不動のリードオフマン!広島東洋カープの田中広輔選手のプロフィール

2年連続リーグ制覇に向けて猛進する広島東洋カープ。今年こそは日本一の栄冠を手にしたいところですが、そんなチームの先頭打者に座っているのが田中広輔選手です。去年は惜しくも盗塁王の座に届かなかったものの、走攻守揃った田中広輔選手は、今やチームに欠かせない存在となっています。そんな田中広輔選手のプロフィールにはぜひ注目しておきたいところ。今回は広島東洋カープの田中広輔選手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールに迫っていきます!

走攻守が揃ったリードオフマン!広島東洋カープの田中広輔選手

(出典:いらすとやより)

2013年ドラフト3巡目で広島東洋カープに入団した田中広輔選手。ルーキーイヤーから着実に出場機会を増やし、今や広島東洋カープ不動のリードオフマンの座を勝ち取っています。走攻守の3拍子が揃った田中広輔選手としては、今年こそ盗塁王のタイトル獲得も狙っていきたいところです。

そんな田中広輔選手ですが、一体どのようなプロフィールや経歴を持つ選手なのでしょうか。今回は広島東洋カープの田中広輔選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します!

広島東洋カープの田中広輔選手のプロフィール

  • 名前   :田中広輔(たなか こうすけ)
  • 出身地  :神奈川県厚木市
  • 経歴   :東海大学付属相模高等学校-東海大学-JR東日本ー-広島東洋カープ
  • 生年月日 :1989年7月3日
  • 身長   :171cm
  • 体重   :85kg
  • 投球・打席:右投左打
  • ポジション:内野手
  • 背番号  :63(2014-2015)
         →2(2016-)

広島東洋カープの田中広輔選手の経歴

仲間には球界のライバル達が!田中広輔選手の高校時代

田中広輔選手は小学校1年生の時にソフトボールを始めます。中学校時代は硬式クラブの「相模ボーイズ」に所属し、プレーをしていました。

中学校を卒業した田中広輔選手は、東海大学付属相模高等学校に進学。同校は田中広輔選手の父親の母校であったそうです。高校1年生の春からベンチ入りを果たした田中広輔選手は、高校2年生のなると、春に甲子園に出場。見事に初戦突破を遂げています。

高校3年生では、夏の神奈川県大会で惜しくも準優勝を飾りました。その時のメンバーは、同学年に巨人(読売ジャイアンツ)の菅野智之投手、後輩には日本ハムファイターズの大田泰示選手と、現在でもプロ野球界で活躍している選手を擁しています。

高校を卒業すると、田中広輔選手は「親が大学進学を勧めたこともあり、プロ志望届は出さない」とし、東海大学へ進学しました。高校時代の通算本塁打は38本でした。

首位打者獲得もプロ入りせず!?田中広輔選手の大学時代

高校卒業後、東海大学に進学した田中広輔選手は、大学2年生の春から遊撃手としてレギュラーの座を勝ち取ります。そして大学3、4年生で2年連続のベストナインを受賞、さらに大学4年生の秋季リーグ戦では打率.375を残し、首位打者に選ばれました。

しかし田中広輔選手はプロ志望届を提出しませんでした。「大学の監督と一定の成績を残したらプロ入りしてもいいと約束していたが、その基準をクリア出来なかったから」との理由だそうです。

そして東海大学を卒業した田中広輔選手は、JR東日本へ入社し、社会人としてさらなる成長を誓います。

タイトル総なめ!田中広輔選手の社会人時代

JR東日本に入社した田中広輔選手は、1年目から走攻守の3拍子が揃った選手として活躍。遊撃手のレギュラーとして試合に出場しています。2012年の都市対抗野球大会ではチームは準優勝、田中広輔選手は大会優秀選手に選出され、新人賞に当たる若獅子賞を獲得しました。

田中広輔選手は他にも、社会人野球日本選手権大会で大会優秀選手、アジア野球選手権大会日本代表に選出された際は大会最優秀守備選手賞、都市対抗野球大会で再び大会優秀選手など、様々なタイトルを獲得しています。

シーズンオフは駅員の仕事に従事しながら、実力をつけてきた田中広輔選手は、2013年のドラフト会議で広島東洋カープから3巡目で指名され、ついにプロ入りを果たしました。

