阿佐ヶ谷スパイダースは長塚京三の息子としても知られ、劇作家の長塚圭史を中心として結成された劇団である。長塚圭史が大学時代に主宰していた劇団「笑うバラ」が解散すると劇団に拘らない少人数の芝居を目指すように。その後、伊達暁、中山祐一朗らと演劇ユニットを組み、1996年、「アジャピー・ト・オジョパ」の公演で旗揚げとなった。結成当初は1回限りの企画のはずであったが、この公演が好評を博し、以降は各方面で活躍する役者をゲストに招くようになる。そしてこれがきっかけとなりプロデュース公演という現在のスタイルが確立されていった。阿佐ヶ谷スパイダースは、ある意味笑いやパフォーマンスに逃げない、真正面から向き合う姿勢が評価され、多方面から注目を集めている。

阿佐ヶ谷スパイダースの日程

99人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

阿佐ヶ谷スパイダースのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

阿佐ヶ谷スパイダースについて

阿佐ヶ谷スパイダースの魅力とは

長塚京三の息子としても知られる劇作家の長塚圭史を中心として結成された劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」。
大学時代に主宰していた劇団「笑うバラ」が解散すると同時に、劇団に拘らない少人数の芝居を目指すようになった長塚圭史は、伊達暁、中山祐一朗らと演劇ユニットを結成する。1996年、「アジャピー・ト・オジョパ」公演で旗揚げを果たす。
当初は1回限りの企画のはずで臨んでいたが、この公演は非常に好評を博した。以降はゲストに招き各方面で活躍する役者を積極的に採用した。これがきっかけとなりプロデュース公演という現在のスタイルが確立されていく。
2001年から地方公演を行うなど積極的に活動をし、2004年の「はたらくおとこ」では東京、名古屋、大阪など全国9都市で14800人の動員を記録。翌2005年の「悪魔の唄」も7都市、2006年の「イヌの日」も8都市を周るなど精力的に活動を続けている。
全ての作品の演出は長塚圭史が手掛けており「時代は変わっても物語だけは普遍である」という信念の元、あくまでも物語性に拘りを持ち作られるのが阿佐ヶ谷スパイダースプロデュース作品の特徴となっている。安易に笑いやパフォーマンスに逃げることのない、真正面から舞台に向き合うスタイルは多方面から話題をさらっている。

阿佐ヶ谷スパイダースが好きな方はこんなチケットもおすすめ