は5位(.398)、17本塁打、70打点(いずれも自己2位)を記録。盗塁は53個を決め盗塁王に輝き、そのほかゴールデングラブ賞とベストナインも受賞しています。

2017年阪神タイガースに移籍してきて最初のキャンプイン前に右膝関節炎を発症し、キャンプこそ別メニュー調整で終わりましたが、オープン戦ではDH出場、さらにはセンターの守備にもついており開幕戦には間に合いそうです。

最有力候補:髙山俊

ヤクルトスワローズ戦 試合前練習 #オープン戦 #阪神タイガース #髙山俊 #高山俊 #神宮球場 #20170319

meg 🎃さん(@brilliant8blue)がシェアした投稿 –

髙山俊のプロフィール

  • 名前:高山俊(たかやましゅん)
  • 背番号:9
  • 生年月日:1993年4月18日
  • 身長/体重:181cm/86kg
  • 投打:右投左打
  • 出身地:千葉
  • 経歴:日大三高→明治大→2015年ドラフト1位

ポジションが確約されている福留孝介、糸井嘉男の他に外野手として最有力候補に挙がっているのが2年目の高山俊。高山俊は昨シーズン新人ながら1度も2軍に落ちることなく1軍に帯同し続け、134試合に出場を果たしました。

球団新人記録の136安打を放ち、長嶋茂雄に次ぐ新人歴代2位の猛打賞13度の活躍で新人王に選ばれました。今年は高山俊にとって勝負の2年目となります。2017年シーズンは体重を5キロ増量させ、3割20本を目標に掲げています。

OP戦絶好調:中谷将大

中谷将大のプロフィール

  • 名前:中谷将大(なかたにまさひろ)
  • 背番号:60
  • 生年月日:1993年1月5日
  • 身長/体重:187cm/89kg
  • 投打:右投右打
  • 出身地:福岡
  • 経歴:福岡工大附属城東高→2010年ドラフト3位

元々捕手としてプレイしていた中谷将大はその強肩と打撃力を活かす為に、阪神タイガースに入団してから外野手へと転向しました。2012年に1軍初出場を果たすもののその年は6試合に出場し10打数ノーヒット、4三振という結果に終わりその後も2軍生活が続きます。

2015年には1軍出場を再度果たし、1軍初ヒットも放ちましたが定着とはなりませんでしたが、この年にファーム優秀選手賞を受賞しています。2016年には掛布監督から打撃フォームの改造と指導を受け1軍で64試合に出場を果たし4本塁打、14打点、打率.266という自己最高を記録しました。

外野だけでなく1塁や3塁も守れることから、その他のポジションでの起用も考えられますが、外野手として残りの1枠に入ったり、福留や糸井の代わりに出場する可能性もあります。

一軍定着なるか:江越大賀

#阪神タイガース #江越大賀 #happybirthday #後ろの藤浪くんの遠近感おかしい

ちゃんはなさん(@standingdouble__)がシェアした投稿 –

江越大賀のプロフィール

  • 名前:江越大賀(えごしたいが)
  • 背番号:25
  • 生年月日:1993年3月12日
  • 身長/体重:182cm/80kg
  • 投打:右投右打
  • 出身地:長崎
  • 経歴:長崎海星高→駒澤大→2014年ドラフト3位

入団して早々1軍キャンプに帯同したり、オープン戦でホームランを放ったり、大きな期待を受けていた江越大賀ですが、1年目の2015年は56試合、2年目の2016年は72試合の出場に留まり、1軍と2軍を行ったり来たりする日々が続いています。

昨シーズンは3試合にまたがる3打席連続本塁打を達成し、1軍定着なるかと思われましたが打撃の好調の波が激しく4月下旬からは21打席連続無安打を経験し1軍定着とはなりませんでした。

足も速く、強肩・走力を活かした守備範囲の広さが持ち味の選手で、2017年シーズンこそは1軍定着が期待されます。

まだまだ魅力の多い外野手がいっぱい!

ユーティリティプレイヤー:俊介

  • 名前:藤川俊介(ふじかわしゅんすけ:登録名は俊介)
  • 背番号:68
  • 生年月日;1987年8月17日
  • 身長/体重:178cm/74kg
  • 投打:右投右打
  • 出身地:福岡
  • 経歴:広陵高→近畿大→2009年ドラフト5位

抜群の守備範囲を誇り、通算失策数はわずか3という俊介。プロ入りした1年目の2010年には1度も2軍落ちすることなく124試合に出場し、スタメン起用も多々ありましたが、2年目の2011年に徐々に調子を崩していき、2軍落ちを経験します。同じ外野手の柴田講平(現千葉ロッテマリーンズ)の台頭などがあり徐々に出番を失われていきました。

主に代走・守備固め要因としての起用が多く、2017年も守備固めとしての出場や、福留・糸井の休養時に出場が期待されます。

髙山だけじゃない:板山祐太郎

  • 名前:板山祐太郎(いたやまゆうたろう)
  • 背番号:63
  • 生年月日:1994年3月27日
  • 身長/体重:180cm/78kg
  • 投打:右投左打
  • 出身地:神奈川
  • 経歴:成立学園高→亜細亜大→2015年ドラフト6位

身体能力の高さを金本監督に見込まれて阪神タイガースに入団した板山祐太郎。2017年シーズンは出場機会を求めて内野守備にも挑戦しています。

2016年5月6日の東京ヤクルトスワローズ戦でヒーローインタビューに立つと「ルーキーは高山だけじゃありません」と強気の発言を見せました。同期入団の高山に負けない活躍が期待されます。

阪神タイガースについてもっと知りたい方はコチラ!

2017年阪神タイガースは外野手争いに注目!

沢山の魅力多い外野手が揃う阪神タイガース。今回紹介した髙山俊、中谷将大、江越大賀、俊介、板山祐太郎以外にも選手会長の狩野恵輔や伊藤隼太、横田慎太郎、緒方俊介といった選手も外野の枠を狙っています。

外野手登録ではないですが、大和、今成亮太、新井良太、荒木郁也と言った選手も外野守備ができ、これからますます外野手争いは熾烈を極めることでしょう。

2017年シーズンはそんな阪神タイガースの外野手争いに注目してみてはいかがでしょうか。

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。