爆笑問題は、タイタンに所属し国内トップクラスの知名度を誇るお笑い芸人。ボケ担当の太田 光とツッコミ担当の田中裕二からなるコンビで、テレビ番組のMCを多く務めるベテラン芸人である。コンビとして活動を開始するのは1988年。緻密なコントを作り上げることで面白さより知的な印象を強く思わせる芸風が売りとなる。1993年には現在所属する事務所タイタンを自らの手で設立。そして翌年の「GAHAHAキング爆笑王決定戦」にて初代チャンピオンへと輝くことでコンビとしてのブレイクを果たす。その後も「黄金ボキャブラ天国」などのお笑い番組に出演。同時期から多数の賞を獲得しトップへと突き進む。2ヶ月に1度だけおこなわれるお笑いライブ「タイタンシネマライブ」でもネタを見せる。司会を務めながら現役で舞台へ立つお笑い芸人の鏡のような存在だ。

爆笑問題の日程

168人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

爆笑問題のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 00:00更新)

爆笑問題について

爆笑問題の魅力とは

知的なネタを作らせれば日本一、現在も舞台へと立ちネタを披露する国内トップクラスのお笑いコンビ、それが爆笑問題だ。数多くのレギュラー番組を持ち、自身も芸人として舞台へ上がる実力者である。2018年には結成から30年が経つベテラン中のベテラン芸人であり、日本のお笑いを引っ張ってきた立役者。自身も所属する事務所「タイタン」を設立、当時ネタ見せ番組で多くの功績を残してきた2人であり現在では伝説ともなっている。賞の受賞も多数に及び、1993年の「NHK新人演芸大賞」から1998年の「国立演芸場花形演芸会」金賞、そして2006年には「芸術選奨文部科学大臣賞」放送部門ほか多くの賞を受賞しており、受賞歴から見てもその偉大さが分かる。

現在では主に漫才を披露することが多いが、デビュー当初はコントなどでその実力を披露。非常に緻密に練られたネタを得意としている。主にネタを書くのはボケ担当の太田
光。テレビ番組のMCなどで見せるおどけたキャラクターからは想像もできないようなギャップのあるネタを作っており、陰ながらかなりの実力を保持していることは有名な話。また、その実力と経歴の長さから多くの著名人とも親しい交友関係を結んでいる。現在の日本のお笑いを語る上では切っても切れない人物であり、人気も実力もトップレベルと言って間違いはないだろう。

爆笑問題が好きな方はこんなチケットもおすすめ