広島東洋カープ・ベテラン岩本貴裕選手のプロフィール!遅咲きの主砲となれるか?

見事リーグ連覇を果たした広島東洋カープに2008年ドラフト1位で入団し、大砲として期待された岩本貴裕選手のプロフィールを紹介しています!周囲から期待されながらもケガなどに泣かされ、思うようなシーズンを送れない広島東洋カープ・岩本貴裕選手。そんな岩本貴裕選手の成績や経歴、年俸、性格、更にはホークス柳田選手との意外な関係性など様々なプロフィールを紹介していきたいと思います!

広島東洋カープ一筋!岩本貴裕選手のプロフィールとは?

9月18日見事に2年連続リーグ優勝を飾った広島東洋カープ。

優勝が決まった日には広島県は大盛り上がりでプロ野球ファン以外の人たちにも広島東洋カープが優勝したという情報が届いてるくらいでした。
今でこそ人気・実力ともに球界トップクラスのチームになりましたが、一昔前までは毎年Bクラスが当たり前の弱小球団で主力選手は他球団への移籍が目立つチームでした。
そんな広島東洋カープの暗黒時代を知る岩本貴裕選手のプロフィールやこれまでの成績、年俸、性格、経歴なども紹介していきたいと思います!

岩本貴裕選手のプロフィール

  • 岩本貴裕 (いわもと たかひろ)
  • 生年月日: 1986年4月18日
  • 出身地: 広島県広島市
  • 身長・体重: 182㎝・96㎏
  • 投打: 左投左打
  • ポジション: ファースト・外野手
  • プロ入り: 2008年ドラフト1位
  • 背番号: 10

岩本貴裕選手は生まれも育ちも広島でプロに入団後も広島東洋カープ一筋のベテランです。2008年のドラフトでは1位指名を受けるなど期待の大きい選手でした!
大きな期待を背負って入団した岩本貴裕選手ですがプロ入りまでの経歴はどうなっているのでしょうか?

岩本貴裕選手のプロ入り前の経歴

小学校~高校時代

(出典:いらすとやより)

小学校1年生から野球を始め高校は広島商業に進学しました。実は今年の甲子園でも準優勝を飾った広島の広陵高校からも誘いを受けていたようですが「長く甲子園に行っていなかったから自分たちの世代で甲子園に行きたいと思った」という理由で広島商業を選んだそうです。
広島商業に入学すると岩本貴裕選手は1年生からエースと4番を任されてチームの中心選手として活躍しました。
高校3年生の夏には投手としては6試合に登板し打者としては打率5割を超す活躍で目標であった甲子園出場を果たしました。
甲子園では1回戦で敗れてしまうも、高校通算52本塁打という活躍でプロ注目の選手となりました。

大学時代

高校時代から複数の球団がマークしていた岩本貴裕選手ですがプロ入りせずに亜細亜大学に進学しました。
大学では外野手を任され、1年生の秋から4番を任されていたそうです。3年生の春にはリーグ戦で1試合3本塁打という記録を持ち長距離砲として活躍しました。
東都大学1部リーグでは通算72試合に出場し打率2割5分2厘ながらも本塁打を16本放つなどの好成績を残しました。
岩本貴裕選手の16本塁打は歴代単独4位の数字となり、東都大学リーグを代表するスラッガーにまで成長しました。
3年生の秋には自らの希望で投手にも再挑戦し、最速146㎞を記録するなど本格的に2刀流にも挑戦したそうです。
大学日本代表にも選出され4番を任された経験を持ち、大学でもトップクラスのバッターであることを証明しました。
ドラフト会議当日には東洋大学との優勝をかけた試合に敗れるも地元球団である広島東洋カープから1位指名を受け、契約金1億円、推定年俸1500万円で見事入団を果たしました。

広島東洋カープ・岩本貴裕選手のプロ入り後の成績と年俸

左の長距離砲としての活躍が期待された岩本貴裕選手ですがプロ入り後の成績はどうだったのでしょうか?

