戻ってきた主砲の輝き!オリックス・バファローズのT-岡田選手のプロフィール

今季からチームの選手会長に就任したオリックス・バファローズのT-岡田選手。地元出身ということもあり、ファンからの大きな期待を背負っている選手です。本塁打王のタイトルを獲得して以来、不調続きだったT-岡田選手ですが、今季は持ち前のパワーを生かし、好成績を挙げています。そんなT-岡田選手のプロフィールにはぜひ注目しておきたいところ。今回はオリックス・バファローズのT-岡田選手の経歴、性格、成績、年俸などのプロフィールに迫っていきます!

地元出身の強打者!オリックス・バファローズのT-岡田選手

2005年ドラフト1巡目でオリックス・バファローズに入団したT-岡田選手。今季から選手会長に就任し、ますます活躍が期待される生え抜きの強打者です。

そんなT-岡田選手ですが、一体どのようなプロフィールや経歴を持つ選手なのでしょうか。今回はオリックス・バファローズのT-岡田選手のプロフィールや経歴、性格、成績、年俸などをご紹介します!

オリックス・バファローズのT-岡田選手のプロフィール

  • 名前   :T-岡田(てぃーおかだ)
  • 出身地  :大阪府吹田市
  • 経歴   :履正社高等学校-オリックス・バッファローズ
  • 生年月日 :1988年2月9日
  • 身長   :187cm
  • 体重   :100kg
  • 投球・打席:左投左打
  • ポジション:外野手
  • 背番号  :55

オリックス・バファローズのT-岡田選手のアマチュア時代の経歴

(出典:いらすとやより)

中学生時代から規格外のパワー!

T-岡田選手はアマチュア時代から、野球のセンスが秀でていることで知られた選手でした。中学校時代には同い年の平田良介選手(現在は中日ドラゴンズに所属)とともに注目されており、特に約140メートルの場外本塁打を放ったというエピソードからは、T-岡田選手の強打者として素質が伺えます。

愛称は「浪速のゴジラ」

中学校を卒業したT-岡田選手は、地元の履正社高等学校に進学。持ち前のパワーを発揮し、1年生の夏には4番の座を勝ち取っています。高校生としては桁外れの打力だったT-岡田選手は、2年生の夏には地方大会で、2試合で5打席敬遠されることもありました。

3年生になったT-岡田選手は、夏の大阪府大会の準決勝で、強豪校である大阪桐蔭高等学校と対戦します。当時の大阪桐蔭高等学校は、中田翔選手(現在は北海道日本ハムファイターズに所属)、平田良介選手、辻内崇伸氏(巨人(読売ジャイアンツ)のOB)を擁し、T-岡田選手は惜しくも敗北を喫しました。

しかしこの大会でもバックスクリーンへ本塁打を放つなどの活躍を見せ、高校通算本塁打は55本に及んだT-岡田選手。「浪速のゴジラ」の異名を取り、大きく注目を集めました。

そして2005年、T-岡田選手は高校生ドラフト会議でオリックス・バファローズから1巡目で指名を受け、プロ入りを果たしました。

オリックス・バファローズのT-岡田選手のプロ入り後の経歴

二軍ではトップクラスの成績!

オリックス・バファローズに入団したT-岡田選手。この頃は登録名を本名の「岡田貴弘」としていました。

1年目は二軍でスタメンの座を獲得。ウエスタン・リーグ2位の安打数を記録するなど、好成績を残したことから一軍に昇格し、プロ初安打を放ちます。

2年目は好不調の波に苦しみながらも、北京プレオリンピック野球日本代表に選出されます。主砲としての活躍を見せたT-岡田選手は、チームの優勝に大きく貢献しました。またこの時の代表メンバーには、坂本勇人選手(巨人(読売ジャイアンツ)に所属)や宮西尚生投手(北海道日本ハムファイターズ)なども選ばれています。

その後は主に二軍で出場を続け、成長を重ねたT-岡田選手。2009年にはオリックス・バファローズの新監督に岡田彰布氏が就任し、同姓でややこしいとの理由で登録名の変更を決意。ファンからのアンケートで「T-岡田」に変更することになります。

スランプから復活へ!

