悔しさをバネに活躍を誓う!広島東洋カープの堂林翔太選手のプロフィール

2年連続リーグ制覇を目前に控えた広島東洋カープ。今年こそは日本一に輝きたいところですが、昨年のプレーオフで人一倍悔しさを滲ませたのが堂林翔太選手です。プレーオフでの出場機会がなかったことから、優勝旅行の参加を辞退。シーズン終了直後からトレーニングに明け暮れました。そんな堂林翔太選手のプロフィールにはぜひ注目しておきたいところ。今回は広島東洋カープの堂林翔太選手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールに迫っていきます!

高校野球から有名だった!広島東洋カープの堂林翔太選手

(出典:いらすとやより)

2009年ドラフト2位で広島東洋カープに入団した堂林翔太選手。広島東洋カープでは野手として活躍していますが、高校時代にはエースとして登板していました。

高校最後の夏の甲子園ではチームを優勝に導いた堂林翔太選手。しかし優勝投手になれずに涙を流す姿は高校野球ファンの記憶に深く刻まれているのではないでしょうか。

そんな堂林翔太選手ですが、一体どのようなプロフィールや経歴を持つ選手なのでしょうか。今回は広島東洋カープの堂林翔太選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します!

広島東洋カープの堂林翔太選手のプロフィール

  • 名前   :堂林翔太(どうばやし しょうた)
  • 出身地  :愛知県豊田市
  • 経歴   :中京大学附属中京高等学校 -広島東洋カープ
  • 生年月日 :1991年8月17日
  • 身長   :183cm
  • 体重   :88kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:内野手
  • 背番号  :13(2010-2012)→7(2013-)

類稀なるポテンシャルの高さ!堂林翔太選手の高校時代

堂林翔太選手は小学校2年生の時に野球を始めます。中学校時代は地元のシニアチームである「豊田シニア」に所属していました。この頃の堂林翔太選手は遊撃手と投手として主にプレーしていたそうです。

中学校を卒業した堂林翔太選手は、中京大学附属中京高等学校に進学。高校1年生の春からベンチ入りを果たした堂林翔太選手は、秋になると一塁手のレギュラーを勝ち取っています。

高校2年生の春のセンバツでは、惜しくも出場機会が回ってきませんでしたが、秋になると堂林翔太選手は、本格的にエースとしての活躍を見せ始めました。秋の東海大会では4試合全て完投。さらに高校3年生の春のセンバツではベスト8まで勝ち上がります。

そして高校3年生の夏の甲子園でも、堂林翔太選手はエースとしてチームを率いて見事優勝。またこの頃の堂林翔太選手は、打撃では4番に座り、打率は5割以上を記録する活躍を見せました。

そして2009年のドラフト会議で、広島東洋カープに2位で指名を受けることになります。エースとしてチームを率いていた堂林翔太選手でしたが、広島東洋カープは内野手として指名しました。

スタメン奪取に侍ジャパンも!堂林翔太選手のプロ入り3年目まで

広島東洋カープに入団した堂林翔太選手ですが、1年目は二軍で才能に磨きをかけました。内野手として出場し、守備では失策が目立ったものの、打撃では打率.203、7本塁打、32打点を挙げています。

2年目も二軍暮らしが続いた堂林翔太選手ですが、3年目に待望のチャンスが巡ってきます。一軍の開幕戦に三塁手としてスタメン出場を果たし、一軍初ヒットを記録。その後も打撃力が開花し、チーム最多の14本塁打を記録しました。

この年に一軍公式戦全試合に出場した堂林翔太選手。さらにオールスターゲームや侍ジャパンの一員として国際大会に出場するなど、目覚ましい活躍を見せています。

その一方で、三振数や失策数で両リーグワーストを記録し、課題も見つかる年となりました。

苦しみながらも代打で復活へ!堂林翔太選手のプロ入り4年目以降

4年目となる2013年には、堂林翔太選手はシーズン途中に怪我で離脱するも、盗塁数が前年の5を上回る10まで伸ばしました。

しかし2014年以降はレギュラーに定着することができず、本業であった三塁手ではなく、一塁手での出場や二軍への降格など、堂林翔太選手は苦しい時期を迎えることとなります。

レギュラーでの出場機会は減った堂林翔太選手ですが、2016年からは持ち前の打撃力や足を生かし、代走や代打として起用されることも多くなりました。同年、広島東洋カープは25年ぶりのリーグ優勝を決めていますが、堂林翔太選手はプレーオフに試合に出場できなかったことを理由に、優勝旅行への不参加を表明。自主トレーニングに励むことを決意しています。