不動のリードオフマンに!田中広輔選手のプロ入り後

広島東洋カープに入団した田中広輔選手は、1年目から開幕一軍入りを果たします。シーズン中盤以降は、堂林翔太選手が外野の守備に就くようになったことから田中広輔選手が三塁手のレギュラーになります。その後は梵英心選手とポジションを入れ替えたため、遊撃手として出場するようになり、初年度から110試合の出場を果たしてシーズンを終えました。

2年目以降も遊撃手のレギュラーとして起用された田中広輔選手ですが、3年目となる2016年は、ついに公式戦全143試合フルイニング出場を果たします。さらに俊足やパンチ力のある打撃を生かし、先頭打者として活躍。広島東洋カープを25年ぶりのリーグ優勝へ導きました。

2017年には、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表選手に追加招集され出場。さらに現在は盗塁数がリーグ最多の29(9月8日現在)を記録するなど、もはや広島東洋カープに欠かすことの出来ない存在となっています。今後の田中広輔選手の活躍にも大いに期待したいところです!

広島東洋カープの田中広輔選手の特徴

失策の多さは守備範囲が広いから!?

広島東洋カープ不動の1番打者に座っており、走攻守の3拍子が揃った選手とも言われる田中広輔選手。その中でも特徴として挙げられるのは守備です。

遊撃の守備においては打者を観察して、打球が飛んできた際には早く正確な位置へ一歩目を踏み出すことを大事にしているという田中広輔選手。その甲斐あってか、守備範囲を表すRFという数値では、遊撃手としてはリーグトップの成績を叩きだしています。

田中広輔選手は失策の数も多いため、批判されることもありますが、その一方で捕殺数の多さにも定評があり、失策の多さは守備範囲が広いためと擁護する声も多数あります。

いずれにせよ、広島東洋カープのセンターラインにはもはや欠かせない田中広輔選手。今後はどのような守備を見せてくれるのか、楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

今年は盗塁も進化!

田中広輔選手は俊足も特徴の選手であり、昨季は28盗塁を決めてセ・リーグ2位の成績を残しています。しかし田中広輔選手の盗塁成功率は.596と、1位の山田哲人選手(東京ヤクルトスワローズに所属)の.938に大差をつけられてしまいました。

山田哲人選手の盗塁数が30だったため、特にシーズン終盤には盗塁王獲得を狙って焦ってしまったという田中広輔選手。今季は「打率3割、盗塁30以上を狙いたい」という田中広輔選手ですが、ここまでの盗塁数は29と目標まであと1まで迫っています(9月8日現在)。

さらに田中広輔選手は今季の盗塁成功率が.725と、昨季に比べて大幅に改善しています(9月8日現在)。広島東洋カープのリードオフマンとして足でも魅せていきたい田中広輔選手ですが、今後も更なる進化を見せてくれそうです!

広島東洋カープの田中広輔選手の成績と年俸。性格は?

  • 2014年の成績と年俸

試合数110 打率.292 本塁打9 打点34 盗塁10 年俸1100万円

  • 2015年の成績と年俸

試合数141 打率.274 本塁打8 打点45 盗塁6 年俸2200万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数143 打率.265 本塁打13 打点39 盗塁28 年俸4100万円

  • 2017年の成績と年俸(9月8日現在)

試合数128 打率.293 本塁打6 打点54 盗塁29 年俸7800万円

野球への真摯な姿勢!

田中広輔選手は、2015年に左中間に放った打球が三塁打と判定されてしまったことがありました。後に審判団は「実際は本塁打であり、誤審だった」と謝罪に至っていますが、これに対して田中広輔選手は「結果は変わらないし、人がやることなのだから仕方がない」とコメント。

またルーキーイヤーには、8月以降に2回も打球が田中広輔選手を強襲。縫合などを行ったこともあり、球団からは「復帰は慌てなくていい」と声をかけられるも、短期間での復帰を果たしました。

これらのエピソードからは田中広輔選手の野球に対する真摯な姿勢や、真面目に取り組む姿勢が伺えるのではないでしょうか。

広島東洋カープの田中広輔選手の活躍に期待!

シーズンも終盤に差し掛かった現在、広島東洋カープは2年連続のリーグ制覇を目指して猛進中です。また田中広輔選手のチームへの貢献はもちろん、盗塁王の個人タイトル獲得もファンは楽しみにしているところではないでしょうか。

広島東洋カープのリーグ制覇だけではなく、日本一に向けて、田中広輔選手の力はもはや欠かせません。今後は不動のリードオフマンとしてどのような活躍を見せてくれるのでしょう。日本一に向けて奮起する田中広輔選手の活躍を、これからも期待しましょう!

広島東洋カープに関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。