  • 2009年
  • 推定年俸 1500万円
    試合数 14 打率 1割5分2厘 本塁打 0

  • 2010年
  • 推定年俸 1400万円
    試合数 61 打率 2割5分9厘 本塁打 14

  • 2011年
  • 推定年俸 1800万円
    試合数 60 打率 2割2分3厘 本塁打 3

  • 2012年
  • 推定年俸 1600万円
    試合数 71 打率 2割6分8厘 本塁打 6

  • 2013年
  • 推定年俸 1900万円
    試合数 82 打率 2割5分5厘 本塁打 5

  • 2014年
  • 推定年俸 2000万円
    試合数 39 打率 1割9分2厘 本塁打 2

  • 2015年
  • 推定年俸 1850万円
    試合数 7 打率 3割 本塁打 0

  • 2016年
  • 推定年俸 1500万円
    試合数 27 打率 3割3分3厘 本塁打 0

  • 2017年
  • 推定年俸 1200万円
    試合数 27 打率 4割3分6厘 本塁打 1

岩本貴裕選手のプロ入り後の経歴

… ファースト岩本 #Carp #岩本貴裕 #広島東洋カープ #CS突破 #日本一とるぞ

A post shared by かーぷ写真展🐳 (@51___jp) on

プロ入り1年目は1軍ではなかなか活躍できませんでしたが2軍では14本塁打を放つなどしっかりと成績を残しました。
2年目は開幕を2軍で迎えるもオリックスバッファローズのT-岡田選手を意識したノーステップ打法を取り入れるとグングンと調子は上がり栗原健太選手の故障離脱で1軍に昇格しました。
栗原選手離脱後はファーストとして出場し、栗原選手復帰後は外野手として出場しました。

7月4日の横浜ベイスターズ戦でプロ初ホームランを放つとそこから2カ月で14本塁打を記録しスラッガーとしてチームに貢献しました。
プロ3年目は開幕1軍を迎えるも思うような成績を残せずに7月に2軍落ちしてしまいます。
その後はケガの影響もあり1軍と2軍を行ったり来たりの生活でなかなか1軍に定着することはできませんでした。

2017年シーズンもなかなか1軍で試合には出れていませんが27試合に出場し打率4割3分6厘と好成績を残しています!

広島東洋カープ・岩本貴裕選手の性格は?

ここまでは経歴や成績などについて説明してきましたが、ここからは岩本貴裕選手はどんな選手なのか詳しく説明していきたいと思います!

岩本貴裕選手の性格は?

自分からガツガツと行くタイプではないようでよく言えばクール、悪く言えばガッツが足りない選手だそうです。
大学時代の監督も「他人を蹴落としてでもというガッツが足りない」と言われていたそうです。

岩本貴裕選手の特徴とは?

岩本貴裕選手といえば恵まれた体から繰り出される長打が魅力の選手です。プロ2年目にはわずか2カ月で14本塁打を放つなど次世代の主砲として大きく期待されていました。
しかしながら選球眼に難があり打率と出塁率がほとんど変わりません。レギュラーとして1年間1軍で活躍したシーズンはなく代打や主力の欠けた穴を埋めるサブの選手としての活躍がメインとなっています。

ホークス柳田選手とは師弟関係?

福岡ソフトバンクホークスのレギュラーとして活躍している柳田選手とは仲が良く食事なども行ったりすることがあるそうです。
もともと高校が同じ広島商業で先輩後輩の間柄で、2015年のシーズンオフには共に自主トレを行うなど親交は深いようです。

ファイターズ中田選手も実は後輩?

侍ジャパンでも主力として活躍した経験を持つ北海道日本ハムファイターズの中田選手も実は後輩になります。岩本貴裕選手は広島鯉城リトルシニアに所属しており中田翔選手は3年後輩となります。

岩本貴裕選手はカープ一筋?

生まれも育ちも広島の岩本貴裕選手は幼いころから広島東洋カープのファンだったそうです。10歳のころからファンクラブに入会し、毎週のように広島市民球場に足を運び応援していたそうです。
そんな憧れの球団だった広島東洋カープに入団できたことは本人も嬉しかったでしょうね!

悩める主砲!岩本貴裕選手の今後の活躍に期待!

憧れの球団にドラフト1位で入団した岩本貴裕選手ですがこれまでは満足のいく結果を残すことはできていません。
大砲として期待されながらも苦しいシーズンが続いている岩本貴裕選手ですが今季は与えられた場面でしっかりと成績を残しています!

リーグ優勝も決め日本一を目指す広島東洋カープ・岩本貴裕選手の今後の活躍に期待しましょう!

広島東洋カープに関連する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。