常に新しい笑いを提供してくれるのが、この「バカリズム」だ。1975年11月28日生まれ、福岡県田川市出身の彼は、日本映画学校(現:日本映画大学)に進学すると、コンビ「バカリズム」を結成し1990年代後半には「笑う犬」や「エンタの神様」などに出演して人気を得た。2005年に相方が脱退すると、ピン芸人として「バカリズム」を継続。解散後の「R-1ぐらんぷり」では初出場にもかかわらず決勝進出を決め、ピン芸人としての才能を見せつけた。かつてない斬新な手法で笑いを作り出し、その発想力には名だたる先輩芸人たちからも定評があるバカリズム。今や日本お笑い界の中で欠かせない存在となっている彼に注目していきたい。

バカリズムの日程

551人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

バカリズムの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

バカリズムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/19 12:00更新)

バカリズムとは

バカリズムについて

バカリズム(升野英和)とは、ナレーター、司会者、俳優、脚本家、作詞家などマルチな顔を持つお笑いタレントのことである。

もともとは1995年から2005年まで活動していたお笑いコンビの名前であった「バカリズム」が、メンバー松下敏宏の脱退により、升野単独での「バカリズム」活動となった。ウッチャンナンチャンや狩野英孝が所蔵する芸能事務所、「マセキ芸能」に所属している彼の代表的なネタといえば、最終的に「嫁ぐ」オチになる「トツギーノ」や、都道府県を図形にした時の持ち手を考える「地理ばか先生」などがある。他にも一人コントや映像ネタなどがあり、その幅の広さから「お笑い四次元ポケット」と呼ばれている。

しかし、近年では地震が監督、脚本、主演を務めた映画「バカリズム THE MOVIE]を制作したり、日本テレビ系列のドラマ「黒い十人の女」で脚本を務めるなど、お笑いタレント以外での活動も活発だ。しかし、本業であるお笑いの才能も健在だ。2016年に行われた大喜利バラエティ番組「IPPONグランプリ」では、準優勝を果たしている。そんな、様々な才能に恵まれた彼のライブに足を運べば、抱腹絶倒の時間が約束されている。

バカリズムが好きな方はこんなチケットもおすすめ