アジアリーグアイスホッケー ジャパンカップ2018取扱中!アジアリーグアイスホッケーのチケット売買ならチケキャン!安心・安全なチケットお取引をご提供します。 アジアリーグアイスホッケーのチケット到着まで代金は運営預かり。チケットが届かない場合は全額返金。 信頼の上場会社グループ運営だからオークションサイトや掲示板でのお取引に不安がある方も安心してご利用ください。 その他のスポーツから大相撲新日本プロレス全日本卓球選手権大会 2018のチケットも探すことができます。

アジアリーグアイスホッケー ジャパンカップ2018

32人が登録中

枚数

席種

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アジアアイスホッケーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アジアアイスホッケーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/19 18:00更新)

アジアリーグアイスホッケーについて

アジアリーグアイスホッケーの魅力とは

アジアリーグアイスホッケーは、日本、大韓民国、ロシア連邦の3カ国のアイスホッケー連盟が参加しているプロクラブチームの国際リーグ戦である。共催には、公益財団法人日本アイスホッケー連盟のほか、韓国アイスホッケー協会とロシアアイスホッケー協会が参加している。開催期間は、レギュラーリーグとプレーオフの大きく2つに分類されており、レギュラーリーグは秋口から年内いっぱいで開催され、プレーオフは翌年の3月頃からおよそ1か月間に渡って開催される。参加チームは、日本が4チーム(H.C.栃木日光アイスバックス、日本製紙クレインズ、王子イーグルス、東北フリーブレイズ)、韓国が3チーム(アニャンハルラアイスホッケークラブ、デミョンキラーホエールズ、ハイワンアイスホッケーチーム)、ロシアが1チーム(サハリン)の合計8チームが参加しており、レギュラーリーグでは、ホーム&アウェイ方式が採用されており、8チームが各4回戦の総当りとなっており、全112試合が行われる。また、プレーオフには、レギュラーリーグ5位までのチームが進出し、ファーストラウンド、セミファイナル、そしてファイナルが行われることになっている。アイスホッケー好きは見逃せないイベントである。

アジアリーグアイスホッケーが好きな方はこんなチケットもおすすめ