湯を沸かすほどの熱い愛」は、中野量太監督による映画である。突然余命2カ月の宣告をされた母が、4つの絶対にやっておくべきことを決め、次々に実行していく。家出した夫を連れ戻し、娘を1人立ちさせる為に奮闘する母と家族との絆を描いた感動作だ。主演の母を演じるのは、宮沢りえ。娘役には杉咲 花など実力派が集結している。監督の中野量太は、2006年に「ロケットパンチを君に!」で、ひろしま映像展グランプリ、水戸短篇映像祭準グランプリなど7つの賞を受賞し話題に、2012年には初の長編映画「チチを撮りに」でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012の国際長編コンペティション部門 監督賞を日本人で初受賞している。今作「湯を沸かすほどの熱い愛」が商業映画デビューとなっており期待が寄せられている。

湯を沸かすほどの熱い愛の日程

125人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

湯を沸かすほどの熱い愛の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

湯を沸かすほどの熱い愛のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

湯を沸かすほどの熱い愛について

湯を沸かすほどの熱い愛の魅力とは

突然余命2カ月の宣告をされた母が絶対にやっておくべきことを4つ決め、次々に実行していく。家出した夫を連れ戻し、娘を1人立ちさせる為に奮闘する母と家族との絆を描いた感動作「湯を沸かすほどの熱い愛」が注目を集めている。
主演の母を演じるのは、2007年に「オリヲン座からの招待状」にて第31回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を獲得、2014年の「紙の月」では第27回東京国際映画祭 最優秀女優賞、第38回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を獲得し、トップアイドルからトップ女優へと進化を遂げた宮沢りえ。
娘役には2014年に日経トレンディ主催の「2015年の顔」に選出され、「劇場版 MOZU」や「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」に出演する期待の若手女優 杉咲 花、そして失踪し連れ戻される夫役には「仮面ライダークウガ」の五代雄介役で一躍ブレイクし、ビートたけし主演の「血と骨」では朴武を演じ数々の賞を獲得したオダギリジョー。この他にも「アントキノイノチ」、「僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.」で数々の新人賞を獲得し話題となった松坂桃李など脇役も豪華な顔ぶれとなっている。

湯を沸かすほどの熱い愛が好きな方はこんなチケットもおすすめ