浅利慶太プロデュース公演 「思い出を売る男」は、加藤道夫による戯曲を浅利慶太が演出した舞台である。劇団四季創立メンバーの一人、俳優の日下武史の追悼公演でもある。日下武史は慶應義塾高校在学中に浅利慶太らとともに劇作家の加藤道夫に師事。そういった経緯を含めて1953年に劇団四季が結成された。以来、四季の第一線の俳優として舞台に立ち続け、2014年に「思い出を売る男」の乞食役での出演が最後の舞台になった。日下武史を偲び、演劇への祈りを込めて上演される。敗戦後の日本を舞台にした物語はどのような展開を見せるのだろうか。

浅利慶太プロデュースの日程

139人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

浅利慶太プロデュースの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

浅利慶太プロデュースのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/24 06:00更新)

浅利慶太プロデュース「思い出を売る男」について

浅利慶太プロデュース「思い出を売る男」の魅力とは

カミュやミュッセの翻訳、ジャン・ジロドゥ研究や演劇評論で知られる加藤道夫が描いた物語。浅利慶太プロデュース公演「思い出を売る男」。この公演は劇団四季創立メンバーの一人、俳優の日下武史の追悼公演でもある。

日下武史は慶應義塾高校在学中に浅利慶太らと共に劇作家の加藤道夫に師事。そういった経緯を含めて1953年に劇団四季が結成された。以来、劇団四季の第一線の俳優として舞台に立ち続け、2014年に「思い出を売る男」の乞食役での出演にて最後の舞台になった。日下武史を偲び、演劇への祈りを込めて上演される本作は、敗戦後の日本を舞台にした物語である。孤児の花売り娘、思い出を引きずるように生きる街の女、したたかに俗世をすりぬける広告屋、恋人に想いを馳せるGIの青年、陽気な乞食、そして、思い出をなくした黒マスクのジョオ。彼ら通りすがりの人間たちは、戦争によって「過去」と「現在」を大きく隔てられた人々。音楽によって思い出を呼び覚まされた者たちは、そこに何を思うのか。

2017年9月に公開される本作。登場人物の思い出に秘められたものを感じに劇場まで足を運んでみよう。

浅利慶太プロデュースが好きな方はこんなチケットもおすすめ