アジアプロ野球チャンピオンシップ2017!若手が輝く新大会のルールは?

2017年11月、新たな国際大会として新設されたアジアプロ野球チャンピオンシップ2017が開幕します。日本代表監督として選ばれた稲葉篤紀監督の指揮の下、代表に選出された若手選手が韓国やチャイニーズタイペイ相手にいかに躍動できるかに注目が集まっています。そこで今回は、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017の概要やルール、出場国や日本代表の出場選手をまとめました。どのような大会なのか、他の国際大会とルールは違うのか、その全貌を大会開幕前にぜひチェックしてください!

新たな国際大会!アジアプロ野球チャンピオンシップ2017をご紹介!どんなルール?

2017年11月、日本代表はアジアプロ野球チャンピオンシップ2017に出場し、頂点を目指します。今年から新設された大会であるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017ですが、アジア圏の国々の若手の代表選手を中心に実力を競い合う大会となっており、どのような試合となるのか、注目が集まっています。

また今大会は新たな日本代表監督に着任した稲葉篤紀監督の初陣でもあり、その采配や手腕に期待しているファンも多いのではないでしょうか。

そこで今回はアジアプロ野球チャンピオンシップ2017の概要やルール、出場国や日本代表の出場選手をご紹介します!

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017とは?

日程と出場国は?

2017年11月16日~19日に東京ドームで開催予定のアジアプロ野球チャンピオンシップ2017。その名の通り、アジアの国々が参加する野球大会ですが、出場国は日本、チャイニーズタイペイ、韓国の3か国で頂点を争います。

大会コンセプトは?

今回が第1回大会となるアジアプロ野球チャンピオンシップですが、第2回は4年後に開催が予定されています。今大会は2020年の東京五輪に向けた国際大会のひとつとされており、ルール内に年齢制限を設けて若手選手を主体とする大会となる予定です。

この年齢制限のルールは、各国とも2020年の東京五輪でのメンバーの編成を視野に入れて、2020年の時点で主力となる選手を大会に出場させるためという意図があります。

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017のルールは?

試合形式と優勝賞金は?

日本、チャイニーズタイペイ、韓国の3か国で総当たり戦のルールで対戦。上位2チームが決勝で激突して、頂上を争います。優勝賞金は2000万円、準優勝では500万円が授与される予定です。

ワールド・ベースボール・クラシックとの違いは?

(出典:いらすとやより)

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017のルールをまとめてみました。日本でも既に馴染みが深い国際大会としてワールド・ベースボール・クラシックが挙げられますが、ルールの比較をしながら違いを紹介します。

  • 公認野球規則に準じる
  • 全試合DH制を採用

こちらはワールド・ベースボール・クラシックと同じルールです。

  • WBSC公認試合とする

WBSCとは、世界野球ソフトボール連盟のことです。2015年に開催されたWBSCプレミア12などの野球の世界大会を主催しています。

  • 大会使用球はWBSC公認球とする
  • ドーピング検査対象試合とする
  • 投手の投球制限なし

ワールド・ベースボール・クラシックは1試合ごとの球数制限や、登板間隔のルールがありましたが、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017では投球制限はありません。

  • コールドなし

こちらもワールド・ベースボール・クラシックとはルールの違うところです。ワールド・ベースボール・クラシックは7回以降10点差、5回以降で15点差がつくとコールドゲームとされていましたが、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017では点差が大きく開いてもコールドゲームにはなりません。

  • 9回を終了して同点の場合:タイブレーカー制

10回の攻撃から無死一・二塁、継続打順で開始(以降継続打順)

ワールド・ベースボール・クラシックでは延長11回よりタイブレーカー制が採用されますが、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017では延長10回より採用となります。走者状況や打順のルールは同じです。

  • 予選については12回にて打ち切り(12回終了時に決着がつかない場合は引き分け)
  • 先発投手は前日発表とする
  • 参加資格はU-24(1993年1月1日以降生まれ)または入団3年目以内
  • 各国オーバーエイジ枠3名

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017の出場選手は?

ここまでアジアプロ野球チャンピオンシップ2017のルールと出場国を紹介してきましたが、ここからは出場選手を紹介していきたいと思います!

日本代表としてアジアプロ野球チャンピオンシップに出場する若手選手に注目です!

