新子景視は和歌山県出身のマジシャンである。幼少時代から独学でマジックを学び始め、関西大学社会学部を卒業後はマジック専門の名門会員制クラブのメンバーとなり、17歳の時にプロとしての活動をスタートしている。新子のマジックは大掛かりな仕掛けを使うものばかりではなく、相手の思考を読み取るスタイルを得意とし「ブレインダイブ」と自ら命名している。これは相手の仕草から思考や行動を読み取る「コールドリーディング」を得意とするメンタリストのDaigoと通じるのものがあり、新たなマジックのアプローチとして注目を集めている。認知度の上がった新子景視は「新子景視マジック&ディナーショー」、「新子景視 クリスマスディナーショー」などイベントも盛りだくさんで今後の更なる活躍に期待が寄せられている。

新子景視の日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

新子景視の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

新子景視のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 12:00更新)

新子景視について

新子景視の魅力とは

和歌山県出身のマジシャン 新子景視。
幼少時代から独学でマジックを学び、17歳にしてプロ・マジシャンとしての活動を開始している。関西大学社会学部を卒業後はマジック専門の名門会員制クラブのメンバーとなる実力の持ち主だ。
新子のマジックは大掛かりな仕掛けを使うスタイルではない。自ら命名した「ブレインダイブ」と呼ばれる相手の思考を読み取るマジックで人々を魅了している。このスタイルは相手の何気ない仕草で思考や行動を読み取る「コールドリーディング」を得意としているメンタリストのDaigoと通じるのものがある。こういったスタイルは新たなマジックのアプローチとして人気を集めている。
また日本初となるセリフのないノンバーバルパフォーマンス集団「ギア -GEAR-」の初期メンバーとして出演とマジック演出を担当しており、言葉を使わないだけに子供や外国人にも好評でロングラン記録も更新し続けている。新子のパフォーマンスは評判を呼び、2013年放送の朝日放送「探偵ナイトスクープ」への出演を皮切りに、日本テレビ「メレンゲの気持ち」、「しゃべくり007」、「ミヤネ屋」、フジテレビ「SMAP×SMAP」、「KinkiKidsのブンブブーン」などメディアに多数取り上げられ、その度に出演者、視聴者を驚かせている。

新子景視が好きな方はこんなチケットもおすすめ