芝居噺「名人長二」は、明後日プロデュースが手がける舞台だ。舞台、映像、音楽、出版などを企画製作するプロジェクトである「明後日プロデュース」は、2016年に小泉今日子によって立ち上げられた。大きな反響を呼んだ前作「日の本一の大悪党」に続く本作は、落語家の三遊亭圓朝「名人長二」を原作に、フランスの作家ギ・ド・モーパッサン「親殺し」を原案とした舞台作品である。キャストには企画、脚本、演出、主演の4役に挑む豊原功補を筆頭に、山本 亨や高橋恵子といった実力派舞台俳優が名を連ねる。さらに今回が初舞台となる森岡 龍も出演が決定しており、第1弾に弾き続き豪華な顔ぶれが揃う。演劇であり、落語でもある本作は、話題沸騰の舞台となること請け合いである。

名人長二の日程

203人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

明後日プロジェクトの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

明後日プロジェクトのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/21 12:00更新)

名人長二について

名人長二の魅力とは

小泉今日子が2016年に立ち上げた「明後日プロデュース」は、舞台、映像、音楽、出版などを企画製作するプロジェクトだ。第1弾の舞台作品は2016年6月に上演された「日の本一の大悪党」であり、小泉今日子は初めて演出とプロデュースを手掛けた。「四谷怪談」をモチーフに新たな解釈で創られた「日の本一の大悪党」は話題作として脚光を浴び、続く芝居噺「名人長二」においても各方面から期待が寄せられている。

明後日プロデュースが手がける芝居噺「名人長二」は、フランス人作家ギ・ド・モーパッサンによる「親殺し」を原案とし、三遊亭圓朝による長編人情噺「名人長二」を原作する舞台だ。長編人情噺「名人長二」は、江戸末期から明治にかけて落語界で活躍した三遊亭圓朝が、実在の指物師・長二郎をモデルにして創作したものである。

今回企画・脚本・演出・主演の4役に挑戦するのは、「受験のシンデレラ」で「第5回モナコ国際映画祭 最優秀主演男優賞」を受賞した経歴もある豊原功補だ。そして山本 亨や高橋恵子、そして回が初舞台となる森岡 龍の演技にも注目したい。さらに脇を固めるのはモロ師岡、梅沢昌代、花王おさむといった実力派とあり、これら豪華キャスト陣が物語をさらに重厚なものにしてくれるのは間違いないだろう。

名人長二が好きな方はこんなチケットもおすすめ