アヴァンチックは、2014年5月から活動しているヴィジュアル系バンド。メンバーは、NOAH(Vo.)、レイ(Gt.)、おたけ(Gt.)、篝-kagari-(Ba.)、Hyu-ga(Dr.)の5人。バンド名の由来は、「〜の前に」を意味するイタリア語の「アヴァンティ」に、「ひよこ」を意味する英語の「チック」を掛け合わせた造語であり、ひよこの前の「たまご」を意味している。総じて「たまご」とは、個別に活動していた5人のメンバーが成長して羽ばたいていく前段階を表現しており、2017年10月には「たまご」の期間を終了し、バンドの解散を表明している。そのため、2017年10月に新宿ReNYで行われる解散ワンマンライブをもって活動が終了する予定だ。

アヴァンチックの日程

44人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アヴァンチックの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アヴァンチックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 18:00更新)

アヴァンチックについて

アヴァンチックの魅力とは

アヴァンチックは、NOAH(Vo.)、レイ(Gt.)、おたけ(Gt.)、篝-kagari-(Ba.)、Hyu-ga(Dr.)の5人から構成されているヴィジュアル系バンドである。元々は、それぞれが別のバンドで活動していたが、NOAHがHyu-gaを引き抜き、次いでおたけが加入し、そのおたけが過去に共演したことのある篝-kagari-をメンバーに誘い入れ、最後に一般募集で応募して来たレイがメンバーの総意で加入したという経緯を持っている。

活動開始時期は2014年5月。翌月の6月にはシングル「Maria」をリリースし、同年11月にはシングル「To Heart」をリリースするなど、精力的に活動をスタートしている。2015年には、自身らの代表曲とも言える「ひとりごと」を2015年5月にリリースし、歌謡曲めいたメロディアスなメロディとシャウトを含ませたフレーズで人気を獲得していった。同2015年10月には、シングル「自縛」、2016年3月にシングル「他人の不幸は蜜の味」、2016年11月にはシングル「明日もし世界が終わっても」をリリースしている。しかし、2017年1月末に突如バンドの解散を発表。驚いたファンが多くいる中、2017年10月の解散ワンマンライブをもっておよそ2年半の活動に終止符が打たれることになった。

アヴァンチックが好きな方はこんなチケットもおすすめ