プロレスリングBASARA取扱中!プロレスリングBASARAは、元ユニオンプロレスに所属していた選手である木高イサミが「新しい家を作る」と宣言して設立したプロレス団体で、2015年10月にDDTドラマティック総選挙2015結果発表大会の前に行われた記者会見にて設立を発表した。プロレスリングBASARAの「BASARA」は、傾奇者という意味で、「派手な格好をしてプロレス界に変わった風を吹かせたい」との想いで名付けられた。そのコンセプトは、男子校の運動部であり、選手たちはまるで女子が見ていないから伸び伸びバカなことをやっている男子高校生のようで、それが逆に女性ファンにもウケている。そんな楽しいリングもある一方で、凶器の使用が認められるハードコアマッチや、他団体、フリーの大物ベテラン選手との試合もあり、その幅の広さも魅力の一つである。現在では、お酒を飲みながらプロレスを見ることができる酒場プロレスという形式もとっているので、お酒を飲みながら気軽に試合を観戦していただきたい。

プロレスリングBASARA

19人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

成城ホール他2会場

後楽園ホール

王子BASEMENT MONSTAR

未分類

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

プロレスリングBASARAの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

プロレスリングBASARAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 00:00更新)

プロレスリングBASARAについて

プロレスリングBASARAの魅力とは

プロレスリングBASARAは、月に2~3回のペースで興行を行っているプロレス団体。ユニオンプロレス時代にはなかなかできなかった首都圏以外の大会にも積極的に参戦しており、徐々にその名を全国に広めている。

選手の大半は元ユニオンプロレスに所属していた選手たちだが、ユニオンプロレス解散後に映像班としてTEC預かりになっていた久保佑允、ユニオンプロレスにレギュラー参戦していたDNAの中津良太、代表木高イサミが店長を務めるBARドロップキックでも働いているKAIENTAI-DOJOの関根龍一、元大日本プロレスでその後フリーとなっていた塚本拓海が新たな戦力として加わり、DDTプロレスリングの新藤力也リングアナがBASARA所属となった。

同団体が管理・運営する大会には、かつてユニオンプロレスが制定し解散に伴って封印されていた「ユニオンMAX王座」や、BASARA所属選手によるシングルリーグ戦「頂~itadaki~」や、タッグトーナメントである「IRON FIST TAG TOURNAMENT」などがある。大会の様子はyoutubeのプロレスリングBASARA公式チャンネルにもUPされているので、見に行けなかったという方も気軽に見ることができる。

臨場感溢れる試合一つひとつをぜひとも会場で体感していただきたい。

プロレスリングBASARAが好きな方はこんなチケットもおすすめ