クライマックスシリーズ雨で中止になったらどうなる?延期は?払い戻しは?今さら聞けないルールをおさらい!

クライマックスシリーズ、雨の場合は試合にどう影響する?プロ野球レギュラーシーズンを争い、セ・パ両リーグ上位3チームが日本シリーズ進出をかけて戦うクライマックスシリーズ。初期の頃は改善点もあり、ルールが変わった部分もあるので「こういった場合どうなの?」「雨天中止は?」「こんな基本的な事、今さら聞けない」なんてこともあるのかもしれません。そんな方も、これを読めば一挙解決!今回はクライマックスシリーズについて、ルールや雨の時の対応・やむない理由で中止になった場合・中止の時の試合はどうなるの?など、あらためてご紹介させていただきます!

クライマックスシリーズ開幕!雨は?中止は?

プロ野球レギュラーシーズンを争い、セ・パ両リーグ上位3チームが日本シリーズ進出をかけて戦うクライマックスシリーズ。

2007年にはじまり、今年で10年を迎えました。今ではすっかりプロ野球シーズンの締めくくりとして定着し、毎年この時期を楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか?

でも、定着したからこそ「実はよく知らない」ことも多いのではないでしょうか?しかも今回はあいにくのお天気が予想されています。雨天中止の場合は、どうなるのでしょうか?

そこで今回は、クライマックスシリーズをより楽しむために、雨の場合のルール・雨天中止はあるの?中止の場合、延期はあるの?払い戻しはどうなる?など、今さら聞けない疑問について、改めて解説していこうと思います。

雨の影響が気になる方も、これを読んで疑問をスッキリ解決!クライマックスシリーズの熱い戦いを楽しみましょう!

クライマックスシリーズとは?ルールをおさらい

クライマックスシリーズの始まり

クライマックスシリーズはもともと、パ・リーグが消化試合をできるだけ減らすことを目的に、2004年からシーズン上位3チームによる、トーナメント方式のプレーオフ制度を開催し、

興行的に大成功したことをきっかけに、2007年からセ・パ両リーグで「ポストシーズンゲーム」という名称で始まりました。

これに伴い、両リーグでルールや名称を統一。「クライマックスシリーズ」という名称に決定しました。

また、DH制の有無や選手登録・延長・引き分け・予告先発など、ほとんどのルールが、両リーグそれぞれのレギュラーシーズンのルールに準じます。

2つのステージで争う!

クライマックスシリーズはまず「ファーストステージ」があり、両リーグそれぞれレギュラーシーズンの2位チーム本拠地球場で、2位チームと3位チームが3試合制で戦います。

先に2勝したチームが、レギュラーシーズン1位の本拠地球場で開催される「ファイナルステージ」へ進出します。

ファイナルステージはファーストステージを勝ち抜いたチームと、レギュラーシーズン1位のチームが6試合制で戦い、先に4勝したほうが勝利。日本シリーズへ進出できます。

この時レギュラーシーズン1位のチームには、予め1勝のアドバンテージが与えられます。

どちらのステージも引き分けが存在しますので、勝率が同じになった場合、再試合は行わず、レギュラーシーズン上位のチームが進出となります。

クライマックスシリーズ、雨天の場合はどうなるの?

気になるお天気…雨の場合は?

現在はドーム球場も増え、以前より雨天中止になる試合が減ったとはいえ、楽天ゴールデンイーグルスや広島東洋カープなど、

屋外球場を本拠地球場に持つ球団はまだまだありますので、楽しみにしていた試合が、雨天中止になる可能性もあります。

特に2017年、セ・リーグのクライマックスシリーズ進出チームは、広島東洋カープ・阪神タイガース・横浜DeNAベイスターズと、

出場する全てのチームの本拠地球場が屋外球場という、初めてのケースです。

クライマックスシリーズは雨で試合開催が不可能な場合、どうなるのでしょうか?せっかく苦労してとったチケット、無駄にしたくありませんよね?

雨天中止でも大丈夫!

