阿波踊り(盆踊り)は徳島県を発祥とする盆踊りである。「西馬音内の盆踊り」「郡上おどり」とあわせて日本三大盆踊りと呼ばれている。日本の伝統芸能のひとつであり、夏になると徳島県内各地の市町村で開催される。三味線や太鼓などの2拍子の伴奏にのって連と呼ばれる踊り手の集団が踊り歩く。「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ」で唄われるリズムは誰でも一度は聴いたことがあるだろう。企業などにより結成された連では独自のかけ声が使われることも多い。国内最大規模と言われている「徳島市阿波おどり」は毎年130万人以上が集まり、突出した規模と知名度を誇っている。近年では東京をはじめ、様々な地域で阿波踊り大会がおこなわれているが、徳島の有名連が技術指導に当たっているケースが多く、どの地域でも本場さながらの踊りを楽しむことができる。

阿波踊り(盆踊り)の日程

186人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

阿波踊り(盆踊り)の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

阿波踊り(盆踊り)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

阿波踊り(盆踊り)について

阿波踊り(盆踊り)の魅力とは

日本の夏の風物詩、祭。
その祭にかかせないものといえば盆踊りや阿波踊りといった日本の伝統的な踊りである。
日本各地で根付く伝統舞踊は星の数ほど存在するが、なかでも盆踊りの人気は高く、阿波踊りをはじめとする多くの踊りは盆踊りを起源としている。

盆踊りとは盆に死者に祈りを捧ぎ供養する行事内で踊る舞踊のこと。
経験者・初心者を問わず誰でも飛び入り大歓迎という形式と、限られた踊り手によって鑑賞を目的とする形式に分けられる。
前者の踊りに参加可能な形式では祭の会場の中央にやぐらを立て、その周辺を回るスタイルが一般的である。

盆踊りの伴奏はおもに音頭だ。太鼓や笛が奏でる音に独唱が加わり、民衆が合いの手を入れさながらコール&レスポンスのようである。
なお「月が出た出た」で知られる「炭坑節」は元来盆踊り唄ではなかった。しかし戦後の大流行をうけ現在では最もポピュラーな盆踊り唄といえる。
また近年ではアニメソング系の盆踊り唄も増え続けており、アラレちゃん音頭やドラえもん音頭など世代を超えて愛されている。

盆踊りの波は日本国外にも広がっている。
ブラジルでは「マツリ・ダンス」と呼ばれるブラジル風に進化を遂げた盆踊りが存在する。日本のように輪になることもあれば、その場で一斉に踊るなどさまざまな形式で楽しまれている。

阿波踊り(盆踊り)が好きな方はこんなチケットもおすすめ