ルーキーから15勝ピッチャーまで!投手一覧

  • 野田昇吾投手(埼玉西武ライオンズ)
  • 平井克典投手(埼玉西武ライオンズ)
  • 多和田真三郎投手(埼玉西武ライオンズ)
  • 近藤大亮投手(オリックス・バファローズ)
  • 堀瑞樹投手(北海道日本ハムファイターズ)
  • 薮田和樹投手(広島東洋カープ)
  • 石﨑剛投手(阪神タイガース)
  • 今永昇太投手(横浜DeNAベイスターズ)
  • 山﨑康晃投手(横浜DeNAベイスターズ)
  • 田口麗斗投手(巨人(読売ジャイアンツ))
  • 又吉克樹投手(中日ドラゴンズ)(オーバーエイジ枠)

今季15勝を挙げ、広島東洋カープのリーグ優勝の原動力となった薮田和樹投手や、ルーキーの北海道日本ハムファイターズの堀瑞樹投手など、多彩な選手が選ばれています。

またオーバーエイジ枠のルールで選ばれた中日ドラゴンズの又吉克樹投手は先発、救援のどちらで起用されるか、注目したいところです!

打力重視!?強肩のあの選手も!捕手一覧

  • 甲斐拓也捕手(福岡ソフトバンクホークス)(オーバーエイジ枠)
  • 近藤健介捕手(北海道日本ハムファイターズ)
  • 田村龍弘捕手(千葉ロッテマリーンズ)
  • 宇佐見真吾捕手(巨人(読売ジャイアンツ))

打撃に定評がある北海道日本ハムファイターズの近藤健介捕手や巨人(読売ジャイアンツ)の宇佐見真吾捕手が選ばれています。その一方で、肩の強さはNPBトップクラスとの呼び声高い福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手も選ばれました。

攻守にそれぞれ特徴を持つ選手たちがどのように起用されるのか、注目したいところです!

新人王候補の選手たちも出場!内野手一覧

  • 源田壮亮選手(埼玉西武ライオンズ)
  • 外崎修汰選手(埼玉西武ライオンズ)
  • 山川穂高選手(埼玉西武ライオンズ)(オーバーエイジ枠)
  • 松本剛選手(北海道日本ハムファイターズ)
  • 中村奨吾選手(千葉ロッテマリーンズ)
  • 京田陽太選手(中日ドラゴンズ)
  • 西川龍馬選手(広島東洋カープ)

内野手は多くの選手がパ・リーグから選出されています。新人ながらスタメンを勝ち取った中日ドラゴンズの京田陽太選手や埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手が出場予定です。また同じく埼玉西武ライオンズではポスト中村剛也選手との呼び声高い山川穂高選手の打撃にも期待が高まります!

俊足の3選手!外野手一覧

  • オコエ瑠偉選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 上林誠知選手(福岡ソフトバンクホークス)
  • 桑原将志選手(横浜DeNAベイスターズ)

外野手は3選手が代表として試合に出場予定です。俊足が光る東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉選手や、横浜DeNAベイスターズ不動の先頭打者である桑原将志選手など、さらなる成長が期待される選手が選出されました。

若手選手は飛躍できるか!?

オーバーエイジ枠というルールにより球界を代表するベテラン選手も加わる中で若手選手はどうアピールするのか、そこに注目が集まっています。

今回紹介した選手たちは皆若手ながらも、多くの選手がチームの主力クラスに食い込んでおり目が離せないラインアップとなっているのではないでしょうか。アジアプロ野球チャンピオンシップ2017を通じて、選手たちがさらなる飛躍を遂げることを期待しましょう!

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017に期待!

今回が初めての開催となるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017。同じアジア圏ながらも国際大会など対戦機会が限られている韓国やチャイニーズタイペイとの対戦に、日本の代表選手が善戦することを楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

また今回は稲葉篤紀監督が日本代表監督に選ばれてから、初めての指揮をとる試合となります。今後が期待される若手選手の起用方法や采配、また稲葉篤紀監督の現役時代に行われていた、球場全体でジャンプをして応援する「稲葉ジャンプ」にも注目が集まっています。

2020年に向けた前哨戦とも捉えられる今回の大会ですが、一体どのような結果が待っているのでしょうか。大会前にルールを予習して、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017での選手の活躍に期待しましょう!

日本代表に関する記事

みんなのコメント

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。