セ・リーグ優勝決定!広島東洋カープが2017年パリーグペナントレースを制覇!

2017年ペナントレース、セ・リーグの優勝チームが決定しました! 優勝をしたのは前評判通り広島東洋カープ、2位以下に圧倒的な差をつけて2017年9月18日に優勝を決めました。 引退した黒田博樹投手の穴を埋めるのが鍵だったシーズン、問題なくその穴も埋まりましたね。 今回は広島東洋カープの2017年シーズンの戦いぶりと優勝を決めた試合についての他、優勝に沸くファンの声も紹介します!

2017年セリーグを制したのは広島東洋カープ

2017年9月18日、プロ野球2017年パリーグペナントレースの優勝チームが決定しました!

優勝したのは2年連続となる広島東洋カープ、2年連続8回目のリーグ制覇となりました。

今年もペナントで安定した戦いを見せ2位以下を大きく引き離しての優勝、これからしばらくはセ・リーグの覇権は広島を中心に争われるのではと思わせる戦いぶりでしたね。

これでクライマックスシリーズは2位、3位のチームの勝者を迎え撃つ立場となり、1勝のアドバンテージもあるため日本シリーズへかなり近づいたといえます。

今回は2017年の広島東洋カープの戦いや、優勝決定時のファンの声などを紹介します!

広島東洋カープの2017年ペナントレースの振り返り

交流戦後に抜け出した広島東洋カープ

広島東洋カープの2017年シーズンは昨年優勝に貢献した黒田博樹選手の穴が埋まるかどうかに注目されました。

しかしその問題も杞憂に終わります、6月までは阪神タイガースと熾烈な首位争いとなりましたが、阪神が調子を落とした6月に抜け出すとそのまま2位以下を大きく引き離していきます。

交流戦では12勝6敗と貯金を作り、パリーグ相手にも力を発揮した広島東洋カープ、投打ともにリーグでトップクラスの安定感が強みです。

クライマックスシリーズは1勝のアドバンテージを持ち、特に広島東洋カープが力を発揮できるホームの「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」で戦えるのがかなり大きいですね。

セ・リーグのクライマックスシリーズ争いは阪神タイガース、読売巨人軍、横浜DeNA ベイスターズの3チームが争っています、どのチームが日本シリーズを広島東洋カープと争うのか、その点も注目です。

2017年9月18日阪神タイガース戦で優勝決定!

マジック1で迎えた2017年9月18日の阪神タイガース戦、引き分け以上で優勝決定というこの試合の先発は今シーズン9勝(試合開始前)を上げている野村祐輔選手、対する阪神タイガースの先発は今期日本ハムでプレイをして先発出場機会を求めて移籍先を探し、8月30日に阪神タイガースが獲得をしたメンドーサ選手。

初回に松山竜平選手のタイムリーで先制した広島東洋カープ、4回表に野村祐輔選手のスクイズで2-0とリードをしました。

しかし阪神タイガースも追い上げを見せ、中谷将大選手のソロホームラン、そして7回には陽川尚将選手のホームランで2-2と追いつき勝負は終盤戦にもつれ込みます。

ここで簡単に終わらないのが広島東洋カープ、8回表にバティスタ選手のタイムリーでまたリードを奪う。

3-2のまま迎えた最終回、広島東洋カープは中崎翔太選手がマウンドに上がります。

本日ホームランを打っている中谷将大選手を見逃しの三振、続く鳥谷敬選手を頃に打ち取る。

そして伊藤隼太選手をフライで打ち取り見事に勝利、広島東洋カープの優勝が決定しました!

今年の序盤優勝争いを演じた阪神タイガースとの直接対決に勝利、今年の広島東洋カープも去年と同様、もしくはそれ以上に強かったという印象ですね。

広島東洋カープの優勝に沸くファンの声

プロ野球2017年シーズンからまだまだ目が離せない!

(画像:イラストAC

セリーグ2017年シーズンの優勝を決めた広島東洋カープについて紹介しました。

圧倒的な強さで優勝した広島東洋カープの選手やチーム関係者、そしてファンの皆さんおめでとうございます!

しかしまだまだ2017年シーズンは終わりません、クライマックスシリーズでは阪神、巨人、DeNAのいずれかのチームと戦うことになりそうです。

続く日本シリーズに向けてもどんな戦いが繰り広げられるのかが楽しみ、まだまだ野球シーズンは続きます!

広島東洋カープのおすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。