『月刊少年ガンガン』2013年11月号より連載中の「はんだくん」。「ばらかもん」の主人公である半田清舟の高校生時代を描いたスピンオフ作品である。某都立高校2年の若き天才書道家・半田清は、校内の有名人。 人見知りが激しく、話す相手は友人の川藤だけである。しかし人への拒絶行動が結果的に好意的解釈を受けているため、 半田は基本的に崇拝されている。女子からもモテているし、気づかぬところで学年トップクラスの取り巻きを常に引き連れているのだが、もちろんそれにも半田は気づいていない。そんな高校生時代の半田清を中心とした、本編「ばらかもん」の6年前の物語。 半田清の勘違いと思い込みが炸裂するふさぎ込み系青春ギャグ。

ばらかもん(はんだくん)の日程

36人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ばらかもん はんだくんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 12:00更新)

ばらかもん(はんだくん) について

ばらかもん(はんだくん) の魅力とは

「ばらかもん」の主人公である半田清舟の高校生時代を描いたスピンオフ作品。「ばらかもん」は、ヨシノサツキによる漫画作品。作者の出身・居住地である長崎県・五島列島を舞台に、都会育ちの書道家と島民の交流を描く。表題の「ばらかもん」は、五島列島方言で「元気者」の意。スピンオフ「はんだくん」では主に半田と、彼を取り巻くクラスメイト、そして同級生で友人である川藤の日常が描かれている。某都立高校2年の若き天才書道家・半田清は、校内の有名人。 本人は気が付いていないが学年トップクラスの取り巻きを常に引き連れており、不良たちも半田を恐れていた。人を寄せ付けないクールさから孤高の男と呼ばれ、人々の高嶺の花であった。が、 本人は持ち前のネガティブさを発揮して、周りから悪口を言われて嫌われていていると思っていた。 嫌われ者として開き直った彼は自ら他者との関わりを断ち切り、余計に孤高さを高めて行く。超ネガティブ思考の天才半田清、半田のトラウマの元凶で、唯一の友人である川藤鷹生 、根っからの委員長タイプで半田軍の一人である相沢 順一 、モデルだったが途中でクビになったイケメン男 二階堂 礼緒などなど、個性豊かなメンバーが織りなす青春ギャグストーリー。TVアニメ化も決定している。

ばらかもん(はんだくん)が好きな方はこんなチケットもおすすめ