アジアプロ野球チャンピオンシップ2017!どこの球場で開催?おすすめ座席は?

2017年11月、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017が開幕します。日本代表監督として選ばれた稲葉篤紀監督の初陣と言うこともあり、球場の座席に座って観戦をしたいと考えているファンも多いはずです。そこで今回は、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017が開催される球場や、球場までのアクセス、座席や日程をまとめました。様々な種類の座席が展開される予定となっており、選ぶのも楽しみのひとつとなりそうな今大会。開幕前に、ぜひチェックしてください!

もうすぐ始まるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017!どこで観戦出来るの?

2017年11月、日本代表はアジアプロ野球チャンピオンシップ2017が開幕します。若手選手の躍動を一目見たいと、テレビではなく、現地で観戦をする予定のファンも多いのではないでしょうか。

そこで今回はアジアプロ野球チャンピオンシップ2017の日程や開催球場、アクセス、座席の種類と概要などをご紹介します!

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017の日程は?

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017は2017年11月16日~19日にかけて開催されます。各国代表の試合日程は16日に日本と韓国、17日に韓国とチャイニーズタイペイ、18日にチャイニーズタイペイと日本が対戦予定です。そしてこの3戦で上位2チームが勝ち上がり、19日の決勝戦に進みます。

また日本代表チームはアジアプロ野球チャンピオンシップ2017開催前の11月9日から16日には宮崎県内で強化合宿を行う予定です。また11月12日には北海道日本ハムファイターズ、13日には埼玉西武ライオンズと練習試合を行います。

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017の球場は?

全日東京ドームで開催!

2017年11月16日~19日に開催となるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017ですが、その会場は全日程で東京ドームでの開催となります。

セ・リーグの巨人(読売ジャイアンツ)の本拠地であったり、国際大会が開かれたこともある球場であるため、お馴染みとなっているファンも多いかと思いますが、東京ドームへのアクセスを紹介いたします。

JR線からのアクセス

JR線を使用する場合はJR中央線・総武線各駅停車に乗車し、水道橋駅で下車します。

改札はホームの両端の階段を下った先にそれぞれ東口と西口がありますが、どちらからでもたどり着くことが出来ます。西口の場合は改札を出て右へ進み、横断歩道を渡ると東京ドームが見えてきます。

東口は改札を出て左へ進み、大きな横断歩道を渡ります。横断歩道の先のコンビニ横の階段を上がると東京ドームが見えてきます。

都営三田線からのアクセス

都営三田線を使用する時は水道橋駅で下車します。A2出口を出て地上に上がると、ミーツポートエリアのコンビニが見えますので、その隣にある階段を上がり、目の前に見える東京ドームに向かいます。

都営大江戸線からのアクセス

都営大江戸線では春日駅で下車し、6番出口から地上に上がり左折します。文京シビックセンターに沿って歩くと、東京ドームが見えてきます。

東京メトロからのアクセス

東京メトロでは丸ノ内線と南北線からアクセスが可能です。どちらも後楽園駅から東京ドーム方面の改札から出て右側の階段を上がります。すぐ目の前に東京ドームが見えていますが、レフト側に向かう場合は球場に沿って半周します。

アクセスは電車がおすすめ!

どの駅を使用してもすぐに東京ドームが見えてきますので、球場へのアクセスは電車がおすすめです!また球場までいくつかの駅からアクセス出来るため、試合後の混雑も分散されます。

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017の座席は?

10種類以上の座席から選択可能!

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017の座席をご紹介します。今回の座席は主にダイヤモンドボックス、チャンピオンシート、エキサイトシート、S指定席、A指定席、B指定席、外野指定席、内野自由A、内野自由B、バルコニーシートなどの座席が用意されます。

座席①ダイヤモンドボックス

ダイヤモンドボックスはバックネット裏の上部に位置する座席です。席のシートも革張りで高級感のあるシートです。臨場感を感じつつ、ゆっくり試合を観戦したい人にはおすすめのシートです。

座席②チャンピオンシート

ダイヤモンドボックスの前方部にあるのがチャンピオンシートです。ダイヤモンドボックスより、より近い位置で野球を観ることが出来ます。

座席③エキサイトシート

エキサイトシートはグラウンドと同じ高さに座席が設置してあり、球場内では最も臨場感が感じられる席です。選手のプレーや打球の迫力を味わいたい時に座ってみたい席です。

座席④S指定席

S指定席はバックネット裏の座席になります。席によっては真後ろから投手と打者の対戦を観ることも出来る席です。投手の投げる球の速さを体感出来るなど、こちらも臨場感のある席になります。

座席⑤A指定席

一三塁側の後ろ辺りに位置する内野席です。S指定席に比べると、外野席よりの席にはなりますが、両軍ベンチが見えるメリットがあります。試合だけではなく、ベンチワークも見たい人にはおすすめの席です。

座席⑥B指定席

一三塁から外野までに位置する内野席がB指定席です。外野手のプレーが見やすい位置なので、外野手に注目したい時に座りたい席です。また外野席も近いため、外野席の応援の熱気も感じられます。

座席⑦外野指定席

外野の真後ろの席が外野指定席になります。内野までは距離があるものの、応援団の応援が行われるので、球場で盛り上がりたい人にはぴったりではないでしょうか。またホームランの時にはボールが飛んでくる迫力が味わえます!

座席⑧内野自由A・B

内野自由はAとBともに2階席となります。かなり高い場所に席が設置してあるので開放感がある座席です。また野球を真上から見えることや、球場全体を見渡せる席でもあります。

座席⑨バルコニーシート

内野自由席と内野指定席の間の高さに位置するシートです。座席上部にテレビが設置してあり、試合を生で観戦しながらテレビ番組の野球中継の視点も楽しめます。席も広々としており、こちらもゆったり観戦したい人におすすめです。

特典付きチケットも!

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017では特典付きチケットも用意されています。

双眼鏡がついてくる「双眼鏡付チケット」、日本代表選手の集合写真がついてくる「集合写真付チケット」、ユニフォームがついてくる「ユニフォーム付チケット」の3種類です。

「双眼鏡付チケット」と「集合写真付チケット」はダイヤモンドボックス、チャンピオンシート、エキサイトシート、S指定席に追加料金を払うとチケットを入手できます。

またユニフォーム付チケットはB指定席すべてが対象となっており、B指定席のチケットを購入するとユニフォームがついてきます。

日本戦以外は注意!

日本戦以外の試合では、球場のバックネット裏のみが内野指定席、他の内野は全て内野自由席となり、これにエキサイトシートが加わった座席から選択ができます。外野席やバルコニーシート、2階席は使用しません。

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017に期待!

(出典:いらすとやより)

今回が初めての開催となるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017。開催される球場が東京ドームとアクセスがいいため、現地での観戦を考えているファンや、どの座席で観るか、迷っているファンも多いのではないでしょうか。またユニフォームなどがついてくる特典付チケットも見逃せないところです!

東京ドームはここ数年で徐々に様々な座席の種類を増やしたり、座席のクッションを改良したりと、居心地の良さが追究されています。またどの座席にもそれぞれ特徴があるため、座り比べながらアジアプロ野球チャンピオンシップ2017試合を楽しむのも良いかもしれません。

今回は稲葉篤紀監督の初陣と言うこともあり、期待が高い大会ですが、果たしてどのような結果になるでしょうか。期待の大会であるアジアプロ野球チャンピオンシップ2017は、ぜひお気に入りの席を見つけて観戦してみてください!

日本代表に関する記事

みんなのコメント

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。