浅利慶太プロデュース ミュージカル 夢から醒めた夢取扱中!浅利慶太プロデュース公演 「夢から醒めた夢」は、ファミリーミュージカルで有名な同作を、演出家の浅利慶太が再構成し、JR東日本アートセンター 四季劇場で公演するミュージカル作品である。「夢から醒めた夢」は、三毛猫ホームズシリーズや三姉妹探偵団シリーズで有名な小説家の赤川次郎が、自身の愛娘の為に書き下ろした絵本が原作となっている。初演は劇団四季で1987年からスタートしており、2016年には通算公演回数1,000回を迎えたロングラン・ミュージカル作品である。今回は、劇団四季の創設者の1人で、劇団の中枢となる四季株式会社の取締役社長を務めた浅利慶太が、「夢から醒めた夢」を自身の演出事務所名義でプロデュースしている。

浅利慶太プロデュース ミュージカル 夢から醒めた夢

67人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

浅利慶太プロデュースのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/26 18:00更新)

浅利慶太プロデュースについて

浅利慶太プロデュースの魅力とは

浅利慶太プロデュース公演 「夢から醒めた夢」は、日本全国で上演され多くの人に愛されているミュージカル作品を浅利慶太演出事務所がプロデュースし直したミュージカル作品である。浅利慶太と言えば、劇団四季の創設メンバーの1人であり、同劇団の運営を実行していた四季株式会社の取締役社長を半世紀以上に渡って務めた人物である。また、戦後日本の演劇やミュージカルを構成した稀有の演出家であり、劇団四季を率いて「キャッツ」や「ライオンキング」、「オペラ座の怪人」など人気作品を日本で成功させた第一人者と言える。そして、ミュージカル作品として有名な「夢から醒めた夢」は、三毛猫ホームズシリーズや三姉妹探偵団シリーズで有名な小説家の赤川次郎の作品が元にされている。

この物語は、好奇心旺盛な少女ピコと交通事故で命を落とした幽霊の少女マコが出会い、人間の世界に1人残されたマコの母親を慰める為に一日だけ、2人の少女が入れ替わるというものである。実はこの物語は、赤川次郎が自身の娘のために書き下ろした絵本であり、得意のファンタジーとミステリーで構成されているが、子どもにも分かりやすい内容となっている。一度は見る価値のある子どもも大人も楽しめるミュージカル作品である。

浅利慶太プロデュースが好きな方はこんなチケットもおすすめ