八月納涼歌舞伎は、日本を代表する歌舞伎役者の中村勘九郎(故・勘三郎)と、坂東八十助(現・三津五郎)らを中心としてスタートした。1990年に初めて上演されて以降、現在も夏の風物詩として歌舞伎座で親しまれている。八月納涼歌舞伎は期待の若手が中心となって出演し、3部制で上演されることが恒例となっている。2016年は「廓噺山名屋浦里」「土蜘蛛」など6演目の上演が予定されている。その中には、新しい脚本で贈る「東海道中膝栗毛」や、1926年に初演された岡本綺堂の戯曲「権三と助十」の演目も含まれる。この夏も中村獅童、中村七之助、中村勘九郎市川染五郎、坂東彌十郎などの出演が決まっており、実力と若さに満ち溢れた次世代の活躍を楽しめる公演となるだろう。

八月納涼歌舞伎の日程

1,025人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

八月納涼歌舞伎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

八月納涼歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/17 18:00更新)

八月納涼歌舞伎について

八月納涼歌舞伎の魅力とは

八月納涼歌舞伎の修業の場である、中村橋之助長男の中村国生や中村扇雀の長男虎之介も「八月は納涼歌舞伎の月だ。挑戦の場だ」と声を揃える。1989年生まれの二代目坂東巳之助、1990年生まれの初代坂東新悟、1993年生まれの六代目中村児太郎、1995年生まれの初代中村国生、1998年生まれの初代中村虎之介の五人が「勢獅子」でそろい踏みだ。東京歌舞伎座で8月5日に開幕した八月納涼歌舞伎は平成生まれが躍動している。27日まで、第一部で「恐怖時代」と「龍虎」、第二部で「信州川中島合戦」と「たぬき」、第三部で「勢獅子」と「怪談乳房榎:が上演される。チケットは1等席の15000円から3階B席の3000円まで様々なチケットが用意されている。今の歌舞伎の若い息吹を堪能するなら八月納涼歌舞伎しかない。

八月納涼歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