「ブラッド・ファーザー」とはメル・ギブソン主演のアクション映画。娘を守るための父親を描いた作品で高い評価を獲得している。本作を監督するのは「アサルト13警察要塞」の監督などで重厚な世界観を構築するのに定評のあるフランス人監督ジャン=フランソワ・リシェ。共演者にも豪華俳優陣が名を連ねており、「ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に出演しているメキシコ出身の俳優ディエゴ・ルナや主人公の娘役に期待の若手女優エリン・モリアーティなど作品を彩る多くの役者により作品が重みを増している。現在では監督として活躍するメル・ギブソンは、元祖「マッドマックス」の主人公など誰よりもアクションの似合う男として、監督経験で培ったリアリティでこだわりぬいた父親の活躍をここに見せる。

ブラッドファーザーの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

「ブラッド・ファーザー」について

「ブラッド・ファーザー」の魅力とは

「ブラッド・ファーザー」とはメル・ギブソン主演により2016年に制作されたアクション映画。フランス人監督ジャン=フランソワ・リシェと「ハンガー・ゲームFINAL」を手掛けた脚本家ピーター・クレイグによる迫力の映像と手に汗握る父親の戦いを描く。物語は元犯罪者でありサバイバルの達人である主人公ジョン・リンクの元に娘が現れることで幕を開ける。トラブルから殺し屋に狙われる娘を助けるためアル中の父親が立ち上がり、父として、そして男としての本領を発揮する。

本作の特徴は主人公ジョン・リンクの生き様。本編が始まってすぐはまだアルコール中毒からの立ち上がりに苦労するくたびれた男のまま。トレーラーハウスでの生活を余儀なくされ華やいだ世界からは遠く離れた存在である。それはジョン・リンクを演じるメル・ギブソンにも当てはまる部分があり、長い間映画界で生きる彼にも少しの間スランプに陥っていた時期がある。今作の主人公とメル・ギブソン、2人の共通点が本作への感情移入を可能にしており、加えてメル・ギブソンの得意とする硬派なアクションと重厚なストーリーが作品へ一層の深みを与えている。映画界の重鎮であり長く活躍してきた彼だからこそ演じることができる役であり、高い評価を得る作品となる。

ブラッドファーザーが好きな方はこんなチケットもおすすめ