アテフ・ハリム(Atef Halim)はフランス国籍を持つ日本のヴァイオリニスト。父親がエジプト人で母親がフランス人である。幼少より父親から音楽の才能を見出され、5歳でヴァイオリンの演奏を始めるやいなや、将来はヴァイオリニストになることを決心する。その才能は本物であり、実際に9歳の誕生日の時にカイロのオペラハウスでデビューを果たすことになる。その後単身パリに渡り、パリ国立高等音楽院を卒業した後はフランス国立管弦楽団のコンサートマスターを務める傍ら、ヘンリク・シェリングに師事し更なる研鑽を積む。アテフ・ハリム(Atef Halim)の信念は「音楽こそ全ての人が分かり合える唯一の言葉、そして平和につながる確かな希望」であり、情熱的な演奏で音楽の「希望」を伝え続けている。

アテフ・ハリム(Atef Halim)の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アテフ・ハリムの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アテフ・ハリムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

アテフ・ハリム(Atef Halim)について

最も知的で輝かしい音楽家と称される、アテフ・ハリム(Atef Halim)の魅力とは

アテフ・ハリム(Atef Halim)はフランス国籍を持つ日本のヴァイオリニスト。父親がエジプト人で母親がフランス人である。幼少より父親から音楽の才能を見出され、5歳でヴァイオリンの演奏を始めるやいなや、将来はヴァイオリニストになることを決心する。
その才能は本物であり、実際に9歳の誕生日の時にカイロのオペラハウスでデビューを果たすことになる。さらに研鑽を積むために、14歳の時に単身パリに渡りパリ国立高等音楽院を卒業した後はフランス国立管弦楽団のコンサートマスターを務める傍ら、ヘンリク・シェリングに師事し更なる研鑽を積む。

その後ソリストとしてデビューをし、カール・ベーム、レナード・バーンスタインといった著名な指揮者たちと共演している。大の親日家であり、1991年に禅の研究のため初来日したことをきっかけに、1993年からは音楽活動の拠点を日本に移すようになり、日本各地で定期的にチャリティー・コンサートを開いている。
ル・モンド誌、ディアパゾン誌上で最優秀賞である「四つ星」を受賞し、最も知的で輝かしい音楽家と称された彼の音楽は「独自のスタイルを徹底的に磨き上げ、誰も真似のできない世界に昇華させた」と言わしめるものである。

アテフ・ハリム(Atef Halim)が好きな方はこんなチケットもおすすめ