爆笑お笑いフェスは、シゲ爺こと辻本座長たちが率いる 吉本新喜劇 、よしもと人気芸人たちが加わりお笑いライブを繰り広げるフェスティバルだ。吉本新喜劇といえば、土曜のお昼のテレビ番組でお馴染みのお笑い劇団で、子供から大人まで幅広い層に人気がある。現在、よしもとクリエイティブエージェンシーに所属するお笑い芸人は、ベテランから若手まで90人以上の座員が活躍している。その吉本新喜劇が、創業100周年を迎えて地域の人々とともにお笑いを盛り上げようと、「お笑いフェス実行委員会」の主催により、2011年から爆笑お笑いフェスを全国各地で開催している。住民参加型のフェスティバルとして、応募した一般市民からオーディションで出演者を決定するなど、一般市民も出演可能な地域のお祭りイベントとして大人気となっている。

爆笑お笑いフェスの日程

468人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

爆笑お笑いフェスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

爆笑お笑いフェスについて

住民参加型で人気の爆笑お笑いフェス

1959年に吉本ヴァラエティとして発足した吉本新喜劇は、同じ大阪から発祥した松竹新喜劇と並ぶ日本の代表的なお笑い演芸劇団だ。
1962年から毎週土曜日にテレビ放映されている「よしもと新喜劇」は現在も人気の長寿番組で、間 寛平、今田耕司、東野幸治、藤井 隆、山田花子など多くのお笑い芸人を輩出してきた。

現在、内場勝則、辻本重雄、小藪千豊、川畑泰史、すっちーの5人が座長を務め、90人以上の座員がそれぞれのチームに参加して公演を行っている。
その吉本新喜劇の創業は、1912年、吉本泰三・せい夫妻が大阪・天満天神裏の第二文芸館で寄席経営を始めたところまで遡る。

創業100周年を迎える吉本新喜劇が、地域のお祭りのようなイベントとして2011年から開催しているのが、「爆笑お笑いフェス」だ。
よしもと新喜劇のメンバーに加え、笑い飯やインパルス、ミサイルマン、野生爆弾など今が旬の人気芸人たちが全国各地を訪れお笑いライブを披露している。
中には、一般市民が出演可能な公演もあり、笑いあり、感動あり、涙ありのオリジナルご当地新喜劇が繰り広げられている。

関西のコテコテのお笑い芸を思いっ切り楽しんでみよう。

爆笑お笑いフェスが好きな方はこんなチケットもおすすめ