2017年は、代打や代走を中心に活躍している堂林翔太選手ですが、複数のポジションをこなせることから守備の穴を埋める起用もされるようになっています。また5月には一軍公式戦で400日ぶりの本塁打を放っている堂林翔太選手。パンチのある堂林翔太選手の打撃力には大きな期待を寄せているファンも多いのではないでしょうか。

広島東洋カープの堂林翔太選手の特徴

球団史上最多の三振数

広島東洋カープの堂林翔太選手は、アマチュア時代から打撃力でも才能の片りんを見せていました。その一方で、三振数の多さが目立つ選手でもあります。2012年には両リーグ通じてワーストを記録。そしてこの記録が球団史上最多であったことから、シーズンオフにはマツダスタジアムで堂林翔太選手の三振の場面を集めた写真展が開かれたほどです。

写真展の際には本人も「三振が多いなと改めて感じた」とのコメントを残していますが、そのスイングで豪快にアーチを放つことができるのも堂林翔太選手の魅力のひとつ。堂林翔太選手の力強いスイングにはまだまだロマンを感じるファンも多いのではないでしょうか。

チームのベテランが師匠に!

昨季のシーズン終了後、堂林翔太選手は広島東洋カープの新井貴浩選手のもとに弟子入りし、共にトレーニングに励んできました。新井貴浩選手はシーズンオフに毎年護摩行で精神面を鍛えていることで有名ですが、今季の春キャンプの前には堂林翔太選手も参加。堂林翔太選手は終了後に「何かを変えたかった。もう悔しい思いをしたくないので」と参加の経緯を述べています。

また堂林翔太選手は新井貴浩選手の新箸を使用するなど、プライベートでも新井貴浩選手の歩んできた野球選手を胸に刻んでいる様子などを明かしています。

一方で新井貴浩選手も、今年の6月にチーム事情で堂林翔太選手が二軍降格を命じられた時には首脳陣に対し「自分が降格ではだめなのか」と直訴。共にトレーニングに励んできた堂林翔太選手にチャンスを与えたいという気概を見せたそうです。

今や師弟関係ともとれる新井貴浩選手と堂林翔太選手。広島東洋カープに復帰して以降も大活躍を見せている新井貴浩選手ですが、その教えを胸に刻んだ堂林翔太選手の躍進に期待したいところです!

広島東洋カープの堂林翔太選手の成績と年俸。性格は?

  • 2010年の成績と年俸

一軍出場なし 年俸700万円

  • 2011年の成績と年俸

一軍出場なし 年俸700万円

  • 2012年の成績と年俸

試合数144 打率.242 本塁打14 打点45 年俸700万円

  • 2013年の成績と年俸

試合数105 打率.217 本塁打6 打点41 年俸1700万円

  • 2014年の成績と年俸

試合数93 打率.246 本塁打8 打点28 年俸2000万円

  • 2015年の成績と年俸

試合数33 打率.261 本塁打0 打点3 年俸2000万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数47 打率.250 本塁打2 打点2 年俸1830万円

  • 2017年の成績と年俸(9月11日現在)

試合数44 打率.217 本塁打1 打点11 年俸1650万円

責任感から流れる涙

広島東洋カープに入団前、堂林翔太選手は高校3年生の夏に甲子園優勝を果たしています。しかしその決勝戦で、堂林翔太選手は先発投手としてマウンドに上がりますが、他の投手に2回マウンドを譲っています。またその2回目は、9回を2死まで投げるも、4点を取られたことで交代させられました。

中京大学附属中京高等学校は優勝を果たしたものの、堂林翔太選手は試合後のインタビューで、最後まで投げきれなかったことを悔み、涙を流しています。

プロ入り前から野球に対して責任感が強かったという堂林翔太選手。その性格はこのようなエピソードからも伺えるのではないでしょうか。

広島東洋カープの堂林翔太選手の活躍に期待!

シーズンも終盤に差し掛かった現在、広島東洋カープは優勝へのマジックが点灯し、2年連続のリーグ制覇を目前に控えています。

昨年はプレーオフで活躍出来なかったと悔しさを滲ませた堂林翔太選手ですが、今年は久しぶりの本塁打を放つなどの活躍を見せています。広島東洋カープにとしても、堂林翔太選手の長打力で今年こそ日本一に輝きたいところ。プレーオフでの活躍を誓う堂林翔太選手の活躍に、これからも期待しましょう!

広島東洋カープに関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。