「AZUMI 幕末編」の舞台とは、AKB48を卒業した川栄李奈主演の舞台作品である。小山ゆうによる原作「AZUMI-あずみ-」は、1994年から2008年まで連載された漫画作品。続編では、江戸初期から幕末に時代が移行し、新たなあずみの活躍が描かれている。同作はすでに上戸彩主演の映画化や黒木メイサ主演で舞台化がされており、そのことからも人気が伺えると言えるだろう。今回の幕末編は、原作の第二部を舞台化したものとなる。主演川栄李奈をはじめ、浅香航大、渡部 秀、久保田秀敏などの人気若手俳優によるキャスティングは、早くから大きな話題を集めた。公演終了後にも「AZUMI NEW YEAR PART」などのイベントが行われているため、ぜひ今後もイベントなどに注目しておきたい。

AZUMI(あずみ)の日程

444人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

AZUMI(あずみ)の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

AZUMI(あずみ)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

舞台 AZUMI 幕末編について

舞台 AZUMI 幕末編の魅力とは

「AZUMI-あずみ-」は、小山ゆう原作による漫画作品だ。江戸初期を舞台とした第一部は1994年から2008年まで、続編は2014年まで「ビックコミックスペリオール」で連載された。同作は各方面で評価され、1997年に「第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞したほか、1998年には第43回小学館漫画賞青年一般部門を受賞している。続編では激動の幕末時代に舞台を移し、過酷な刺客として強く生きて行く「あずみ」の姿が生き生きと描かれた。

さらに本作は映画では上戸彩が、舞台では黒木メイサ主演でそれぞれ映画、舞台化されている。そして2015年には幕末編が新たなキャストで上演された。主演に抜擢されたのは川栄李奈だ。この幕末編は元AKB48として活躍していた彼女が、初となる殺陣や棒術に挑みんことで注目を集めた。キャストは坂本龍馬役に浅香航大、実の兄駿介に渡部 秀、あずみと敵対する新撰組隊士・圭次郎を久保田秀敏が演じるなど、若手イケメン俳優が揃っての出演となり、さらに話題を呼ぶこととなる。そしてモデルとして活躍している岡本あずさや、細貝 圭も出演している。公演が終了した現在でも多くの人から愛されるこの作品は、まだまだ勢いが衰えることがない。

AZUMI(あずみ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