登録名を新たにして迎えた2010年。T-岡田選手はオープン戦から好成績を残し、見事に開幕スタメンを勝ち取ります。5月には4番に座り、本塁打を量産し始めたT-岡田選手は、シーズン中に計33本を放ち、本塁打王のタイトルを獲得しました。またこのような活躍が評価されたT-岡田選手は、オールスターゲームにも出場しています。

その後は不調や怪我に苦しんだT-岡田選手。規定打席の未到達や二軍への降格を味わうなど、本調子とは言えないシーズンが続きます。

しかし2016年には再び4番に座るとチームトップの打点と本塁打を記録。主軸としての輝きを取り戻し始めました。2017年にも中軸としてスタメンに名を連ねているT-岡田選手。通算150本塁打を記録するなど、強打者としての活躍を見せています。

今季のT-岡田選手は、ホームランダービーで現在リーグ第5位を走っています(9月24日現在)。オリックス・バファローズの生え抜きの強打者として、これからもT-岡田選手の活躍に期待しているファンも多いのではないでしょうか。

オリックス・バファローズのT-岡田選手の特徴

四球の多さはチームのため!

昨季までのT-岡田選手は、強打者ということもあり決して四球を選ぶことが多い選手ではありませんでした。しかし今年のT-岡田選手の四球数は、昨年の47から大きく増えて78としています(9月24日現在)。

この四球の多さについてT-岡田選手は「打ちたくても我慢して、いいカウントに持っていっている。またチーム内で繋ぐ意識が高いので、安打も四球も同じと考えられる」と分析しており、打席では低めのボール球に手を出さなくなったそうです。

4月後半からはチームが勝ち星に恵まれなかったこともあり、「自分が決めたい」との気持ちが先走り、不調に陥ったというT-岡田選手。しかしその意識を修正し、その後は打撃成績も、四球数も再び伸びています。

中軸には「自分が決める」という気持ちが強い選手も多い中、チームのための仕事をする今年のT-岡田選手の姿勢は四球の多さにも表れています。例年とは一味違うT-岡田選手のプレーには、ぜひとも注目しておきたいところです!

オリックス・バファローズのT-岡田選手の成績と年俸。性格は?

  • 2006年の成績と年俸

試合数3 打率.167 本塁打0 打点0 盗塁0 年俸720万円

  • 2007年の成績と年俸

一軍出場なし 年俸720万円

  • 2008年の成績と年俸

一軍出場なし 年俸710万円

  • 2009年の成績と年俸

試合数43 打率.158 本塁打7 打点13 盗塁0 年俸690万円

  • 2010年の成績と年俸

試合数129 打率.284 本塁打33 打点96 盗塁0 年俸1200万円

  • 2011年の成績と年俸

試合数134 打率.260 本塁打16 打点85 盗塁4 年俸5800万円

  • 2012年の成績と年俸

試合数103 打率.280 本塁打10 打点56 盗塁4 年俸7800万円

  • 2013年の成績と年俸

試合数58 打率.222 本塁打4 打点18 盗塁2 年俸7300万円

  • 2014年の成績と年俸

試合数130 打率.269 本塁打24 打点75 盗塁4 年俸5500万円

  • 2015年の成績と年俸

試合数105 打率.280 本塁打11 打点51 盗塁2 年俸8000万円

  • 2016年の成績と年俸

試合数123 打率.284 本塁打20 打点76 盗塁5 年俸6400万円

  • 2017年の成績と年俸(9月24日現在)

試合数133 打率.268 本塁打28 打点63 盗塁2 年俸1億円

芽生える選手会長の意識

今季からオリックス・バファローズの選手会長に就任したT-岡田選手。就任後は後輩から例年と違うT-岡田選手の姿が見られるとのコメントがされています。

チームメイトの駿太選手は「今まで以上にチームのことをとても考えており、様々な指摘をしてくれる。ネガティブになりそうな人には、そうならないための声掛けをしてくれる」、武田健吾選手は「自分が1番バッターだった時には、早く来て準備をするようにと声をかけられ、引っ張ってくれた」と言います。

T-岡田選手には選手会長としての自覚からか、チームや後輩たちに気を配った言動が見られているようです。このエピソードからは、T-岡田選手の面倒見の良さや責任感の強さが伝わってくるのではないでしょうか。

オリックス・バファローズのT-岡田選手の活躍に期待!

選手会長に就任し、スランプ気味だった打撃成績も今季は上向きの調子を見せたT-岡田選手。持ち前のパワー溢れる打撃で本塁打を量産しており、復活の兆しを見せています。

オリックス・バファローズは、前身の近鉄バファローズの時代から「いてまえ打線」と呼ばれる強力な打線が持ち味のチームでした。T-岡田選手のような主砲を中心に、再び自慢の「いてまえ打線」が形成されることを、ファンも期待しているのではないでしょうか。オリックス・バファローズのT-岡田選手の、今後の飛躍にぜひ注目しましょう!

オリックス・バファローズに関する記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。