クライマックスシリーズの開催日程には、ファーストステージで1日、ファイナルステージで2日の予備日が設けられています。

有事の際や地震、雨・台風などの悪天候によって試合中止となった場合、翌日以降に順次繰り下げられ、開催されます。

予備日は最大で、ファーストステージはファイナルステージ開催の前日まで、ファイナルステージは日本シリーズ開催の3日前まで、延期できることが決められています。

しかし予備日を含めた日程で全試合を消化できない場合、予備日以降の延期は認められないため、開催打ち切りとなり、その時点で勝者が決まります。

もし、開催打ち切りの時点で勝率が同じになった場合、レギュラーシーズン上位チームの勝利となります。

例えば、すべての試合が雨天中止となり、予備日も開催不可能となり、結果、クライマックスシリーズが1試合も開催されなかった場合、レギュラーシーズン上位チームの勝利となります。

降雨ノーゲームの場合は?

クライマックスシリーズでもレギュラーシーズンと同じように、雨天や濃霧などの悪天候で、5回終了まで試合が行われない場合、試合成立が認められず、ノーゲームとなります。

試合が成立しなかった場合、予備日の範囲内で再試合が行われます。

5回以降も試合が行われ、試合が成立していれば、試合続行不可能となった場合でも、その時点でコールドゲームとなり、勝敗が決定します。

また、予備日を含めた日程でその試合を開催できない場合も、延期は認められないので、その時点で勝者が決まります。

ダブルヘッダーはある?

パ・リーグでは2試合以上の試合が雨天中止や延期となり、予備日最終日の1日前までに決着がつかない場合、ダブルヘッダーを行う場合があります。

セ・リーグでは原則として、ダブルヘッダーは実施していません。

クライマックスシリーズ、雨天中止の払い戻し方法は?

雨天中止のルールは普段と違う…

日本シリーズは日本プロ野球機構の主催ですが、クライマックスシリーズはレギュラーシーズン同様、開催チームの主催となります。

チケットの取り扱いについてはレギュラーシーズンと同様ですが、通常レギュラーシーズンの場合、雨天中止の試合は払い戻しとなります。

しかしクライマックスシリーズは雨天中止の場合、チケットの払い戻しはなく、翌日以降に延期という扱いになります。

この旨はチケットの券面にも「開催日変更に伴う払い戻しいたしません」と記載されていると思います。

例えば10月16日の第3戦が雨天中止になった場合、第3戦の予備日は10月17日なので、第3戦のチケットを持っていれば、17日に試合が見られるという事になります。

ですから、チケットを購入する際は「10月16日のチケット」という認識ではなく、「クライマックスシリーズ・ファーストステージの第3戦のチケット」という認識でいると、間違いが起きにくいのかもしれません。

払い戻しできる場合

基本的に、クライマックスシリーズでの、雨天中止による払い戻しはありませんが、早期に勝敗が決着した場合、それ以降の試合は開催されませんので、チケットの払い戻しがあります。

例えばクライマックスシリーズ・ファイナルステージの第5戦のチケットを持っていたとして、第4戦までにどちらかの勝敗が決まってしまった場合、第5戦は開催されないことになりますので、払い戻しがあります。
なお、払い戻しに関しては期限がありますので、予め確認しておきましょう。

雨でも安心!クライマックスシリーズを楽しもう!

(出典:ぱくたそ-フリー写真素材より)
毎年熱い戦いが繰り広げられるクライマックスシリーズ。

レギュラーシーズンと違い、短期決戦の一発勝負で争われるため、普段の試合にはない緊張感や熱戦・名勝負が繰り広げられます。

レギュラーシーズン優勝チームの広島東洋カープ・福岡ソフトバンクホークスが勝つのか?

はたまた、阪神タイガース・横浜DeNAベイスターズ・東北楽天ゴールデンイーグルス・埼玉西武ライオンズの下克上はあるのでしょうか?

あいにくのお天気で雨が心配ではありますが、延期も含め決まりをしっかり覚えて、クライマックスシリーズを楽しみましょう!

観戦に行かれる方は雨に気を付けて、温かくしてお出かけくださいね!ご武運を!

関連するオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。